出会い系アプリで使われる隠語集と解説

出会い系アプリやマッチングアプリでは、純粋な出会いだけではなく様々な目的で利用されることがあります。代表的なもので言えば、援助交際やパパ活・ママ活、そして売春やデリ業者の闇営業などです。

当然、ほとんどの方が普通に恋活・婚活目的で利用していますが、こういった例外的な利用をする人のほとんどは隠語を使用して分かる人にしか分からないようにしています

そういった人たちを避けたい人にとっても、また積極的に利用したいと考えている人にとっても隠語を理解するというのは、出会い系アプリやマッチングアプリを利用する上で重要になってくると思いますので、よく使われる隠語を出来る限り分かりやすく解説していきたいと思います

 

出会い系における基礎知識と専門用語

隠語の前に、まずはこういった業界で使用される専門用語を、おさらいの意味も込めてまとめておきたいと思います。

こういった専門用語をしっかり理解していないと理解できない隠語も出てくるため、知っていて当然の用語ばかりながらも基本的にはチャットで使われるような用語ではないので、隠語集とは別項目としてご紹介しておきます。

サクラ 運営側の人間であり、ポイント消費目的(利益を上げるため)で一般会員を装いっている。会いたいと言いながら話を引き延ばしてくる場合はサクラの可能性大。
業者 他アプリ・サイトへの誘導を目的としており、誘導先で課金させるのが最終目標。他にも援デリ系の大本も業者と呼ぶことがある。
CB キャッシュバッカーの略称で、出会い系の中には男性にポイントを消費させると女性会員にポイントが付与されることがあり、ポイントが一定数貯まると現金に交換できるため、お小遣い稼ぎ目的で出会い系を利用している女性。
援デリ 未認可のデリバリーヘルスなど闇業者が援助交際を斡旋する違法な行為。出会い系を使って利用客を探しており、違法行為という認識が強いため隠語を多用する傾向が強い。隠語使用が多い場合は援デリの可能性大。
美人局 つつもたせ。女性と関係を持つ、もしくはホテルに女性と一緒に入ると男性が出てきて慰謝料名目で多額の金銭を要求してくる悪質行為。

最近は美人局被害を耳にすることは減りましたが、今なお一部出会い系アプリではキャッシュバッカーが多数いますし、サクラも業者も健在です。

特にアプリ選びに失敗すると、サクラと業者しかいない最悪の出会い系アプリなんてのもあるので、こういった悪質な詐欺行為に引っかからないように注意してください。

 

出会い系 隠語集(五十音順)

ひらがな漢字
苺(いちご) 1万5千円でどうですか?という意味。
主に売春や援デリで使用される。
縁(円) 援助交際のこと。本番OKだが当然お金がかかる。
大人の関係 パパ活で使用されることが多い隠語。ほとんどの場合、パパ活は体の関係はありませんが、稀に大人の関係と称して本番有りという条件で金額を釣り上げてくるケースがあります。
黄色 黄色アイコンのカカオトークアプリのこと。カカオで連絡とりましょうという意味。
ゴ有(蟻) ゴム使用であれば本番OKという意味。
緑アイコンのLINEアプリのこと。LINEを使って連絡しましょうという意味。
ホ別 指定した料金とは別にホテル代は支払ってくださいねという事。
「苺ホ別」などはホテル代とは別に1万5千円という意味。
アルファベット
LH Love Hotel(ラブホテル)の頭文字を取った略語。
P活 パパ活の隠語。Twitterなどで頻繁に使われています。
PJ パパ活女子の事で、パパ活仲間を探したいときに「PJも募集など」等の使い方をされることが多い。
NN Noskin Nakadashiの略語。ゴム無しで中出しもOKという意味。高額請求されたり美人局であるケースがあるため注意が必要。
NS No Skinの略語。生でもOKという場合に使われる。NNと同様に釣りに使われることも多々。
SF Sex Friendの略語。セフレ募集の際によく使われる。

この他にも、掲示板やアプリによって独特の隠語がありますが、昔から使われている定番の隠語はこのあたりだと思います。

こういった隠語を使うようなケースは、十中八九援助交際もしくは売春なので、犯罪行為であるという認識を持っていてほしいと思います。

特にピルなどを飲んでNNでもOKとアピールしてくる女性は、普通のゴム有りよりも高額であるケースがほとんどであり、飛びついてくる男性も多いため美人局に使われることも少なくありません。

犯罪行為である事を利用して、美人局で脅しお金をはぎ取ろうとしてくる輩も決してゼロではありませんので、くれぐれも注意してください。

女性がお小遣い稼ぎ目的で個人で活動している場合は、ピルなどを常用し毎回NNでやっている可能性が高いので、性病の確率が高くなります。

男性にとっては魅力的な条件だと思いますが、それ相応に危険が伴うという事も理解しておきましょう。

 

隠語使用の特徴と注意点

隠語に関しては、マッチングアプリよりも出会い系アプリで使用されるケースが多く、掲示板に書き込みをしているような女性アカウントは半分以上が援デリ絡みであり、中身は男性という事も珍しくありません。

掲示板にかなり卑猥な内容を投稿し、ひとまず男性を釣り、チャットに発展した後に交渉を開始します。その際に隠語を多用する相手は援デリだと判断しても良いかもしれませんね。

「苺ホ別」くらいであれば素人の女の子も使いますが、少し分かりにくいような隠語を使用してくる場合は注意が必要です。

せっかくお金を払うなら素人の方が良いですしね。

それに援デリ系は行政から認可をとれないようなかなり危険な組織であることが多く、万が一のことを考えると出来る限り援デリ系は避けたいところ。

また普通に恋活・婚活している人にとっては、こういった用語が出てきた時点で通報案件で問題ないと思いますので、プチ情報として頭に入れておくと良いかもしれませんね。

 

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント