FlaTalk(フラットーク)の評判と感想を

チャットトークアプリ【FlaTalk(フラットーク)】は完全無料で利用できるチャットアプリだが、出会い系のような出会いを探すためのアプリではなく、あくまでアプリ内で完結させるトークアプリとなっている。

出会い系アプリ審議会としては、厳密にいうとカテゴリーの異なるアプリという事になるのだが、出会い系アプリとして認識してダウンロードしているユーザーも多くいるようなので、警鐘を鳴らすという意味でも掲載したいと思う。

※以前は「Fla Talk」という名称で配信されていたが、現在は「フラットーク」として再配信されている。この経緯についてもご紹介しています。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 無料
サクラ 微妙
運営会社と実態 偽名での登録のため実態がつかめず
審議会コメント おすすめは出来ない!

フラトークとは

FlaTalkは非常に立ち位置が難しいアプリだと思う。
何しろ、FlaTalk自体が使っているアプリの仕組みは完全に出会い系だからだ。

掲示板やSNSのように何かをつぶやくことは出来ないし、本当に暇つぶしになるのかさえも疑問だ。使えるコンテンツは「検索」「トーク」「あしあと」のみで、完全に出会い系のような中身になっている。また、検索機能では条件指定が出来ず、表示される顔写真を頼りにトークを送るしかないという何とも使い勝手の悪いサービスだ。

恐らくリリース当初は、出会い系に限りなく近いアプリとしてユーザーを誘導し、登録者を増やして広告費を稼ぐことを目的としていたのだと思うが、ダウンロード数も増えてきたので出会い系ではないという事を強調して生き延びているという事なのだろう。

実際に、Appstoreの配信画面では冒頭からこのような注意書きが書き込まれている。

リアルでの出会いを強要する場合、その他運営が監視上危険と判断した場合アカウントが停止される場合があるのでご注意ください。
運営会社は実際に出会う場合における事故等の一切の責任を追いません。

完全に出会い系サイト規制法を意識した内容だ。

このような注意喚起を行う理由は、出会い系と認定されてアプリが配信停止に追い込まれないようにするためだ。しかし、アプリの中身は完全に出会い系を模したもの。この時点で気持ちの悪い矛盾が生じている。

更に、上の注意喚起では「運営会社」と自称しているにも関わらず、アプリの提供元は「Huyuko Ishihara」となっている。運営会社というからには、配信しているのは個人ではなく間違いなく企業だという事になる。そもそも法的に何の問題もないチャットトークアプリなのであれば、わざわざ配信会社の身元を隠すような必要はないはずなのだが、グレーなサービスを提供している以上、自己防衛のために社名を隠しているという事なのだろう。

アプリ内の利用規約にも「FlaTalk運営事務局」という適当な名称しか記されておらず、気持ちが悪すぎる。

サクラ

フラトーク自体は、サクラを使ってポイント消費を促すようなサービス形態ではないので、そもそもサクラがいるという可能性は限りなく低いだろう。

しかしここで話す相手、特に女性会員は架空の存在であると認識しておくべきだろう。誰でも簡単にアカウントを作れる上に、そのアカウント削除してまた新たにアカウントを作り直すことも容易だ。こんなところで出会いを求める事自体無意味なのだ。

何のためのアプリか?

一応、FlaTalkは「ひまつぶし専用アプリ」と紹介されているが、正直暇つぶしにもならないだろう。何しろ掲示板やタイムラインのようなものがないので、誰がアプリを利用しているアクティブユーザーなのか一切わからず、話し相手を探すには数を打つしかないのだ。

暇つぶしをするには、とにかく話し相手を見つけることから始めなくてはならないのだが、検索機能と呼べるものはなく一覧表示されているだけ。条件絞り込みも出来ず、暇つぶしの相手探しさえもままらない。

ここで誰もが疑問に思う事だろう、「何を目的としたアプリなんだ?」と。

そう。このFlaTalkはアプリを制作した人間の目的が一切見えてこない気味の悪いアプリなのだ。アプリを配信している人間には必ず目的がある。それは広告費かもしれないし、何かの実験かもしれない。

恐らくFlaTalkの広告費など微々たるものだろうし、私の見立てとしては後者の可能性が高いように思う。詳しく言うならば、実験というよりPRだ。

出会い系アプリ業界の実態として、一部のまともな出会い系アプリをのぞくと、99%は違法で高額なクソ出会い系ばかりだ。それらのほとんどは、似たようなシステムのアプリになっている。

なぜこのように似通ったシステムになるのか?

答えは、出会い系アプリを制作して提供している会社がいるからだ。数えきれないほど出会い系アプリは配信されているのに、その根幹を作っているのはほんの数社で、それを購入して配信している企業が多数存在しているのだ。購入額も10万円からとなっており、うまくやれば十分に回収できるような金額なのだろう。

今回ご紹介しているFlaTalkにも似たようなアプリ(利用規約の内容やシステム面で酷似)が無数に存在している。そして、それらのアプリは最近増え始めている。逆にFlaTalkは2015年から配信されており、大した収入も生まないのに延々と配信され続けている。

もしかすると、これらのお手本というか、見本としてFlaTalkは存在しているのかもしれない。

口コミにおける評判

Appstoreの口コミ投稿では、不気味なほどに星5評価の投稿が連続しているのだが、不可解なことにそれらのほとんどが「3月29日~30日」に投稿された口コミだった。

ここまで口コミした日が重なると、さすがに自演を疑うレベルだ。

しかも実際に投稿されている内容はかなり薄っぺらい口コミばかりで、ほとんどがこのような内容ばかりだ。

  • いいね
  • いいかな
  • イイね

こういう口コミが続いており、自演だと疑われてもしょうがないレベルだ。

それに完全無料であるが故に男性会員が圧倒的に多く、星5をつけるほど楽しめているかはかなり微妙なところだ。

追記 [名称を変更]

Flatalkは以前配信していた時とアイキャッチ画像や配信タイトルを変更しているようで、以前は「出会いと発見の完全無料チャットアプリ – Fla Talk」というタイトルだったが、現在は「ひまつぶしチャットSNSアプリ – フラットーク」というタイトルに変更になっている。

アイキャッチだけで言えば、下の画像の左から右へと変更になっていた。

恐らくだが、タイトルとアイキャッチを変更したのではなく、新たに配信しなおしているのだろう。

口コミで叩かれまくったのか、当サイトのようなレビューサイトで叩かれているから「Fla Talk」から「フラットーク」に変更したかったのか。

どちらにせよネガティブな理由での変更という事に変わりはなさそうだ。(追記:2017年12月25日)

FlaTalkの感想とまとめ

フラトークは暇つぶしにも使えないし、出会いに繋げることも困難。もはや何のためのアプリなのか全くもって意味不明だ。

これだけは強く言っておくが、ダウンロードするのは全ての面において無駄なのでやめておいた方が良いだろう。もし無料で異性と出会いたいと考えている方がいれば、これだけは知っておいてもらいたい。

インターネット上で無料で出会えるサービスを提供しているサービスやアプリは存在しない。そういった謳い文句を使ているサービスは大抵詐欺まがいのサービスだ。

おとなしくお金を払って正規の出会い系に登録するか、人気SNSなどでメッセージを送って努力するしかない。これ以外の方法を取る場合、あなたの欲望を利用してお金を稼ごうとする輩が必ず出現するので気を付けよう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント