パパ活より稼げる!?【ギャラ飲みアプリ】おすすめ2選

パパ活(P活)よりも安全に、そしてより稼げる「ギャラ飲みアプリ」をご存知ですか?

先日、AbemaTVの「チャンスの時間」で取り上げられ、より注目度を増した今最も稼げるアプリなんです。

ギャラ飲みアプリは、お金持ちの男性がお金を支払って女性を呼ぶという、いわゆる出張キャバクラのようなものなのですが、これがかなり稼げるんです。しかも安全に!

そんな今話題のギャラ飲みアプリがどのようなサービスで、本当に安全なのか、そして本当に稼げるのかという事を、女性目線でご紹介していきたいと思います。

 

ギャラ飲みので稼ぐ驚きの金額と安全性

ギャラ飲みはお金を貰ってクライアントと一緒にお酒を飲むというもので、パパ活アプリと比べれば断然健全で安全なサービスです。

 

ただしこれはギャラ飲みだけではなくパパ活にも言える事なのですが、結局利用している人のモラルの問題であって、法を逸脱するかどうかは本人たちの責任次第です。

 

 

ギャラ飲みの事をあまり知らない段階では、お酒の場に1人で行くため危険な事もあるんじゃないかと邪推してしまうと思いますが、知れば知るほどパパ活アプリなんかより安全だということがわかるはずです。

しかもギャラ飲みはパパ活よりも普通に稼げてしまうんです。

まだまだパパ活よりマイナーなギャラ飲みですが、先日AbemaTVで放送された「チャンスの時間」の「ギャラ飲み女王決定戦」の様子を見ればギャラ飲みが安全で稼げるという事がよく分かるはずです。

 

ギャラ飲み女王決定戦の結果

ギャラ飲み女王決定戦では、3人のギャラ飲み女子が3日間でどれだけ稼ぐのかという、3日間の累計報酬の額を競うという企画で、最終的に優勝を勝ち取った女性は何と・・・

たった3日間で「62万3100円」という驚きの金額をたたき出しました!

夢がありますよね。というか、必死に働いている我々サラリーマンの立場は・・・と少し悲しい気持ちにもなりますw

このギャラ飲み女王決定戦の3日間はカメラが密着しているため、当然体の関係などを持った可能性は限りなくゼロに近いですし、ただ単に呼ばれて一緒にお酒を飲むだけでこれだけの金額を稼いでしまっているんです!

視聴者の中には「どうせギャラ飲みの場でエッチなことをやってるんでしょ」と思っている方もいたようですが、こればかりは本人たちではないと分かりませんし、ギャラ飲みはそういった事をやらずともしっかり稼げるシステムが確立されています。

私も以前からギャラ飲みが稼げるという事は知っていましたが、チャンスの時間を見るまでは私もまさかここまでギャラ飲みが稼げるとは思いもしませんでした。

 

ギャラ飲みは危険じゃないの?

当サイトではギャラ飲みアプリだけではなく、パパ活アプリもご紹介しているのですが、基本的にパパ活アプリは援助交際ギリギリのサービスなので、いつ条例で規制されてるか分かりませんし、実際に売春に近い事をやっているパパ活女子がいることからあまりおすすめはしていません。

 

 

ただし、”法律度外視のサイトで危険なパパ活するくらいなら公安委員会認可されている安全なパパ活アプリを使った方が良いよ!“という意味で安全なパパ活アプリをまとめてご紹介しているだけです。

それに対してギャラ飲みアプリはいわゆる出張コンパニオンのようなサービスなので、法的に問題があるという事はありません。

「法的に問題が無いとしても酔っぱらっている男性のところに女性が行くのって危険じゃないの?」と思われる方もいると思いますが、クライアントとキャストの間にギャラ飲みアプリが入っていれば危険な事はほとんどありません

これがギャラ飲みアプリの人気上昇に一役買っているのは間違いないでしょう。

 

ギャラ飲みアプリが安全な理由

これはチャンスの時間のギャラ飲み女王決定戦でも触れられている話題で、番組スタッフがギャラ飲み女子に対して「危険じゃないの?」と尋ねたところ、このような答えが返ってきました。

pato(パト)というのはギャラ飲みアプリの中で一番勢いがある、ギャラ飲みアプリの代表的存在です。

彼女の場合はpato(パト)を使ってクライアントから依頼を受けて現場に向かっているので、危険な事はないという言い分でした。

なぜそれが危険ではないという確証に至るのか?

正直に言えば、相手は酔っぱらっている可能性があるので危険性は全くのゼロというわけではありませんが、ギャラ飲みアプリで依頼をする男性は本人確認に加え、クレジットカードの登録が義務付けられているので、何かやってしまうと簡単に身バレしてしまいます

更に、ギャラ飲み女子はギャラ飲みが終わると運営に「〇時間滞在していた」という報告をする義務がある(それによって男性に請求する金額が変わる)ため、万が一何らかのトラブルに巻き込まれて報告の連絡が無かったら運営が介在してくれるという安心感があります

ギャラ飲み女子が出張する場所に関しても、当然運営側は事前に把握しているので、何かあってもすぐに対処できるというシステムになっているんです。

 

ギャラ飲みアプリが安全な理由

  • クライアントの個人情報は全て運営が握っている
  • ギャラ飲みアプリを介しているのでクライアントも下手な事は出来ない
  • 料金がそれなりに高額のため富裕層の利用が多く治安が良い

 

サービスの治安と料金の関係性

これはギャラ飲みアプリに限った話ではなく、ごくごく当たり前の事なのですが、安い居酒屋よりも高額なレストランの方が静かでまったり食事を楽しむことが出来ます。

お店の雰囲気がそうさせているケースもありますが、根本的には料金的な問題が大きく関係しています。

お金を持っている高給取りの方々は、中身はいざ知らず他人からどう見られているかを強く気にします。そのため、高級なレストランでは絶対に騒ぎませんし、マナーを必ず守ろうとします。

1人1人見ていけば中には最低な人間性の金持ちもいるかもしれませんが、それでもマナーを守るという事は理解しているんです。

安い居酒屋でも当然マナーを守る人がほとんどですが、稀にマナーのマの知らないような若者や集団が暴れている事がありますよね。高級レストランでは絶対にありえない状況です。

これはマッチングアプリにも同じことが言えます。

完全無料のマッチングアプリは無法地帯となり、罵詈雑言が書き込まれる事も少なくありませんが、高額なマッチングアプリ(パパ活やハイクラス向けマッチングアプリ)ではそういった事は一切ありません

ギャラ飲みアプリについても、パパ活アプリやハイクラスマッチングアプリと同様に料金が高額なので、最低限のマナーを知っている人が多く、犯罪目的で利用する人は皆無と言って良いでしょう。

私が知る限り、出会い系アプリやマッチングアプリ絡みで犯罪が起こったケースは、全て完全無料か月額2000円以下で利用できるようなマッチングアプリなので、そういったケースを鑑みてもギャラ飲みは安全に利用できるはずです。

 

ギャラ飲みの出張先は様々

出張コンパニオンと言えば、会社の打ち上げや飲み会などに女性が盛り上げ役として参加するサービスであり、ギャラ飲みも似たような場所に出向くことになります。

しかしギャラ飲みが少し特殊なのは、クライアントが団体だけではないという事です。

お金持ちが飲みの席に呼ぶこともあれば、一人で晩酌するのが寂しいからという理由でギャラ飲みアプリを使って男性が自宅に呼ぶこともあります。

こういった場合、当然相手の住所は運営に筒抜けになりますし、そもそも年齢確認とクレカ登録の時点で運営はクライアントの個人情報を握っているので、余程酒癖が悪いAHO相手でない限り危険に陥るようなことはありません

それに少しでも危険な香りがする相手は、すぐにギャラ飲み女子からNGが出て強制退会させられるので、サービスの成熟と共に危険なクライアントはギャラ飲みアプリ内から淘汰されていくことになります。

出来れば私もギャラ飲み女子を晩酌に呼んでみたい!と思っているのですが、残念ながら私が住んでいる地域でギャラ飲みが出来るサービスがまだないんですよね。

下心はゼロではありませんが、やっぱり綺麗な女性と飲むお酒はうまいですからねw

 

ギャラ飲みへの参加は狭き門

今回ご紹介しているギャラ飲みですが、パパ活のように誰でも参加できるというわけではありません

大小含めるといくつかのギャラ飲みアプリがサービス展開していますが、いずれもギャラ飲み女子を面した上で採用しています。

特に業界トップのpato(パト)はキャストの面接合格率は10%と公表しており、実際にpato(パト)を開くと合格率10%の理由が明確に分かります。それだけ美人で洗練された女性が多いんです

女性にとってはデメリットかもしれませんが、我々男性にとっては状に有難い事であり、安心してギャラ飲みアプリを利用することが出来ます。

キャバクラでもそうですが、わざわざお金を払っているのに払っている側の人間が気を遣ったりするのは本当にストレスですし、マナーのマの字も知らないような女性に当たった時のストレスはかなりのものです。

しかしギャラ飲みアプリであれば、しっかり面接をしているのでそういった女性に当たる事もありませんし、心配事が少なくて済むので非常にありがたい!

 

ギャラ飲みアプリについての補足

一応補足しておくと、ギャラ飲みアプリは登録しているキャストは女性だけではありません。

これは先ほどご紹介したギャラ飲みアプリ『pato(パト)』の画面ですが、patoの基本コンセプトは「エンタメマッチングアプリ」なので単に綺麗な女性がいるだけではなく、マジシャンや歌手の卵など様々なジャンルのキャストが登録しています。

イケメン、芸人さんなど、女性が利用したくなりキャストもちらほら見かけますが、それらはほんの一部であり、現状ではほとんどのキャストが容姿端麗な美人女性ばかりです。

結果的に基準に満たない応募者が多かったという事であり、今後ギャラ飲みアプリの人気が拡大していけば、もっと男性キャストの数も増えるでしょうし、ギャラ飲みアプリの幅が広がっていくと思います。

まだまだギャラ飲みアプリは発展途上のサービスなので、今後どのように進化していくのか楽しみですね。

 

女性におすすめのギャラ飲みアプリ2選

こういった記事を作る際に、「2選」という少ない数字にすることはまずありませんが、現時点ではまともなギャラ飲みアプリは決して多くなく、適当なものをおすすめしたくないという結論から2つだけご紹介したいと思います。

私が調べて実際にレビューした限りでは、今現在(2019年6月1日)において有力なギャラ飲みアプリはこの2つです。

  • pato (パト)
  • cheers (チアーズ)

どちらも配信開始当時は東京都内だけのサービス展開でしたが、現在は全国各地にサービスを展開させています。

とはいっても、全47都道府県でサービスを展開しているわけではありません。

まだまだ発展途上のサービスなので、対応地域の拡充については運営さんの努力に身をゆだねるしかありませんね。

 

ギャラ飲みアプリのパイオニア・pato

私が知る限り、ギャラ飲みアプリとして一番初めに配信開始になったのは『pato(パト)』だったと思います。

そして、今現在最もサービス提供エリアが多いのもpato(パト)であり、間違いなくギャラ飲みアプリの中ではナンバーワンだと思います。

pato 提供エリア
東京 横浜 埼玉 名古屋
大阪 名古屋 広島 福岡
熊本 沖縄 仙台 北海島

pato(パト)については、以前から面積希望者が多いという情報が入っていましたが、まさかサービス開始から1年ちょっとでここまで全国に展開することになるとは思いもしませんでした。

それだけ全国各地にギャラ飲み面接希望者が多いという事なのでしょう。

もしこのまま全国展開していけば、出張した際にギャバクラに行かずにギャラ飲みアプリを使って居酒屋やバーでサシ飲みする男性が増えていく気がします。

私なら間違いなくそうするからです。

こういった男性が増え、クライアントからの指名が多く、キャストのランクが上がっていけばこういった月収も夢ではありません。

えぐすぎるw

→ pato(パト)に登録したい方はこちらから

 

注目度急上昇中のcheers

pato(パト)の後を追うようにアプリがリリースされ、同じく都内から全国へ規模を拡大しているギャラ飲みアプリ『cheers(チアーズ)』!

patoには及ばないものの、cheers(チアーズ)も全国6ヶ所でサービス展開しており、登録している女性キャストの質もかなり高い!

cheers 提供エリア
東京 神奈川 埼玉 大阪
兵庫 京都

cheers(チアーズ)の半年遅れで配信開始となったので、その分対応エリアは6ヶ所と少なくなっているものの、今後patoを抜く可能性が十分にあります。

中にはpatoとcheersの両方を使っているという女性キャストもいるようですが、対応エリアが多い分まだまだpatoの方が有力なのかなと思っています。

ただし、cheers(チアーズ)にも独自のメリットがあります。それは領収書発行に対応しているという点。これは社長や個人事業主にとっては非常にありがたい!

領収書の発行が出来るというだけで、ビジネスシーンで活用しようと考える人が出てくるので、そういった層を取り込めればかなり活気が出てくるはず!

 

→ cheers(チアーズ)に登録したい方はこちらから

 

 

ギャラ飲みアプリのすすめ

ギャラ飲みはパパ活とは異なり、TwitterなどのSNSで個人的に募集して稼ぐという事が難しい業種です。

相手の素性が分からない以上、女性にとっては非常に危険ですし、男性も美人局に合う可能性が高くなるので、もし募集があったとしても反応しない方が良いです、そんなことをする人はまずいないでしょう。

つまりギャラ飲みはパパ活と異なり、ここまでにご紹介したギャラ飲みアプリを経由しないと利用できないサービスであり、今後ギャラ飲みアプリが増えていくことは必至です。

どのようなインターネットサービスでもそうですが、早くに始めるほど大きな利益を享受できるので、ギャラ飲みに興味があるという方は思い切って今のうちにギャラ飲みアプリに登録して、ランクを上げて固定客を掴んでおいた方が良いと思います

特にお酒が好きな女性にとっては転職ともいえる仕事でしょうし、キャバクラやクラブのように面倒なアフターや同伴、ラインでの営業、そして厄介な女性同士の縦関係もないので、いつでもお金が欲しい時に利用できるというメリットがあります。

恐らくキャバクラより普通に稼げるんじゃないかな?

今後、間違いなく規模が拡大していくであろうギャラ飲み。

まだライバルが少ない今のうちに初めて見てはいかがでしょうか。

 

危険なギャラ飲みとは?

最近特によく目にするのが、個人代理人によるTiwtter等でのギャラ飲み募集です。

Tiwtterで「ギャラ飲み」と検索すると、ギャラ飲み専用アカウントが複数ヒットしますが、これらの募集は闇ギャラ飲みといっても過言ではありません。

仲介している人間がそもそもどういった人なのか分かりませんし、吉本芸人が参加したことによって問題になった反社会勢力との飲み会、闇営業である可能性もゼロではありません。

このような情報をSNSの普及により簡単に発信できるようになった反面、情報を取り扱う発信源の信頼性が重要視されるべきなのですが、SNSによって感覚がマヒした人間が何も考えずにDMを送ってしまい、危険な飲みの場に自ら出向いてしまうという結果になってしまいかねません。

当然、身元が分からない個人代理人を使って参加したギャラ飲み会場で危険な目に合っても、その代理人が助けてくれるといった可能性はほぼゼロでしょう。

そのようなギャラ飲みにはらんだ危険を極力回避するためには、やはり安全なギャラ飲みアプリを利用してギャラ飲みに参加すべきなのではないでしょうか

自分の身を護るため、またしっかりと報酬を得るためにも、仲介業者(アプリ)をしっかり厳選してからギャラ飲みに参加するようにしましょう。

コメント