欲しがりギャルげっちゅ

いかにもな出会い系アプリ【欲しがりギャルげっちゅ】の利用感想と評価、口コミの自演内容などをご紹介。

“無料”や”id交換、”掲示板”といった検索されやすい出会い系に関連するワードを詰め込んでいる感が半端なく、ダウンロードせずとも怪しいアプリだと予測できる低レベルな詐欺アプリ

実際にダウンロードして、どんな内容だったかをご紹介したいと思います。

対応OS Android
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 出来ない
サクラ 単なる誘導アプリ
運営会社と実態 シタゴコロ。
審議会コメント 似たようなアプリを同日に大量配信
実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

アプリの実態

中身は?

【欲しがりギャルげっちゅ】はそもそもサムネ画像がThe出会い系といった感がありすぎて、このモロだし感がかなり胡散臭い。

実際にアプリをダウンロードしてみたが、もはやこれはアプリと呼べる代物ではない。

アプリを起動するとすぐにブラウザページにとばされるのだが、年齢認証のみブラウザで行い「18歳以上です」を選択すればアプリが再起動するのかと思いきや・・・・

そのままブラウザのページが表示され、出会い系アプリのランキングが表示されるだけといったものだった。

アプリの役目は単なる誘導で、出会い系アプリを探しているユーザーを拾ってくるのが目的らしい。しかもこのランキングに表示されている出会い系アプリの大半は詐欺アプリで、恐らく自分が作った出会い系アプリへと誘導するために作られたものなのだろう。

またブラウザページのドメインが「sakura.ne.jp」となっているので、年間約1,500円で契約できる格安プランでサイトを立ち上げているのだろう。手抜き感が半端ない。

兄弟アプリが盛りだくさん

【欲しがりギャルげっちゅ】は2017年8月18日に配信開始となっているが、同日に同じ開発者(シタゴコロ。)が配信しているアプリが他にも2つあり、それらもギャルげっちゅと全く同じ誘導目的の出会い系アプリだった。

無料出会系アプリで心も体も相性ぴったりの相手とツナガル

無料かまちょ掲示板 チャットトーク・id交換・ソクアイまで無料で楽しみまくり

どちらもこれといったアプリ名は定義されておらず、とにかく出会い系関連で人気のワードを並べているだけ。そしてアプリは中身のない誘導アプリ。何とも芸のない手法だ。

というか、こんなクソみたいなアプリを審査承認するGoogleにかなり問題があると思うのだが…どういう審査をしているのか教えてほしいものだ。

自演だらけの口コミ

「シタゴコロ。」が配信している3つのアプリは、いずれも同じ人間が口コミを投稿しており、自演であるのがバレバレな状態。まぁそういう事ですらどうでも良いのだろう。

  • タコス
  • つのだるい
  • 長野忍
  • Daiki Kaneda

これが3つのアプリに共通して口コミ投稿しているユーザー名。間違いなく運営が作った自演口コミ用のアカウントだろう。

感想とまとめ

最近は出会い系アプリを利用する人にも知識がついてきているのか、この手の詐欺アプリのダウンロード数が伸び悩んでいる傾向にあり、新たに配信開始される詐欺アプリの数は減ってきてはいるが、それでもまだまだかなりの量の出会い系アプリが配信開始となっている。

特に今回のような3アプリであれば胡散臭いと感じることは出来るだろうが、中には実際に騙されるまで詐欺アプリだと気づかないような巧妙な出会い系アプリも存在している。

こういった詐欺アプリに引っかからないためには、ダウンロード前にしっかりと「インターネット異性紹介事業届出済み」であるかどうかを確認する必要がある。

最近では『swish』という出会い系アプリが配信開始になったが、これはYYCやユーブライドを運営する運営会社が作ったアプリなので、アプリの説明欄にしっかりと「インターネット異性紹介事業届出済み」という記載があった。

法律を順守しているまともな出会い系アプリは、ほぼ間違いなくこの表記があるので、アプリをダウンロードする前はしっかりとこの表記を確認してからダウンロードするようにしよう

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント