ミントC!Jメールの評判と人気の秘密 キーワードは人妻!

出会い系の中でも最も古い歴史を持つ【ミントC!Jメール】が支持される理由と実際に使った感想、また利用者の口コミ評判やサクラ情報などをご紹介。またどのような利用目的の方におすすめ出来るかなど、Jメールの使い方に関しても紹介していきたいと思います。

Jメールで特筆すべきは、アダルト掲示板があるという事だけではなく、人妻専用の「人妻の誘惑」や変わった性癖の持ち主のための「アブノーマル」という板がある事でしょう。他の出会い系にはない特質な出会いが楽しめるとあって、Jメールの人気を支える人気コンテンツとなっています。実際に私もこれまでにかなりお世話になってます(笑)

Jメールは出会い系サイトとしては古く2000年から運営されており、2017年3月時点での会員数は600万人を超えているなど、出会い系サービス大手の1つと言えます。料金は事前にポイントを購入して利用する従量課金制で女性は完全無料。サービスはアプリ版とブラウザ版があり、創業当初から利用している中年層から、出会い系アプリとなって初めて登録した若年層まで、幅広い年齢層が利用している人気の出会い系アプリです。

※18歳未満のご登録・ご利用は禁止されています。

Jメールの紹介

ミントC!Jメールは、明記はされていないものの2017年で17周年を迎えているという事で、2000年にスタートした出会い系サイトなのだと予想されます。

大手出会い系の中では最年長ともいえるJメールですが、会員数は同時期にサービスを開始している出会い系の中ではやや少なめの600万人。様々な出会いのコンテンツがあるので会員の滞在率は非常に高いというのが1つの特徴です。

またその信頼度は高く、電話とメールによる24時間のサポート体制や、各種認可を受けているなど、出会い系としては確固たる地位を獲得しているおすすめの出会い系アプリです。

有限会社エムアイシー総合企画
福岡市中央区警固2丁目18-5
インターネット異性紹介事業届出:認定番号 90080006000
電気通信事業者 届出番号 H-15-763
JAPHIC(ジャフィック)マーク取得:認定番号 1409400009(02)

Jメールは出会い系として必要な届出(異性紹介事業・電気通信事業)をしているだけではなく、ジャフィックという第三者機関から個人情報の取り扱いに関して優秀だという認定を受けています。

出会い系アプリの中でも、このジャフィックの認定を受けているサービスはごくごく一部なので、信用という意味では十分すぎる内容でしょう。

運営会社に関しては、現在では残存数が減ってきている有限会社ですが、逆に言えばそれだけ長く存続している企業という事なので、それを考えれば特に怪しむ必要もないでしょう。

アプリのダウンロードについて

ミントC!Jメールのアプリ版は、iOS版アプリは通常通りAppStoreで配信されていますが、Android版アプリはGooglePlayで配信は行われていません。

理由としてはアダルトコンテンツを含むアプリであるという事が考えられますが、運営がGoogplayの配信規定に対応させるのが面倒だったという可能性もなくはないですw

Androidアプリに関してはJメールの公式サイトでしか配信がされていないので、上のボタンから公式サイトに飛んでダウンロードを行いましょう。Googleplayで配信されていないからと言って危険なアプリと言うわけではありませんのでご安心ください。

ダウンロード手順は以下の通り
  1. ブラウザメニューで「PC版サイトをリクエスト」
  2. 画面右側に「DOWNLOAD for Android」というボタンをタップ
  3. ダウンロード専用ページに飛ぶので、手順に従ってインストールする

Jメールの取り扱いコンテンツがGooglePlayの規約に抵触しているため配信が行えないだけであって、アプリ自体に全く害はありません。

ちなみにAndroidアプリの場合は、GooglePlay以外で配信されているアプリをインストールすると「身元不明のアプリ」という警告が出る可能性がありますが、これをインストールしたからとスマホに悪影響が出るわけではないので、手順に沿ってインストールを進めましょう。

もしどうしても気になるという場合は、ブラウザ版でそのまま登録して利用した方が良いでしょうね。むしろアプリ版は一部コンテンツが制限されているので、ブラウザ版で利用する方がおすすめです!

アプリとブラウザで異なる登録方法

Jメールに登録する際は、アプリ版とブラウザ版で登録方法が異なっています。

どちらも簡単に登録することが出来ますが、ブラウザ版ではニックネームなどの他にメールアドレスの認証が必要となります。

登録画面で入力したメールアドレスに認証メールが送られてくるので、メール本文に貼付されているURLをクリックして認証が完了すれば、すぐにログイン出来るようになります。

アプリ版の場合は、メアドの登録を必要とせず、簡単なプロフィールを設定するだけで簡単に登録できます。

もしこれから登録しようと考えているのであればアプリ版の【Jメール】で登録する方がおすすめかもしれませんが、アプリ版を利用するのであれば純粋な恋活・婚活に限定されるので注意しましょう。

ちなみに、アプリ版で登録した後にブラウザ版を利用したいというときは、アプリでメールアドレスの登録をすればブラウザ版でもログインできるようになります。

とはいっても、結局ブラウザ版の登録手順を踏むことになるだけなので、最初からブラウザ版での会員登録がおすすめです

多目的な掲示板が用意されているマッチングシステム

アプリ版では最近の出会い系らしいインターフェイスになっていますが、PCのブラウザ版は未だガラケー時代の仕様になっており、歴史の長さに反して会員数が思ったほど伸びていない背景にはこのような影響があるものだと思われます。

しかしスマホのブラウザ版はデザインも刷新されており、これらの利用方法の中では一番使いやすいので、Jメールを利用するのであればスマホブラウザ版での利用が一番のおすすめです!

出会い系アプリにおいては、10年以上の歴史を持つ大手出会い系はどれも皆同じようなシステムとなっています。異性と出会いたいと考えたときに利用するマッチング機能は大きく分けると「掲示板」と「プロフ検索」の2パターンとなります。

プロフ検索

いわゆる普通の検索で、この検索を利用するのであればアプリ版が一番おすすめです。

スマホとPCのブラウザ版は下の画像のような感じになっており、2018年となった現在では時代錯誤感が半端なく、もはや目も当てられない状態(笑)

しかしアプリ版になると、今どきの出会い系アプリらしい検索になっているので、中身のデータは同じながらもビジュアル的にはアプリ版の方が使いやすいと思います。

画面右上の「絞込み」を押せば、条件の絞り込みも可能な他、少し前まではかなった「つぶやき」というタイムラインのような機能も実装されています。

Jメールを利用するユーザーであれば真面目な恋活・婚活が目的で利用するという方は少ないと思いますが、もし恋活・婚活が目的であればアプリ版の方が断然おすすめです!

アプリ版:3つの掲示板

まずアプリ版の掲示板ですが、ここでは3つのカテゴリが用意されています。

  • メル友・ピュア恋
  • 今から遊ぼ
  • ミドルエイジ

デフォルトだと「メル友・ピュア恋」に設定されているので、掲示板画面の左上の「絞込み」から「カテゴリ」を選択すると、掲示板カテゴリの変更が可能です。

試しに「今から遊ぼ」にしてみましたが、全国的に見ても平日だと数件しか投稿されていないようですね。ただし週末になると優に10件を超える投稿があったので、やはり狙うなら週末でしょう。

アプリ版の場合はある程度限定的な利用しか出来ないので、純愛以外であればブラウザ版からの利用が一番効率的だと思います。

ブラウザ版:3つの掲示板

ブラウザ版の掲示板は「ピュア掲示板」「アダルト掲示板」「誘い飯掲示板」と3つに分けられており、Jメールにおいてはこの掲示板を利用して出会いを探している会員が多いはずです。

実際、私はJメールでプロフ検索なんてものは一度も使ったことがありません(笑)

また各掲示板を選択した後も、掲示板に応じたカテゴリが用意されているので、アプリ版よりもかなり使い勝手が良いはずです。

ちなみにこれは誘い飯掲示板で、表示されているのは男性が投稿した誘い飯。

平日にも関わらずかなりの投稿があり、やはりブラウザ版の方が活発に利用されているという事が分かります。

表示されているアイコンは投稿の度に選択することが可能で、この画像で何を食べたいのか、どういったお店にいたいのかという事が視覚で認識できるようになっています。これはちょっとありがたい。

掲示板は頻繁に更新されるので様々な書き込みがありますが、実際に見ていると”業者の釣りか?“と疑問に感じる書き込みもちらほら見受けられるので、もし利用数のであればくれぐれも用心して利用してください。

また、アプリから実際に登録すればわかりますが、アプリ版から登録する場合はメアドの登録なども不要で、アカウント作成が驚くほど簡単になっています。

そのため、これを利用した業者系アカウントもちらほらと存在しているようなので、特に男性は相手を選ぶ際は十分に気を付けましょう。

顔写真すら登録していないタイミングでも、女性の足あとが付いたりメッセージが送られてきたりするので正直鬱陶しいです。

これまでに利用してきた大手出会い系と比べても、登録直後の動きは最も活発だったので、やはり業者の数が多いのでしょう。(Jメールではセフレやその日限りの相手を探している人が多いので、そんな現状を把握している援デリなどの業者がかなり紛れ込んでいます)

ちなみに先ほどのスクショ画像はスマホでブラウザ版を開いたときに表示される画面で、かなり見やすく整理されていますが、PCからログインした場合は時代錯誤のUIが表示されます(下の画像がPCブラウザ版)。さすがにこのレベルではPCからの利用はおすすめ出来ないですね。

恐らくガラケー時代から何一つ手が加えられていないものだと思われます。

Jメールレベルであればかなり稼いでいるのは間違いないので、それをユーザーに還元しようというサービス精神が見られないのは残念かな。

ただし、先ほどもご紹介したようにアプリ版やスマホブラウザ版は見やすく使いやすいデザインになっているので、アプリ版・スマホブラウザ版であれば十分おすすめ出来るレベルでしょう。

全体的には非常にシンプルなメニュー構成になっているので、初めて利用するという場合でもどのメニューを選べば良いのか分かりやすいはずです。

ただし、ブラウザ版で人気の「アダルト掲示板」がアプリ版では削除されているので、アダルト系の出会いを探しているという会員にとっては残念な仕様となっています。

まとめると、アプリ版はリリースされてはいるものの、Jメールで掲示板利用を利用するのであれば間違いなくスマホのブラウザ版がおすすめ!という感じです。

機能も充実しているし、大人関係の募集であれば他の出会い系アプリよりも比較的簡単に探すことができるはず

料金システム

ミントC!Jメールにおいては、その他の大手出会い系と比べるとやや高い料金体系になっています。

コンテンツ利用 消費ポイント(男性のみ)※1pt=10円
メール送信 7pt
プロフィール閲覧 0~1pt
掲示板閲覧 1~3pt
画像閲覧 3pt
動画閲覧 5pt
メッセージ投稿 0~5pt

従量課金制を採用している大手出会い系の中では、メッセージ送信が70円相当とやや高い料金設定(メッセージ送信50円というのが一般的)。

女性は無料なので何も気にすることはありませんが、男性にとってはこの20円の差が結構大きいので、男性会員は少し考えてしまうところかもしれませんね。

例えば『PCMAX』であればメール送信は50円。特定の相手とのやり取りが10回続いた時に200円の差が生まれると考えると、ちょっと高いと感じてしまう方もいるかもしれませんね。

恐らくこういった料金の差が、PCMAXやハッピーメールが累計会員数1,000万人越えを果たしているのに対し、Jメールは600万人とやや少ない会員数になっている原因かと思います。

ただし、Jメールには人妻狙いやアダルト狙いの掲示板があるので、それを考えるとプラス20円なりの付加価値はあるはずです。またJメールを利用する多くの人はこういったアダルトコンテンツを目的としているので、もしセフレや大人の関係を築ける相手を探したいのであれば、Jメール一択でも良いかもしれません。

他の大手出会い系にも同様のアダルト掲示板は存在しますが、大人の遊び目的の相手にターゲットを絞りたい場合は少し高くてもJメールを使った方が手っ取り早いというのが、私がこれまでに出会い系を利用してきた上での率直な感想です。

年齢確認

出会い系サイト規制法によって、出会い系は18歳未満の利用が禁止されており、また運営会社には利用者の年齢確認も義務付けられています。

これは未成年保護のためなので、年齢確認があるから正規の出会い系を利用しないというような大人らしからぬことはしないでほしいですが、一般的には年齢確認がある出会い系でもある程度のサービスは年齢確認前に利用できるようになっています。

しかしJメールでは、年齢確認後でなければ足あとも確認できませんし、メールを開く事が出来ません。そういった点では、法律順守をモットーとしている非常にしっかりした出会い系アプリだと言えるでしょう。

サクラと業者

Jメールの口コミでも書かれまくっているサクラについてですが、断言できるのはJメールにサクラはいないという事。

そもそも公安委員会に届出をして公安の監視下にあるインターネットサービスなので、サクラを使うようなシステムは導入できませんので、インターネット異性紹介事業に届けている以上いないと考えるのが妥当でしょう

とある大手出会い系はサクラ(チャットレディ)募集の広告を発見されてしまい、かなり叩かれた挙句、全く別件ではあるものの取締役が逮捕されるなどかなりヤバい事になった会社もあるので、それを考えるとJメールは健全な出会い系アプリという印象です。

ただし既述しているように、Jメールは女性無料でメアドや電話番号なしで簡単登録が出来るので、業者がかなり多いイメージを持たれているようですし、実際に利用していても業者が多いという実感もあります。

しかし年齢確認の項目でご紹介したように、年齢確認をしないとメッセージ送信や足あと確認が出来ないなど、かなり厳しい設定になっていますので、出来る限り業者の排除は試みているという感じですね。それだけに業者は少ないと信じたいですが、掲示板にはちょっと怪しい書き込みも見受けられる(話が旨すぎる内容が多い)のでその辺は自己責任で判断してほしいと思います。

退会

ブラウザ版の場合、メインメニュー画面を一番下にスクロールすると「ヘルプ/お問い合わせ」というメニューがあるので、そこから「退会」を選択すれば簡単に退会が可能です。

アプリ版の場合は、ホーム画面で画面右上の「設定」で「退会」というメニューが一番下に表示されているので、そこから退会するようにしましょう。

Jメールの総括

利用者の口コミと評判

Jメールの口コミを見ていると、他の大手出会い系のように「サクラだらけ」といった内容が目立つわけではありませんが、かなり気になる口コミもあります。

サクラはいないと思うけど、女性会員には男性とメールすることでポイントが貯まり現金に換えることが出来るキャッシュバック制度がある

このキャッシュバックを目的とした利用をしている女性会員がいるという事らしい。

男女比率で考えるとJメールは女性が多いようなのでちょっと変だなとは思っていましたが、このキャッシュバックを目的とした女性会員が多いというのが一番の理由なのかもしれません。

これはJメールに限ったことではありませんが、出会い系でお金を落とすのは男性なので、出会い系においてはどれだけ女性を集められるかというのが肝となってきます。

キャッシュバックは女性を集めるための1つの餌なので、男性からすれば納得できないこともありますが、逆に言えばサクラでも業者でもない生身の女性が間違いなくいると頭を切り替えて、頑張って会えるように仕向けるしかなさそうですね。

チャット料金たけーよ

他で目立ったのがこれ。

大手出会い系アプリ運営業者が横並びで設定しているメール送信50円という設定から、Jメールだけは少し飛び出した70円という設定になっているので、確かに同じように使っているとどうしても他社よりも早くポイントが減っていってしい高いと感じる事もあるかもしれません。

もしJメールを気に入っているという事ならば割り切るしかないのでしょうが、個人的にはJメールを利用するのであれば人妻掲示板やアダルト掲示板がおすすめなので、もしそれらを利用するのであれば付加価値だと思って70円を納得するしかないでしょうね。

Twitterでの反応

最新のトレンドを知りたいのであればTwitterを利用するのが一番手っ取り早いと思いますが、Twitterは20代の利用者が多いせいかあまりまともなつぶやきがないんですよね。

Jメールに関連するつぶやきの多くが広告がらみで、その多くがアダルトな内容の投稿となっています。という事は、やはりアダルトな目的、セフレなどを探す際に多用されているという事なんでしょう。

最近は、月額定額のマッチングアプリでもナンパ目的で利用している人が多いようですが、マッチングアプリでは真面目な情勢が多くヤリモク認定されてTwitterで晒されるという事も多々あるので、変に波風を立てたくないのであれば、双方同意の元で出会えるJメールなどの出会い系アプリが一番確実で安全だと思います。

Twitterで晒された日には、目も当てられなくなりますからね(汗)

これはTwitterに投稿されていた内容ですが、このつぶやきは出会い系アプリを利用する上で非常に参考になると思います。

10年以上大手サイトを使っています。ヤリたいだけならお金を払えば大丈夫です。素人とそれで生活する人と援デリがいますので見分けが注意です。 タダでやりたいなら普通に出会いを探している人へアポをとって時間を少しかけてください。

私も出会い系アプリでその日限りの相手を探したことは何度もありますし、何度も女性とホテルに行きましたが、中にはお金を提示している人もいます。

どうしようもない時はそういった相手をコンタクトをとる時もありますが、実際に会った女性の話を聞いているとこの方のつぶやきにあるように素人がお小遣い稼ぎでやっているパターンと、業者が暇を持て余した女の子を派遣するパターンがあるようです。

前者は素人なのでそれなりに楽しめますが、後者は仕事が絡んでいるので楽しめないパターンが多いようです。

私は業者がらみの女性に遭遇したことがないので何とも言えませんが、基本的に業者の場合は何度も同じ内容を投稿しているので非常に分かりやすいと思います

そもそも素人が暇つぶしやお小遣い稼ぎでやっているのであれば、そんなに何度も同じような投稿をする暇はないですからね。

「これ大丈夫かな?」と不安に感じる場合は、同掲示板で過去1週間にその女性が何度投稿しているかといった事を確認すると良いかもしれません。

業者は大抵いくつかのアカウントを複数使っているのですが、結局似たような投稿がいくつも続いているので、そういった女性を消去法で省いていけばまともな女性にたどり着きやすいはずです。

感想とまとめ

ミントC!Jメールは大手出会い系の中では老舗ながらも、広告規模や運営会社の規模を考えるとどうしても中堅扱いとなってしまいます。

実際、会員数も老舗の割には伸びていないので仕方がないでしょう。

ただ一概に会員数で判断することは難しく、出会い系によっては業者が複数アカウントを作成しているから累計会員数が増えていっているだけという、何ともバカバカしいカラクリのところもあります。

そういった意味では、他の大手出会い系アプリよりも業者排除の意識が高く、それに対処できる仕組み(年齢確認をしないとチャットが出来ない)を持っているという事だけなのかもしれません。

またPC版のユーザーインターフェイスが少し古いので、利用するのであればPCを所有していたとしてもスマホからの利用がおすすめです。

Jメールは決して今どきの若者向けという訳ではありませんが、やはりJメールの最大の魅力は特質な掲示板にあります。

他の大手出会い系において人妻専用の掲示板というのはないので、それを考えれば人妻好きには最高の出会い系サービスでしょう。

しかし、2016年あたりから不倫は許すまじ!的な風潮が強まってきているので、万が一があった場合は自己責任で処理するように!

※18歳未満のご登録・ご利用は禁止されています。

コメント