【華恋 -karen-】ビデオチャット評価と使ってみた感想

スマホ専用のビデオチャットアプリ【華恋】の評価と使ってみた感想、また詳しい料金体系や華恋のシステムを解説したいと思います。

上の画像にもあるように華恋は”非出会い系アプリ“であり、華恋に登録している女性と出会う事は原則的に禁止されており、男性が料金を支払ってスマホのビデオ通話を使って女性と会話するためのオンラインサービスです。

出会い系アプリやマッチングアプリとは本質的に異なるので、その点にだけ注意してください。

 

 

おすすめのビデオチャットアプリを一挙ご紹介!
ビデオチャットアプリランキング

 

華恋の評価とサービスの概要

華恋はスマホで楽しむビデオ通話アプリで、華恋に登録している女性たちは全員「チャットレディ」と呼ばれます。

彼女たちはいわばネット上のキャバ嬢のようなもので、お仕事として男性とビデオ通話をしているので、出会いを求めて登録しているというわけではないという事をしっかり理解しておきましょう。

このビデオチャットアプリの性質を勘違いしていなければ、またお金に余裕があるのであれば男性にとっては非常に楽しいアプリになると思います。

ビデオチャットアプリを出会い系アプリと勘違いして登録する人も多く、口コミが荒れることが多いですが、元からそういう性質のアプリであるという事を理解しておきましょう。

 

ビデオチャットアプリの特徴

華恋のようなビデオチャットアプリには2パターンあります。

1つはPCブラウザ専用のライブチャットがアプリ化されたもの
そしてもう1つがスマホ専用のビデオチャットアプリ

前者のライブチャットアプリは1人の女性に対して複数の男性が接続して会話をするタイプで、女性の顔は見れますが、逆に女性側は男性の顔を見ることは出来ません。

しかし後者のビデオチャットアプリは、双方向のビデオ通話なのでお互いに顔を見れる上に、女性と独占的にビデオ通話を楽しめるというメリットがあります。

前者のライブチャットアプリにも他の男性をシャットアウトして1対1で会話する機能はありますが、料金が高く設定されている上に、人気チャットレディはなかなかマンツーに持っていけないため、がっつりビデオ通話を楽しみたければ後者のビデオチャットアプリの方が個人的にはおすすめです。

ただし、ライブチャットアプリはサービスの規模が大きいため女性の登録者も多いのですが、スマホ専用のビデオチャットアプリはライブチャットと比べるとサービスの規模が小さいので、チャットレディの数が少なく、質も低いというデメリットがあります。

ちなみに今回の華恋は後者のスマホ専用ビデオチャットアプリなので、チャットレディと1対1で楽しく会話が出来ます。

 

華恋の料金システム

ビデオチャットアプリはいくつもありますが、アプリによって料金システムが大きく異なりますので、まずは華恋が安いのか高いのかについて触れていきたいと思います。

華恋は事前にポイントを購入して、所有しているポイントの範囲内でサービスを利用する前払い制のオンラインサービスです。

ポイントレートは「1pt=1.4~1.6円」で、まとめ購入の額が大きければ大きいほどレートが下がるようになっていますが、ここでは便宜上、中間値となる「1pt=1.5円」として計算しています

コンテンツ利用 消費ポイント 円計算
メッセージ送信 80pt 120円
添付画像閲覧 50pt 75円
添付画像閲覧 100pt 150円
音声通話 230pt/分 345円/分
ビデオ通話 250pt/分 375円/分

メッセージ送信についてはビデオチャットアプリの相場は50円から120円程度なので、かなり高い部類に入ると言って良いと思います。

更に音声通話とビデオ通話についても高めの設定になっているので、料金設定は全体的に高いと言って良いでしょう。

特に音声通話に関しては、ビデオ通話とほとんど変わりがなく、音声通話を利用するメリットを感じることが出来ません。

他のビデオチャットアプリをたくさん見てきましたが、これはちょっと高すぎるかなぁ。

 

華恋のシステムと使い方

華恋では検索一覧に表示されるチャットレディが現在オンラインなのかオフラインなのかという事が一目で確認できるようになっており、「今すぐ通話」が出来るチャットレディだけを表示できるようになっているので、非常に使いやすいと思います。

料金が高いだけあって全体的に綺麗な女性が目立ち、年齢層は20代後半から30代前半が多いようですね

また「逆ナン待ち」というボタンが用意されており、チャットレディたちの画面上であなたのプロフィールが優先的に表示される機能もあります。

逆ナン待ちに設定するとチャットレディ側から音声通話やビデオ通話をかけることが可能になるようで、もし受信した通話に出てしまうとその時点でお金が発生するのでくれぐれも注意しましょう。

 

華恋にサクラはいるのか?

ビデオチャットアプリとはいえ、中には怪しい動きをするアプリも存在します。

では華恋はどうかというと・・・

華恋に登録して10分後にこのありさまですw

とはいえ、華恋はビデオチャットアプリなのでチャットレディの方から積極的にアプローチしてくるという事は多々あるのですが、華恋の場合は登録後2秒でメッセージが届いていたので、さすがに不自然だなとは思います。

また送られてくるメッセージの内容も今から話そう的なものではなく、体の関係をにおわすようなものが多く、ビデオチャットアプリの割にはかなり過激だなと。

 

華恋の運営会社について

これはビデオチャットアプリ全体に言える事ですが、出会い系アプリやマッチングアプリと比べると運営会社の情報がかなりうやむやになっている事が多く、どこの誰が、どこの企業が運営しているのかということがほとんど分かりません。

華恋も同様で、上の画像を見てもらえれば分かるように番組名と代表者名が記載されているだけで、運営会社の実態が全く見えてきません。

最近はネットでお金を使う事に抵抗がない人が増えてきていますが、そもそも相手が誰なのか、そして本当に実態がある会社なのかを確認することは非常に重要な事であり、詐欺に騙されないための重要な確認事項の1つなので、運営に関してはどのようなサービスでもしっかり確認するようにしましょう。

 

華恋の感想まとめ

華恋は他のスマホ専用のビデオチャットアプリと比べるとインターフェイスが整理されており、機能的にも非常に使いやすいビデオチャットアプリといった印象でした。

登録しているチャットレディには綺麗な女性が多く、男性にとっては非常に魅力的に見える事だと思いますが、料金的にはかなり高く設定されており気になる点もいくつかあります。

具体的なコンセプトが書かれていないので何とも言えませんが、華恋を見た限りではアダルト系のビデオチャットアプリなのかなと思っています

ビデオチャットアプリにはアダルト系とノンアダルト系があり、ノンアダルト系は普通に会話するだけですが、アダルト系はビデオカメラ越しにえっちなソロプレイをしてくれたり、その他様々な要望に応えてくれるといったサービスです。

それであれば女性たちのエッチなお誘いにも合点がいきますし、料金が高いのも納得できます。

またアダルト系のビデオチャットアプリは、女性が過激なサービスをしてしまい、利用者から通報がいくとアプリがBANされたり、公安委員会からの調査が入ったりするので、運営会社の情報をクローズにしているという可能性もゼロではありません。

決して正統派のビデオチャットアプリとは言えませんが、アダルトな空気を楽しみたい方にはうってつけのビデオチャットアプリなのかもしれませんね。

 

 

コメント