アイメールの評判と使い方を解説

出会い系アプリ i-Mail(アイメール)として配信されている【アイメール】の審議会評価と口コミでの評判や登録者の感想、またサクラ情報などもまとめて紹介。

今回ご紹介する出会い系アプリ【アイメール】は少し特殊な出会い系で、信用すべきか非常に悩まされるところだ。結論から言うと、私は信用できなかったので登録すらしていない。なぜそういった判断に至ったのかという経緯を、検証結果を交えながら紹介していこうと思う。

インターネット異性紹介事業届出 あり??(受理番号:30120069000)
チャット料金 240円
サクラ 未検証ながらも口コミではサクラ情報が多数
運営会社と実態 株式会社クレジット
審議会コメント おすすめしない
実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

アイメールの実態

登録しなかった理由

本サイト「出会い系アプリ審議会」は、基本的に私が実際に登録した出会い系アプリを紹介しているのだが、今回は登録するに至らなかった。その理由は電話番号を登録しなくてはならなかったからなのだが、過去にいかがわしい出会い系に電話番号を登録して、迷惑電話が馬鹿みたいにかかってきたことがあるので、電話番号を登録するときにはかなり細かい事前調査を行うようにしている。

今回のアイメールでも電話番号登録があったので、いろいろと調べてみたのだが、あまりにも疑問に感じる事が多すぎたので、アイメールでの登録は見送ることにした

では何が問題だったのか?その主だった理由は以下の通り。

  1. 公安認可されているらしいが、公式HPにその記載・掲示が無い
  2. 認可出会い系なのに利用規約でおかしな記述がある
  3. 認可出会い系の割には料金がアホみたいに高い

本当に認可済みなのか?

アイメールのアプリをインストールすると、登録前にこのような表示が出てくる。

アイメールは国が認めた正式事業であり、警視庁と総務省に届け出をしているというのだ。そして下にスクロールしていくと、その認可番号が表示されている。

公安委員会 受理番号:30120069000
電気通信局 届出番号:A-23-12268

認可されている出会い系なのかと思ったが、あまり聞いたことが無い出会い系だったので、アプリではなく公式HPを確認してみる事にした。すると、PCから閲覧できる公式HPはあったものの、なぜか公式HPには上記のインターネット異性紹介事業と電気通信事業の届け出済みという情報が一切掲載されていないのだ

アプリにはこのように掲載しているのに、公式HPには掲載しないというのはあまりにも変な話ではないだろうか。他の出会い系アプリではこのようなおかしな事例は存在しない。違和感というか、ちょっとした不信感すら感じてしまう。

それにこの表示で1つ気になる点がある。それは「受理番号」となっている点。他の認可済み出会い系では「認可番号」と記載されているのだが、アイメールの場合は「受理番号」なのだ。

受理という言葉の意味を考えたときに、アイメールは届出をして、その届出は受理されたが、何らかの問題が生じて結局のところ認可はされなかったと捉える事も出来る

また、アプリを配信しているAppstoreにも「公安委員会届出済!正式な【出会い系】です!」と書かれているのだが、肝心の認可番号がAppstoreに掲載されていない。これも他の認可済み出会い系には見られない異例の事だ。

利用規約

次に利用規約に関してだが、通常、公安認可された出会い系には見られない規約条項がある。

本サービスは異性との出会いを斡旋・保証するものではありません。よって弊社は一切責任を負わないものとする。

このような条項は、異性紹介事業の届出をしていない詐欺出会い系に多いのだが、届出をしているはずのアイメールが利用規約にこのような記述をする必要がどこにあるのだろうか。

また利用規約に関して他にも気になる点がある。通常、利用規約には規約の制定日や改定日が表示されているものなのだが、アイメールの場合はそれが無い。更に言うと、規約の書き方もかなり変なので、どうしても違和感を感じてしまう。

運営会社

規約に制定日が無かったことで、アイメールのサービス開始時期が全く分からない。一応、公式HPにはコピーライトが2010年という表示になっているので、最低でも2010年から運営開始されていたものだと思われる。

料金

アイメールが本当に異性紹介事業として認可されていると仮定して、同様に認可されている出会い系サービスと比較しても、アイメールはあまりにも料金設定が高いのだ。

アイメールの料金システムは、チケットの購入という形になっており、このメールチケットは1,200円の課金で10枚入手できる。という事は、メールチケット1枚あたり120円という事になる。

という事は、相手にメッセージを送るには240円、メッセージを読むのにも240円、写真を見るには120円が必要という事になる。メッセージのやり取りは会話と同じでキャッチボールであり一方通行ではないので、会話を1往復するたびに480円もの料金が必要になるのだ。

誰がこんな馬鹿げた料金を支払うというのか。あまりにも馬鹿げている

口コミと評判

ここまで読めば、私が電話番号の登録を嫌がり、登録しなかった理由が十分すぎるほどわかると思うが、では実際に登録した利用者からはどのような評判なのか。

アイメールを実際に利用したと思われるユーザーの口コミがこちら。

こんなの毎日やってたら、ポイントにどれくらいお金がかかるか分からないよ(泣) (2011年8月10日)

サクラばかりで、お金の無駄遣いばかり。ある種の詐欺、こんなサイトを認めるappleは如何かしている。個人情報が完全無視、色んなサイトにアドレス漏れもれ!? (2011年11月13日)

アプリというかただの怪しいサイトでした。お金に余裕のある方はどうぞ。多分サクラの方に会えると思います。 (2013年4月7日)

業者ばっかやし、レビューに騙されたわ レビュー書いてんのも業者か!?しかも、有料やし (2013年5月5日)

他にもいろいろ書かれているが、どれも悲痛な叫びばかり。出会い系アプリとしてリリースされたタイミングが早かっただけに、騙されてしまう人も多かったのでしょう。

感想とまとめ

口コミを見ていても、アイメールが本当に公安認可を勝ち取っているのか益々疑問を感じる一方だ。最悪の場合は運営会社の管轄警察に電話確認しようかとも考えたが、それ以前にアイメールを使いたくなくなる要素があまりにも多すぎて断念。

法人登記がサービス提供開始よりもずっと後にされているというのもかなり気持ちが悪い。アイメールがサービス開始になった時点で、間違いなく出会い系サイト規制法は施行されていたはずなので、運営開始前に法人登記して公安に届け出をするべきだったのではないだろうか。それが遅れた理由は何だったのだろうか。

これからアイメールに登録しようとしている方は、これらの客観的事実をしっかり考慮した上で登録してほしい。

最後に、出会い系アプリ審議会としてはアイメールはおすすめしない。これまでに挙げた内容が全てを物語っていると思うが、何といっても致命的なのはメッセージを開くにも送るにも240円かかという点。1回の会話のキャッチボールに480円もかかる出会い系がどこにあるというのか。本当にばかげている。

しっかり異性紹介事業の認可確認が取れている他の出会い系アプリは、1回の会話のキャッチボールに50円しかかからないので、もし出会い系を探しているというのであれば、そういった安い出会い系を利用すべきだろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント