【北海道版】おすすめ出会い系マッチングアプリ5選(目的別:恋活・婚活・セフレ)

マッチングアプリを使って恋活や婚活をしていると、日本国内で最も専有面積が広い北海道だからこそ、道内で出会ったとしても遠距離になってしまうという事が多々あります

 

実際にこういった事が自分にも起こってしまい、マッチングアプリって微妙だなと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

これは北海道という特異なエリアだけに起こる事ではありません。出会い系アプリやマッチングアプリの特性さえ知っておけば解決出来る問題なので、北海道の方で出会い系アプリやマッチングアプリを利用してみたいと考えている方は是非参考にしてみて下い。

 

またこれまでに500以上の出会い系・マッチングアプリを利用してきた経験から、北海道の方におすすめの出会い系・マッチングアプリもご紹介したいと思います。

 

北海道の恋愛事情を知ろう

現在、出会い系・マッチングアプリ業界は既存の大手サービスに加え、続々と新規マッチングアプリがリリースされており、出会い系になじみが薄い人にとってはどれを選べば良いか判断が難しい状況です。

また出会い系アプリやマッチングアプリには「詐欺アプリ」と呼ばれる偽物も多いため、予備知識なしに手を出すとサクラだらけの出会い系アプリに引っかかり痛い目に遭います。

数だけで言えば本物の出会い系・マッチングアプリよりも詐欺アプリの方が圧倒的に多いので、そういった詐欺アプリに騙される人が未だに後を絶たない状況です。

今回の北海道マッチングアプリ特集では、そういった詐欺アプリを完全に除外し、法に則った出会えるアプリのみをご紹介していきたいと思います。

また北海道ならではの事情を考慮し、北海道の方に最も適した出会い系・マッチングアプリのみを厳選しておすすめしていきます。

 

広大な土地を持つが故の問題

北海道の方であれば当然ご存知かと思いますが、北海道は日本全体の22%という広大な専有面積を誇り、47都道府県の中でも断トツの一位です。

これは日本国民であれば誰しもが知っている事実ですよね。

しかし北海道にまつわる話で意外に知られていない事も多々あります。

特に西日本に住む方々にあまり知られていない意外な事実。それは北海道は47都道府県の中でも第8位の人口数を誇っているという事。(2018年10月1日現在における北海道の人口は5,285,430人)

これだけ広大な土地なので、人口が多いのは当然の事ともいえるのですが、土地が大きすぎるが故の問題もあります。

面積 78,419.54㎢ 1位 / 47都道府県
人口 5,285,430人 8位 / 47都道府県
人口密度 67.4人 / ㎢ 47位 / 47都道府県

人口だけで言えば日本の中でも第8位なのですが、人口密度については日本の中で最下位の47位

つまり、それだけ北海道内に人が分散して居住しているという事であり、人口は多くとも近くに住んでいる人がいないという状況なんです。

 

道内カップルなのに遠距離

土地が広く人が各地に分散して居住しているため、同じ北海道なのに遠距離となるケースが多々あります。

それもそのはずで、北海道の端から端を直線距離で計測すると500km以上の距離があります。

その為、出会い系アプリやマッチングアプリを利用しても、道内でマッチングした相手の住まいが100km離れていることはさして珍しくなく、これが北海道の方々にとって非常に大きな障害になっているようです。

これは他県ではなかなか体験できない北海道特有の問題なのではないでしょうか。

私は以前、1県をまたいだ遠距離恋愛をしていたことがありますが、今測ってみたところ直線距離にして103km。人生で二度目の遠距離恋愛でしたが、それでも1県をまたいでの恋愛は遠く感じていました。

北海道ではこういった事が頻繁に起こり得ると考えると、北海道の方々は他の都道府県にはない悩みを抱えている人が多いはずです。

 

マッチングアプリが機能しない

北海道のような広大なエリアに住んでいると、人口の多い札幌市や旭川市、函館市などではない限りなかなか出会いに恵まれないという方も多いと思います。

そういった身近に出会いが無い人にとって助け船となるのが出会い系・マッチングアプリです。

しかしマッチングアプリの多くは都道府県の絞り込みは出来ても、地域ごとの絞り込みは出来ません。ユーザーの身バレを防ぐための処置なのか、マッチングからの即発展を防ぐための処置なのかは分かりませんが、マッチングアプリにおいては全社共通で地域絞込みが出来ません

私もこれまでに何度も「どこ住み?」「〇〇です」「あ・・・」という残念な経験をしています。こういう時ってお互いに察してすぐに会話が終了しちゃうんですよねw

私が住んでいる場所は北海道のように広大なエリアではないので、離れていると言っても車で1時間から1時間半ほどの距離であることがほとんどですが、それでも1時間の距離と言われると躊躇してしまうので、雪国北海道であればなおさら躊躇してしまいますよね。

どこ住みですか?

私は函館です。Aさんは?

釧路です・・・

遠いですね・・・

同じ北海道内であるにも関わらず片道7時間という気が遠くなるほどの遠距離。恐らく北海道民であればこういった経験を何度もしているはずです。

中にはこういった経験を踏まえ、プロフィールに「函館住みです」「札幌住みです」と自己紹介冒頭に書いてくれている人もいますが、こういった例は全員というわけではなくごく一部の会員なので、まずはマッチングして会話をしてみないと分からないという事がほとんど。

なかなか思うようにマッチングしない中で、ようやくマッチングした相手が片道5時間以上も離れている場所に住んでいたら誰でもテンション下がってしまいますよね。

こういった距離の問題が北海道でマッチングアプリの利用を難しくしている大きな要因となってしまっています

 

解決策は出会い系アプリ!

「出会い系アプリ」と「マッチングアプリ」。意外にもこの2つの違いをはっきりと理解している人が少ないようですが、出会い系アプリとマッチングアプリは似て非なるものです。

まず「マッチングアプリ」は、気になった相手にいいね!を送り、相手からもいいね!が返ってくると2人の間でチャットが利用できるようになります。

ただしチャットを利用するには男性側が月額定額の有料プラン(3,600円~4,700円)に加入している事が最低条件となっています。婚活アプリの一部では女性も有料ですが、基本的に女性は無料です

代表的なマッチングアプリはタップル誕生やペアーズ、他にはOmiaiや最近人気のwith(メンタリストDaiGo監修)など。

それに対し「出会い系アプリ」は、気になった相手がいればすぐにメッセージを送る事が可能ですが、異性のプロフィールを見るだけで料金(1回につき10円)が発生し、更にメッセージを送るたびに料金(1回につき50円~70円)が発生します。

代表的な出会い系アプリにハッピーメールやPCMAX、JメールやYYCなどがあります。

ちなみに出会い系アプリを探していると完全無料を謳っているものがありますが、完全無料の99%は詐欺アプリと言われる危険なアプリなので、完全無料の出会い系アプリにはくれぐれもご注意下さい。

最近の傾向でいうとマッチングアプリの方が圧倒的に人気なのですが、既述しているようにマッチングアプリは都道府県の指定はできても、更に地域まで絞り込む事は出来ません。

しかし出会い系アプリであれば、ほとんどのアプリが地域の絞り込みが可能になっています

特に北海道のように広大なエリアであれば、地域の絞り込みが出来る出会い系アプリを利用するのが一番出会える方法・確実な方法と言えるかもしれません。

 

地域まで細かく指定できる出会い系アプリ

いろいろ確認してみましたが、中堅及び大手の出会い系アプリで地域絞込みが出来るのは以下の4件のみで、各アプリごとに絞り込み出来る地域が異なってきます。

出会い系アプリ 絞り込み可能エリア
ハッピーメール 北海道(道央)
道央全域、札幌市、札幌市(北区、東区、西区、豊平区、中央区、白石区、南区、手稲区、厚別区、清田区)、小樽市、江別市、千歳市、岩見沢市、恵庭市、石狩市、北広島市、滝川市、美唄市、深川市、砂川市、芦別市、赤平市、夕張市、三笠市、歌志内市、夕張郡、虻田郡、余市郡、石狩郡、岩内郡、空知郡、樺戸郡、寿都郡、磯谷郡、古平郡、古宇郡、積丹郡、島牧郡、雨竜郡
北海道(道東)
道東全域、釧路市、帯広市、北見市、網走市、根室市、紋別市、河東郡、中川郡、紋別郡、網走郡、標津郡、河西郡、斜里郡、釧路郡、厚岸郡、上川郡、川上郡、野付郡、常呂郡、広尾郡、足寄郡、白糠郡、目梨郡、十勝郡、阿寒郡
北海道(道南)
道南全域、函館市、苫小牧市、室蘭市、登別市、北斗市、伊達市、日高郡、亀田郡、勇払郡、茅部郡、白老郡、沙流郡、檜山郡、二海郡、虻田郡、浦河郡、松前郡、上磯郡、久遠郡、山越郡、瀬棚郡、新冠郡、幌泉郡、様似郡、爾志郡、有珠郡、奥尻郡
北海道(道北)
道北全域、旭川市、稚内市、名寄市、留萌市、富良野市、士別市、空知郡、枝幸郡、苫前郡、上川郡、中川郡、天塩郡、利尻郡、増毛郡、留萌郡、礼文郡、宗谷郡、勇払郡
ミントC!Jメール 幌市、札幌市(中央区、北区、東区、白石区、厚別区、豊平市、清田市、南区、西区、手稲区)、函館市、小樽市、千歳市、江別市、恵庭市、苫小牧市、石狩市、富良野市、岩見沢市、北広島市、北斗市、室蘭市、登別市、伊達市、旭川市、北見市、釧路市、帯広市、根室市、網走市、稚内市、滝川市、美唄市、留萌市、名寄市、深川市、紋別市、士別市、夕張市、芦別市、赤平市、三笠市、砂川市、歌志内市、渡島地方、桧山地方、後志地方、胆振地方、日高地方、石狩地方、空知地方、十勝地方、上川地方、留萌地方、宗谷地方、網走地方、釧路地方、根室地方
ワクワク 北海道(道央)
道央全域、札幌市(中央区、北区、東区、白石区、豊平区、南区、西区、厚別区、手稲区、清田区)、小樽市、夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、江別市、赤平市、三笠市、千歳市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、恵庭市、北広島市、石狩市
北海道(道北)
道北全域、旭川市、留萌市、稚内市、士別市、名寄市、富良野市
北海道(道東)
道東全域、釧路市、帯広市、北見市、網走市、紋別市、根室市
北海道(道南)
道南全域、函館市、室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、北斗市
イククル

北海道が故にちょっと長くなってしまいましたが、各社絞り込みに若干の特徴があります。

ハッピーメールにおいては道央・道北・道東・道南と4つに分けられ、その中で市区郡まで細かく選択できるように分けられています。ハッピーメールが一番細かく設定している出会い系アプリのようですね。流石最大手!

次にJメールですが、Jメールは市区で分けている上に〇〇地域としてある程度絞り込みが出来るようになっています。郡までは細かく分けていないけど、大体のエリアを絞り込めるといった感じでしょうか。

そしてワクワクとイククルですが、この2社はハピメ同様に道央・道北・道東・道南の4つに大きく分かれているものの、郡の分別がないため市以外は「道北全域」を選択するしかなく、大雑把にしか検索出来ませんでした。

これを見れば一番検索しやすいのがハッピーメールで、次にJメールと言えそうですね。

 

北海道 おすすめ出会い系アプリ

前項でもご紹介したように、北海道は広大な土地に広がっている日本最大の都道府県であり、他県と比べると間違いなく特殊なエリアです。

本来であればマッチングアプリを一番にお勧めしたいところですが、北海道の特性を考えると出会い系アプリの方が出会える確率は高くなるでしょう。

これは出会い系アプリ大手5社の2019年8月1日現在の公式発表による累計会員数と各評価です。

会員数が圧倒的に多いのはハッピーメールで、次点がYYC・PCMAX・イククルがほぼ横並びで、Jメールだけが圧倒的に少ない状況です。

ただし、個人的にJメールはおすすめで、特定の目的だけで言えばJメールは非常に優秀な出会い系アプリだと言えます。

 

やはりイチオシはハッピーメール

ハッピーメールは出会い系アプリの中でも最も会員数が多いマンモス出会い系アプリで、累計会員数は遂に2,000万人を突破しました!とはいっても、現在アクティブに利用しているユーザーがどれだけいるかは不明ですけどね。

しかし累計会員数が多いという事はそれだけアプリをインストールしたことがある人が多いという事であり、現時点においてもアクティブに利用しているユーザーはかなりの人数に上ると思います。

しかもハッピーメールは北海道民の悩みを知っているかのように細かな地域絞込みが出来るようになっており、まさに北海道民向けの出会い系アプリなんです

マッチングアプリのようにいいね!を押して返ってきた相手としかチャットできないという機能制限は無く、気になった相手であればすぐにメッセージを送ってアピールする事が可能ですし、男性は月額料金を支払わずに済むので気軽に利用できると思います。

個人的には、もし出会い系アプリを利用するのであれば1つに絞らず、いくつかの出会い系アプリと併用する事をお勧めしていますが、北海道で利用するのであれば併用する出会い系アプリの1つに絶対にハッピーメールを入れておくべきでしょう!

ちなみにハッピーメールにはアプリ版とブラウザ版がありますが、アプリ版とブラウザ版では機能に若干の違いがあります。

アプリ版はどちらかというと恋活向きの機能なのですが、ブラウザ版は恋活に加えセフレ探しや食事相手探しと言った事も可能になっています。

当サイトのレビューページに詳しい内容を掲載していますので、ハッピーメールを利用する際はしっかり自分の目的に合った使い方をしましょう!

 

 

ハピメにおける恋活・婚活事情

ハッピーメールは累計会員2,000万人と、出会い系業界全体を見渡してみてもハッピーメールに勝る出会い系は存在ません。

大手と言われる出会い系アプリ5社の中でも、2番手に位置しているYYCでさえ1,400万人です。ハッピーメールとは600万人もの差があります。

それだけハッピーメールは圧倒的な存在という事なんです。

マッチングアプリに若者が流れている現在でも、ハッピーメールの会員数は伸びているので、当然ハッピーメールにも恋活・婚活目的で登録しているユーザーが多数います

ハピメはマッチングアプリのように月額定額ではないので、とりあえず登録して様子を見るという事も十分に可能ですし、登録してすぐは無料ポイントが付与されるので、課金をせずとも無料ポイントを使って女性とやり取りをすることもできます。

特にアプリ版であれば、アダルト掲示板などもなく健全な環境で利用できるので、真面目に恋活している利用者をよく見かけます。

会員数が多いだけに、様々な目的で利用している人もいますが、アプリ版を使い、尚且つ真面目な掲示板だけ利用すれば、恋活や婚活も十分に出来るはずです

 

 

ハピメでセフレを探す方法

ハッピーメールでセフレ探しをするのであれば、アプリ版ではなくブラウザから利用するのがおすすめです

ただし、Jメールの中でも紹介したように、大手の出会い系サイトにはとにかく業者が多く、いざ会うとなると金銭の提示があるケースが多々あります。

日本最大の出会い系アプリ・ハッピーメールともなれば、業者の数もかなりの数です。

デリヘル系の業者から、外部の高額サイトへ誘導しようとする業者、また個人でお小遣い稼ぎで売春じみた事をやっている女性まで、とにかく様々です。

その中から、本気でセフレを探している女性を見つけることはなかなか難しいので、ハッピーメールでセフレを探すのであれば慎重にやり取りをする必要があります。

【セフレと業者を見分けるおすすめの方法】
業者を見分けるおすすめの方法は、まず書き込みをしている女性のプロフィールを開き、過去に投稿した掲示板の内容を確認します。過去の投稿がコピペじみた内容で、複数回投稿されているようであればほぼ業者で間違いないでしょう。ただしその分のポイントが削られるので、何度もやっているとあっという間にポイントがなくなるというデメリットもあります。

この確認をするために、3ポイントを消費する事になりますが、業者に捕まってメッセージのやり取り(50pt)を何度も重ねるよりも断然安上りなので、ちょっとでも怪しいと思ったり、話が旨すぎる場合はしっかり確認するようにしましょう。

ちなみに、私の場合はJメールをメインとして使っていますが、即女を探したいと思ったその日にまともな投稿が無ければ、ハッピーメールや他の出会い系アプリを見るようにしています。

月額も基本利用も無料なので、並行して利用しているという感じです

 

 

多目的に利用できるミントC!Jメール

先ほどのハッピーメールと同様に、検索時に北海道だけではなく地域ごとの絞り込み検索が出来るミントC!Jメール!

個人的にはハッピーメールよりもお世話になっている出会い系アプリで、上の画像を見てもらえれば分かるように運営実績は18年と長く、累計会員数は600万人を突破しています。

ハッピーメールと比べると運営実績はさほど変わらないのに、会員数は1/3と小規模に感じるかもしれませんが、Jメールは万人受けする出会い系アプリというよりも、ちょっと特殊な出会い系アプリなので仕方がないんですよね。

アプリ版であれば恋活なども出来るようになっていますが、ブラウザ版では恋活に加えセフレ向けの掲示板や人妻掲示板といったものまであります。要はJメールは大人の関係に特化している出会い系アプリなんです

出会い系アプリらしくメインのコンテンツは掲示板。その為恋活をしている人たちと大人の関係目的で利用している人たちとのすみ分けがハッキリしており、使い方さえ覚えれば様々なシーンで活躍してくれる出会い系アプリになるはずです!

Jメールにおいてはハッピーメールよりもちょっとややこしい(Android版がGoogleplayで配信されておらず公式HPからしかダウンロードできなかったり、人妻掲示板が少し分かりにくいところに設置されいるなど)ので、もしJメールを利用するのであればレビューページでしっかり使い方を頭に入れてから利用するようにしましょう!

 

 

なぜ中堅のJメールなのか?

ハッピーメールやYYCなどの出会い系アプリは、出会い系サイトの時代から出会い系サービスとしての地位を確立していました。

現在のようにマッチングアプリが無かった時代に、恋活や婚活をしたいと考える人は当然有名な大手出会い系サイトに登録します。

真面目な出会いを探す人が多い大手出会い系サイトでは、イメージの問題もあるので当然Jメールのようなディープな掲示板を立てることは出来ません。

大手出会い系サイトにも似たようなアダルト掲示板はありますが、大手であるが故に売春あっせん業者が潜りこんでいたり、正規の届出(無店舗型性風俗特殊営業)を行っていないブラックなデリヘル業者が大手出会い系サイトを使って商売をするといった事もありました

北海道に限らず、どこの都道府県もそういった営業許可をとるのは難しいですからね。

こういった状況は、実は現在も続いています。

セフレを探している中で、相手と条件を擦り合わせていくと、実は業者だったという経験を私も何度かしたことがあります。

そんなことが続くと、誰でも利用する気が失せてきますよね。

そこで陽の目を浴びることになったのが、中堅のJメールなんです。

Jメールでは早くから人妻・セフレの掲示板を設置していた事もあり、徐々にセフレ探しをする人がJメールに集まるようになり、セフレ探しと言えばJメールという流れになり現在に至ります。

もし本気でセフレを作りたいと考えているのであれば、まずはJメールのアダルト掲示板、特にHな出会いや人妻の誘惑などを活用する事をおすすめします

 

※ちなみにセフレ探しが目的でJメールを利用するのであれば、スマホのブラウザで利用するのがおすすめです。

 

 

北海道 おすすめマッチングアプリ

最近の出会い系事情を考えると、先ほどご紹介した出会い系アプリよりもマッチングアプリの方に20代利用者の多くが流れていっています。

一番大きな要因は、マッチングアプリがSNSに近い感覚で利用できる事にあり、またTwitterなどの人気SNSでマッチングアプリが積極的に広告掲載しているため、20代の多くが出会い系アプリよりもマッチングアプリに流れているんです。

他のエリアであればマッチングアプリを真っ先におすすめするのですが、既述のように北海道の場合は距離の問題があるため、出会い系アプリのように道内の地域を絞り込めいないマッチングアプリは不向きと言わざるを得ません。

しかし、そういったデメリットを受け入れてでもマッチングアプリが使いたいという方は、是非こちらを参考にしてください。

 

目的に合ったマッチングアプリ選び

北海道は2018年時点で国内第8位の人口数を誇っている大都市なので、どのマッチングアプリを開いても異性の数が少ないという事はありません。

だからといってどんなマッチングアプリでも良いという事ではありません!

マッチングアプリは各社特色があり、恋人探しのための恋活アプリものもあれば、ガチガチの婚活向けのものもありますし、この2つの中間に位置するマッチングアプリもあります。

マッチングアプリの種類
  • 恋活(20代前半の利用者が多い)
  • 婚活(20代後半~30代前半の利用者が多い)
  • デートマッチング
  • パパ活
  • ママ活
  • エンタメマッチング

中にはパパ活マッチングアプリやママ活マッチングアプリといったものまであるので、一歩間違えると変な世界に飛び込むことになってしまいます。

マッチングアプリにおいては、出会い系アプリとは異なり各社の特色を理解していないとなかなか上手くマッチングしませんし、男性はお金を無駄にすることになってしまうので、まずはしっかり自分の目的に沿ったマッチングアプリを選ぶようにしましょう

 

会員数が多いほど難しくなる

マッチングアプリの一部では、検索時に今現在どれくらいの会員がいるのかという数字を表示してくれる優秀なマッチングアプリがあります。

といってもごく一部なのですが、中堅・大手の中で言えばペアーズ・Daigo with・ゼクシィ縁結びの3社です。

北海道版 ※2018年12月5日に調査した数字です
アプリ 男性会員 女性会員
ペアーズ 81,431人 34,450人
DaiGo with 17,840人 8,890人
ゼクシィ縁結び 8,338人 6,629人

上から累計会員数が多い順に並べていますが、このように累計会員数が多いマッチングアプリほど男性比率が高くなるという特徴があります。

つまり大手のマッチングアプリになればなるほど男性は競争率が高くなるという事であり、小規模なマッチングアプリほどライバルが少ない状況で有利にアピールできるという事になります。

自分に自信があるのであれば単純に分母が大きいペアーズがおすすめですが、ライバルが多いと勝てる気がしないという事でれば会員数が多すぎないマッチングアプリを選んだ方が無難かもしれません。

ちなみに、この3社で言えばDaigo withが恋活アプリで、ゼクシィ縁結びが婚活アプリ、ペアーズは恋活と婚活の両方と言ったところです。

北海道(528万)とほど同じ人口数の都市は福岡県(511万)なのですが、先ほどのマッチングアプリ3社の登録者数を北海道と福岡県で比べてみると、全体的に北海道の方が登録者が少ない傾向にあります。人口だけで言えば北海道が多いにもかかわらずです。恐らくマッチングアプリでは地域絞込みが出来ないため、多くが出会い系アプリに流れているという事なのでしょう。

 

恋活するならwith!マッチング力は最強

もし北海道でマッチングアプリを使って恋活をするのであれば、メンタリストDaiGoさんが監修を務める『with』が一番おすすめです!

メンタリストのDaiGoさんはテレビにも頻繁に出演しているのでご存知の方も多いかと思います。癖がある方なのできっと彼を嫌っている人もいるんだろうなと思いますが、withにおいては彼が嫌いという感情は捨てましょう!w

心理学とBigFiveという性格分析を駆使して様々なイベントなどを定期的に実施しており、この相性診断イベントによって相手との相性が分かるだけではなく、相性の良い異性とマッチングできるという仕組みになっています

単に異性を探すのではなく、自分の性格分析をしたり、ゲーム感覚で診断を行うだけで相性の良い相手と巡り会えるとあって、女性人気は高く女性のイベント参加率が高いので男性も積極的に参加するという好循環が生まれています。

私はこれまでに500以上の出会い系アプリとマッチングアプリをレビューしてきましたが、Daigo withはその中でも最もマッチング力に優れたアプリだと断言できます

実際、私が今まで一番マッチングしているアプリはwithですしね。

 

マッチング率が高い理由

私がDaiGo withをおすすめする一番の理由は、マッチング力が最も高い恋活アプリだからです。

DaiGo withでは常時マッチングイベントが開催されているのですが、そのイベントは心理学と統計学を応用した「性格診断イベント」や「価値観診断イベント」になっていて、いくつかの設問に答えると診断結果が表示されます。

この診断結果に基づき、あなたと相性が良い異性を表示してくれます。

しかもこのイベントは1つだけではなく常時3つ以上開催されていて、夏やクリスマスシーズンなどのイベント時には5つ以上のイベントが同時開催されています。

イベントごとに異なる異性とマッチングするので、イベントが多い時期はマッチング率が一気に上昇します。

また各種診断結果に基づいて表示された相性が良い異性に「いいね!」を送る際は無料なので、当然いいね!を押す回数は増え、それと共にマッチング数もアップしていくというカラクリです。

不思議なもので、こういった診断であなたと相性が良いですよと紹介されると、ただ普通に表示されている時よりも興味が湧くんですよね。

そのお陰もあって、DaiGo withのマッチング率は異常に高くなるんです。

そのマッチング率は、私がこれまでに利用してきたマッチングアプリの中でも間違いなく断トツトップです。

 

DaiGo withの恋愛イベント

イベントは2週間から1ヶ月で変更になるので、新たなイベントが開催されるたびにこれまでとは違う角度の診断が実施され、「相性が良い異性」を表示するページではこれまでとは違う異性が表示されることになるので、これまでとは違う出会いが待っています。

出会い系アプリやマッチングアプリを使っていると、基本的には検索機能頼る事が多いと思いますが、検索する際は自分の好みに合う条件設定にするため、毎回同じような人しか表示されません。

しかしDaiGo withのイベントを活用すれば、今まで検索では表示されることがなかったような魅力的な異性が表示され、出会いの幅も大きく広がっていきます

その相手はあらかじめ相性が良いとされる方々ばかりなので、こちらも興味が湧きますし、相手からも興味を持たれいいね!をされることが増えます。

ほんとよくできているマッチングアプリだなぁと感心させられますよね。

出会い系アプリのように地域絞込みは出来ませんが、マッチングアプリであればDaigo withは本当におすすめです!

※18歳未満の方は利用できません

ちなみにDaigo withは20代前半の利用者が大半を占めており、婚活アプリというよりは恋人を探すための婚活マッチングアプリです。

だからと言って30代でも十分に出会う事は可能です。実際、私は30代ですがDaigo withで何人もマッチングしていますし、その中で実際に会っている人も7~8人います。30代でも十分に出会えるマッチングアプリです。

 

万能型マッチングアプリ・ペアーズ

日本人が最も利用しているマッチングアプリがペアーズです!

ペアーズは国内のマッチングアプリの中でもサービス開始が早く、恋活と婚活の両方にうってつけの万能型マッチングアプリという事もあり、2018年8月に累計会員数は800万人を突破したと公表しています。

ペアーズのサービス開始は2012年10月なので、約6年で800万人もの男女がペアーズに登録したという計算になります

先ほどのJメールは、ちょっと特殊な出会い系アプリとは言え18年で600万人だったので、ペアーズがどれだけ急速に伸びている出会い系アプリかという事が分かりますよね。

当然、会員数が増えると弊害が生じることもあります。ペアーズで言えばネットナンパ目的の男性ユーザーが増えた事、また男女比率が5:2になり男性は人気女性の争奪戦を余儀なくされてしまっているという事。

そもそもの分母が大きいので、ドストライクの異性に出会える機会も増えるでしょうが、その分ライバルも多いので、よほどの高スペックでない限りなかなかマッチングしません。

女性目線で考えれば引く手あまたなので、困る事はありませんが、先ほども書いたようにヤリもく・ネトナン目的の男性ユーザーもかなりいるようなので、その点にはくぐれもご注意下さい。

※18歳未満の方は利用できません

 

婚活するならゼクシィ!

「結婚式準備するならゼクシィ」「プロポーズされたらゼクシィ」などのセリフが印象的な結婚情報誌最大手ゼクシィが提供する婚活アプリ『ゼクシィ縁結び』。

婚活をするなら間違いなくゼクシィ縁結びが一番のおすすめです!

恋活マッチングアプリとは異なり、男性だけではなく女性も有料に設定されていますが、それでも登録者は増加の一途を辿っています。

他にもOmiaiやYoubrideといった人気婚活アプリがありますが、全てを実際に使った上での感想は、様々なサポート機能が用意されているゼクシィ縁結びは非常に使いやすい!つまりマッチングしやすいというのが私の感想であり、おすすめする理由です

Daigo withのように価値観でマッチングする事が可能で、検索の際は相手との相性も表示されます。

他にもお見合いオファーなる機能があり、ゼクシィのコンシェルジュがデートの日取りを決めてくれるというサービスまで用意されています。

結婚情報誌を発行しているだけあって、婚活に何が必要かという事を熟知しており、奥手な人でもしっかり出会えるようサポートしてくれます。これほど手厚い婚活マッチングアプリは他にはない!

また先ほど北海道と人口数が近い福岡県を比べたとき、マッチングアプリに登録している全体数は人口が少ない福岡県の方が多いと書きましたが、このゼクシィ縁結びだけはなぜか北海道の方が登録者数が多いんですよね

それだけゼクシィが北海道でのPRに力を入れているという事かのかもしれませんね。という事は、今後も利用者は増えると思いますし、男女比がほぼ1対1のゼクシィならマッチングする確率も高くなるので、北海道で婚活するのであればゼクシィ縁結びは超おすすめです

※18歳未満の方は利用できません

コメント