AYA(あーや)

出会い系アプリ【AYA(あーや)】に登録利用した感想と評価、またAYAの実態と仕組みをご紹介していきます。

AYAは新規配信となったアプリながらバージョンが「5.0.1」となっていたり、その割にはダウンロード数が50件未満であるなど、不可思議な情報があまりにも多すぎる出会い系アプリ。バージョン情報はGoogleplay側がアプリから読み込んでいるデータなので、考えられる可能性は継続して配信されているサービスであるものの、今回のAndoirdはアプリ名を変更して配信されたものという事。

登録して調べてみたところ、実態があまりにも意外過ぎたので詳しく紹介していこうと思う。

対応OS Android
インターネット異性紹介事業届出 あり???
チャット料金 50円/通
サクラ 詳細は後述
運営会社と実態 株式会社フルクサス
審議会コメント ちょっと困惑しています・・・
実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

AYAの正体

まず答えを先に言うと、AYA(あーや)の正体は出会い系でも大手に分類されている『ワクワクメール』という出会い系だった。

ワクワクメールは過去にも様々なアプリ名に変更しているのだが、いずれも似たような名前ばかりだった。しかし今回は「ワクワク」という言葉とは何の脈絡もないAYAというアプリ名になっている。ちなみに過去に変更になったアプリ名は以下の通り。

  • ワクワクメール
  • ワクワク
  • waku!waku!

アプリではなくサイトの方は今でも「ワクワクメール」のままなのだが、アプリに関してはかなり高頻度でタイトルが変更になっている。

というのも、ワクワクメールはこれまでに何度もGoogleplay側からリジェクト(配信停止)を食らっているのだが、今回はなぜか「ワクワク」という看板を取り外しての配信を行っている。

ただし、アプリの中身はワクワクメールそのもので、私のワクワクメールアカウントで不通にログインできている。

というか、ログイン画面に使われている女性が、CGなのか激しく修正した生身の女性なのか分からないが、ちょっとキモ過ぎるんだけど…

利用規約

そもそもワクワクであることに気づいたきっかけが利用規約だった。

本サイトで紹介している出会い系アプリは、すべて登録前に利用規約を確認するようにしているのだが、AYAの利用規約を見ても違法性のある詐欺アプリのような規約条文は見当たらなかった。念のために規約を最後まで見ていくと、一番最後にこのような表記があったのだ。

利用規約が4度も改訂されており、制定されたのは2001年となっている。恐らくこの改定がAYAアプリのバージョンが「5.0.1」となっていた原因なのだろう。

そもそも現在配信されている出会い系サービスで2001年に開始された出会い系などほんの一握りしかないので、それらの利用規約と照らし合わせていけば元のサービスが何なのか容易に判断できる。

実際にこれがワクワクメールの利用規約。

完全一致w

異性紹介事業届出済みの出会い系がなぜこんなことをやっているのだろうか…

運営会社

AYAの運営会社は「株式会社フルクサス」となっていたが、調べたところ法人登記はされていない、もしくは登記されたばかりの法人だった。

住所を見る限りでは、ワクワクメールの運営会社「株式会社ワクワクコミュニケーションズ」と同じ「東京都港区六本木7丁目5-11」となっていたので、系列会社もしくは子会社であることは間違いなさそう。

アプリの中身

私はワクワクメールには現在も登録したままにしていたので、ログイン画面でIDとPASSを入力したら普通にログインすることができた。これで「AYA=ワクワク」であることが確定したことになる。

その証拠に、足跡に残っているデータが全く一緒だった。

こうやって並べるとあまりにもイメージが悪ので強いて良いところ挙げるならば、過去30日間で足跡は2件のみ、メッセージは0件という事を考えると、サクラがいる可能性は低いのだろう。というか、異性紹介事業認可済みなのでいないと言っても良いかもしれない

なぜアプリ名を変更したのか?

本サイトのワクワクのレビューページでも書いていることだが、ワクワクは元より大人の関係を探している会員が圧倒的に多い。

これが原因と言えるかもしれないが、既述のようにワクワクメールのアプリはGoogleplayから何度かリジェクトを食らっており、そのたびにアプリの名称を変更して再配信しようとトライしている。

前回「waku!waku!」として配信したアプリもリジェクトされてしまったので、思い切って運営会社とアプリ名を変更したのだろう。これを良しとするかどうかは利用者の判断次第なところではあるが、サービス自体はサクラもいないしまともなので、自分の利用目的に合うようであれば登録してみる価値はあるかもしれない。

ちなみにiOS版の方は現在も「ワクワク」というアプリ名で配信されている。

感想とまとめ

結論としては、AYAはワクワクであり、Android版のアプリをリリースするためにワクワクが取った苦肉の策と言えるかもしれない。

ワクワク自体は本サイトのランキングでもランクインさせているので、利用目的が合致するのであれば登録して利用する価値は十分にあるだろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント