婚活アプリ「マイ恋」がサービス終了

マイ恋の正式な開始時期は定かではありませんが、確か2016年5月頃からサービスの提供を始めた比較的日の浅い婚活アプリだった【マイ恋】が、2018年3月を以ってサービス終了となってしましました。

ギリギリまでマイ恋を利用していた方にとっては残念なニュースですが、現在マッチングアプリ業界は群雄割拠の時代に突入しつつあり、マイ恋以外にも多くのマッチングアプリがリリースされていますので、マイ恋以上におすすめの婚活マッチングアプリなどもご紹介していきたいと思います。

マイ恋とは

マイ恋がどのようなマッチングアプリだったのかについては、過去にレビューを書いていますので、こちらを参照されて下さい。

本気の婚活なら【マイ恋】がおすすめ!利用した感想と評判
出会い系アプリ【マイ恋】はアプリ内でビデオ通話を使った恋活・婚活パーティー「ライブパーティー」を開催しているという、ちょっと特殊なマッチングアプリ。他にはない変わったマッチングシステムが多く、特に本気で婚活しているという方にはおすすめの出会い系アプリだ。全体的な年齢層は他の出会い系アプリと比べるとやや高く、それだけ本気の人が多いということなの...

マッチングアプリの近年市場

マッチングアプリと呼ばれる出会い系アプリが日本でスタートしたのは2011~2012年くらいだと思いますので、現時点でマッチングアプリの日本における歴史は6~7年ほどしかありません。

ここで言うマッチングアプリとは、「いいね!」を押すことでマッチングして、そこで初めてチャットが出来るようになる出会い系アプリの事であり、従来の出会い系アプリとはやや趣向が異なります。

マッチングアプリの開始当初は、大手企業が運営するサービス、もしくは資金が潤沢なサービスしか生き残る事が出来なかったのですが、マッチングアプリが儲かると分かるや否や、詐欺グループがマッチングアプリに似せた詐欺アプリを続々とリリースし、特に2015~2017年のマッチングアプリ市場は荒れに荒れていました。

アプリが100種あったとしたら、その内まともなマッチングアプリは1つあれば良い方といったレベルです。

しかし2018年に入ると、利用者の知識も向上し、またネットで詐欺アプリの情報が大量に出回るようになったので、こういった詐欺アプリはかなり減少しつつあるようです。

また、最近ではベンチャー企業が続々とマッチングアプリ市場に参入してきており、以前にもまして公安から認可を受けているマッチングアプリが増えているように思います。

これまでは一部のマッチングアプリが利用者を分かち合っていた感じだったと思いますが、これからはサービス数の増加による利用者の争奪戦が始まると思うので、広告資金が少ないマッチングアプリや、コンテンツ内容が薄いマッチングアプリはあっという間に淘汰される時代になっていく事でしょう。

運営会社

マイ恋の運営会社は「株式会社マッチバンク」というIT企業で、主にコンサルティングを行ているようですが、そのほかにも様々なな事業に手を出しているみたいですね。

株式会社マッチバンク
代表取締役:深尾 英義
大阪府大阪市中央区南久宝寺町2-6-7

その中の1つが今回のマイ恋だったという事なのですが、最大のネックであった会員数の増加という問題をクリアできず、サービス終了せざるを得ない状況になっていったのでしょう。

先ほどのマッチングアプリ市場の話と照らし合わせると、マイ恋は詐欺アプリのリリース数が全盛だった2016年にアプリをリリースしサービス開始していたので、もしかするとサービス開始当初から他の詐欺アプリが邪魔をして、ユーザーに発見されず埋もれていたのかもしれませんね。

タイミングが悪かったと言えばそれまでですが、問題はそだけではなかったはずです。

他のアプリレビューでも書いていますが、私は出会い系アプリやマッチングアプリを利用する際には運営会社を重要視しています。

マッチングアプリを運営するという事は簡単な事ではありませんし、それなりに資金も必要になります。

これだけマッチングアプリが増えて行っている中で、同業他社を差別化できるだけのサービス充実と、SNSなど20代~30代の利用者が多い場所での広告など、企業としての体力が要求されることは明白です。

出会い系アプリとして、またマッチングアプリとして利用者が自然と増えるような充実したコンテンツの取り扱いがあれば良いのでしょうが、現状としてはどこのマッチングサービスも似たようなサービスばかりで、しかも業者同士で話し合いがあったのか月額料金もほとんどが3,900円と横並びになっています。

これでは差別化することなど不可能に近いですし、結局資金力があり広告を多く打ち出せる大手マッチングアプリだけが生き残っていくという状況になりつつあります。

マッチングアプリにおいて、料金を支払うのは男性です。お金を支払ってまでサービスを利用するのですから、今後は出来る限りサービスが終了しないであろう有望なマッチングアプリを選ぶ事も重要になってくるかもしれないですね。

ライブパーティー

マイ恋の目玉コンテンツは、オンラインで開催される「ライブパーティー」というものでした。

これはスマホのビデオ通話を利用したもので、指定された時間にアプリを立ち上げ、スマホのカメラを介してオンラインで婚活パーティーを行うというマイ恋のオリジナルコンテンツだったはずです。

個人的には非常に面白いと思っていましたし、マイ恋のレビューでもそのように書き高く評価していたのですが、もしかすると参加者が増えるどころか減っていく一方だったのかもしれないですね。

このライブパーティを活用していたという方も多かったと思いますが、他社で似たようなサービスを提供しているところは少ないように思います。

まぁ、結論を言えばマイ恋は終了してしまったのですから、需要が無かったと考えるべきなんでしょうね。

おすすめの婚活アプリ

マイ恋と同様に”婚活マッチングアプリ“としてサービス提供しているアプリはいくつかありますが、比較的最近リリースされた婚活マッチングアプリは、マイ恋と同様に会員数に頭を悩ませている状況なので、運営会社の体力もそうですが、運営実績を考慮するとこの2つに絞られる気がします。

ユーブライド(youbride)

婚活マッチングアプリの先駆けと言っても過言ではない、婚活というカテゴリーの中では老舗サービスに数えられるマッチングサービス。

運営会社は他にも4つのマッチングアプリを運営している株式会社Diverseで、いわばマッチングサービスの専門企業。

そして上の画像にも書かれているように、mixiグループなので信用と実績と言う意味でも、また集客力と資金力についても申し分のない運営会社です。

腰を据えて婚活をするのであれば、マイ恋のように途中でサービス終了となるような婚活マッチングアプリではなく、土台がしっかりしたYoubrideがおすすめ!

ゼクシィ縁結び

結婚情報誌のゼクシィが運営する婚活マッチングアプリ【ゼクシィ縁結び】。

他にもゼクシィ恋結びという恋活マッチングアプリがあるが、婚活をするならゼクシィ縁結びが理想的でしょう。

価値観診断によるマッチングサービスや、結婚に対する将来像の相性度をパーセントで表示してくれるなど、婚活のためのサービスが充実しているのが魅力です。

そして何よりネームバリューが高いので、ちょっとした広告で人が集まってくるというメリットがあります。

もし本気で婚活するのであれば、ゼクシィ縁結びは外せないマッチングアプリでしょう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント