funfun

出会い系アプリ【funfun】の口コミでの評判や感想、審議会の評価をご紹介。

funfunは出会い系アプリとして配信されているが、法律で定められている異性紹介事業の届出はしておらず、出会い系サイト規制法に違反している可能性が高い。

またfunfunはメッセージ送信に200円分のポイントが必要になる有料アプリなのだが、特商法で定められている運営会社の情報が明らかにされておらず、故意に会社名を伏せていると思われる。それなりに後ろめたい事があるのだろう。

対応OS Android
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 200円/通
サクラ サクラの巣窟
運営会社と実態 funfun事務局
審議会コメント 法律を完全無視した危険な出会い系アプリ
実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

ファンファンの実態

上にGoogleplayのスクショを貼っているが、ご覧のようにfunfunは「出会い系アプリ」「友達探しSNS」として配信されているのだが、アプリ紹介欄を開くと最後にこのような事が書かれている。

当アプリは、トークを楽しむアプリであり、異性紹介事業を目的とするアプリではございません。

もしこれがfunfunとしての本意なのであれば、大々的に「出会い系アプリ」として宣伝するのは間違っている。このようなサービスを作るくらいだから知らないという事は絶対にないはずだが、一般的にも法的にも「出会い系=異性紹介事業」という認識になっている。

自ら出会い系だと宣伝しておきながら、最後にはそれを否定する有り様。詐欺アプリや違法なアプリを配信するような悪質出会い系がやる典型的広告手法だ。

利用規約

funfunのような矛盾だらけの出会い系アプリでは、多くの場合に利用規約で「出会い・異性交際目的の利用」が禁止されているされているのだが、本アプリの場合は禁止事項にそのような事は書かれていない。

むしろ出会い系である事を肯定している条文が記載されていた。

出会い系サイト規制法では、funfunのように「面識の無い異性と反復継続してメッセージのやり取りが出来るサイト」を出会い系として定義している。funfunの第1条規約もそれと同等の内容になっており、実際にアプリ内で面識の無い異性と自由にやり取りが出来るようになっているので、確実に異性紹介事業に該当するサービスと言える。

グレーな範囲で運営しているつもりかもしれないが、公安委員会から発見されれば確実にアウトだろう。

運営会社

Googleplayでもアプリ内の運営者情報においても、名称は「funfun事務局」となっており、実際に運営している法人名が掲載されていない。

もし個人でやっているのであればここに個人名を記載しなくてはならないし、法人であるにせよ個人であるにせよ、どちらにしてもこんな曖昧な運営状況で有料コンテンツを含むサービスを提供しているのだから、これは完全にアウト。

恐らく、適度に売り上げを上げたらサービス名を変更して新たに配信するつもりなのだろう。こういった情報を伏せる出会い系にまともなところは1つもないので、社会通念上の義務を果たしていないサービスは利用しない方が身のためだろう

サクラ

funfunに登録するとあっという間に女性からのメッセージが届いた。

送られてきたメッセージはどちらも体の関係を求めるような内容だった。顔写真も設定していないような男性にこんなメッセージを送ってくるのはサクラくらいだろう

しかも、この2人の女性はどちらも「神奈川県・20代」という共通点があるのだが、この条件に絞って検索をかけても一切検索結果に表示されない

恐らく会員が登録した地域に合わせて住所を表示変更されるように設定されているアカウントなので、検索に引っかからないのだろう。詐欺アプリで良くみられる現象だ

料金

funfunは女性無料で男性のみが有料。アプリ内通貨はコインで、コインの購入は「1コイン=10円」というレートになっている。

  • チャット送信:20コイン
  • 写真送信:20コイン
  • 写真閲覧:5コイン
  • プロフィール閲覧:2コイン

チャット送信料金は大手出会い系の4倍、写真送信に至っては無料になっている出会い系が多いので、比べようのない高額設定という事になる。

これだけ高額な料金設定をしておきながら、運営会社は不明、必要な法的手続きは済ませていないとなると、利用する価値は皆無と言っていいだろう。

退会

funfunでは退会フォームが準備されておらず、アプリを削除するという対処法しかないのだが、この場合作成したアカウントは残ってしまうので、もし顔写真や個人情報などをアップロードしてしまった場合は運営に問い合わせをして削除してもらうしか方法が無い。

問い合わせはメールか電話なので、出来ればこのような事になる前に個人情報を掲載しないようにしたいし、可能であれば登録しないという方法を取るのが一番だろう。

口コミでの評判

当たり前だが、Googleplayの口コミは自演で溢れかえっている。

中には☆1評価の口コミもあるが、それを埋もれさすために必死で自演している格好だ。

感想とまとめ

funfunのように出会い系だと自称しているアプリをダウンロードする場合は、必ず「インターネット異性紹介事業 届出」をしているか確認をした方が良い。

もしそうのような記載がアプリ説明欄のどこにも無ければ、その時点でそのアプリからは手を引くべきだろう。理由は簡単で、違法な運営をしている可能性が高く、そういった出会い系には確実にサクラがいるからだ。サクラがいるというよりサクラしかいないと言った方が正しいかもしれない。

出会い系アプリは「出会い系サイト規制法」という法律で規制されているので、法律を遵守しないサービスには絶対に手を出さない事。これが出会い系で騙されないための一番大事な心得だろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント