【キララ】過去最低レベルのアプリ!感想と評価

ビデオチャットアプリ【キララ】の評価・感想レビュー

最近はビデオチャットアプリの数も増えてきており、目にする機会が増えたという方もいると思うが、今回ご紹介するキララはその中でも特別最悪なビデオチャットアプリかもしれない。

有料なのに運営会社の表記は無いし、課金内容も滅茶苦茶、ダメ押しは女性からのメッセージの嵐。流石にこれはないわぁと思えるレベルで酷い。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

キララの実態

対応OS iOS
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 約123円/通
サクラ いるかもね
運営会社と実態 偽名での登録のため実態がつかめず
審議会コメント ビデオチャットアプリの中でも最低ランク

サクラとチャットレディ

これまでにいくつものビデオチャットアプリをレビューしてきたが、レビューの度にサクラとチャットレディの違いを解説してきた。ビデオチャットアプリはビデオ通話で顔を見ながら対話するサービスなので、サクラの利用は難しいという観点からだ。

しかし今回のキララではサクラを疑ってしまうレベルでメッセージが送られてくるため、もしかするとやばいビデオチャットアプリなのかもしれないという雰囲気がある。

画面の右側に表示されている受信時間を見てもらえれば分かるが、ここに表示されている6人は全員3分以内にメッセージを送ってきている。私がキララに登録して3分しか経過していないので、登録直後からメッセージが送られてきているという事になる。

ビデオチャットアプリにおいては女性はチャットレディという立場で、男性たちを喜ばせてナンボというか、男性にお金を使わせてナンボのお仕事なので女性から積極的にメッセージが送られてくることはよくある事なのだが、ビデオチャットアプリでここまでの数のメッセージを登録直後に受信したのはさすがに初めての経験だ。

ちなみに私が登録したのは朝9時過ぎであり、決してビデオ通話が盛んになる時間帯ではない。そんな時間に新規登録者を監視している女性がこんなにもいるものだろうか?

先ほどの画像はキララに登録して3分後の状況だが、30分経過するとメッセージの件数は14件になっていた。さすがにやりすぎなのではないだろうか。

運営会社不明

ビデオチャットアプリは有料サービスのため、特定商取引法の取り決めにより運営会社情報の掲載は必要不可欠なのだが、キララではかなり適当な掲載内容になっている。

運営事業者の掲載がなく、掲載されているのは代表者のみ。しかも掲載されている住所も「大阪府大阪市鶴見区放出東1」と中途半端な掲載になっており、連絡先の記載もない。完全に特定商取引法に違反した格好だ

もし運営者が「HAYASHI KENYU」という個人だったとしても、この表記の仕方は間違いなくまずいだろう。

ビデオチャットアプリは利用者の監視のみならず、チャットレディの管理や報酬の支払いなど様々な業務があるため個人でやる事はまず不可能だ。どんなに小規模なビデオチャットアプリでも最低5人の運営スタッフが必要であり、それなりの資金も必要になるため法人以外の運営は危険だと覚えておいた方が良いかもしれない。

サービス概要

キララはビデオチャットアプリとしてはごくごくありふれたサービスだ。

利用の流れは検索画面で女性チャットレディを探し、気になるチャットレディにメッセージを送るか、音声通話もしくはビデオ通話を試みるだけとなっている。

チャットレディによって「音声OK」や「ビデオOK」と書かれているので、視覚的にも分かりやすくはなっているが、ビデオチャットアプリとして最低限の機能しか備わっておらず、キララ独自の機能というものが一切見当たらない

こうなってくると、チャットレディのレベルの高さや料金の安さなどが人気に大きく左右してくると思うが、キララに登録しているチャットレディが他のビデオチャットアプリよりもレベルが高いという事は無く、料金もおすすめ出来るようなレベルではない

料金システム

冒頭で少し触れているが、キララの課金内容にちょっとした違和感を感じている。

これはキララのポイント購入画面。どの金額で購入しても「1ptsあたり1.54円」のポイントレートになっているのだが、唯一3,000円の購入時のみ「1ptsあたり0.92円」になっている。

というか、3,000円購入時と5,000円購入時の獲得ポイントが3,250ptsで横並びになっている時点でかなりおかしい。どう見ても3,000円購入がお得なのだが、画面上部には5,000円以上のコースがおすすめと書かれている。

運営はアホなのか?w

恐らく3,000円購入時のオマケポイントを間違って計算してしまったのだろうが、そのミスにすら気付かずそのまま掲載している。運営としてのレベルの低さがうかがい知れる状況だろう。

利用料金をまとめると以下のようになるのだが、ビデオチャットアプリ全体で考えたときに決して安いとは言えない料金設定だ。

コンテンツ 消費ポイント 円(1pts=1.54円)
メール送信 80pt/通 123円/通
画像添付メール送信 100pt/通 154円/通
動画添付メール送信 150pt/通 231円/通
メール添付画像閲覧 50pt/回 77円/回
メール添付動画閲覧 100pt/回 154円/回
音声通話 230pt/分 354円/分

驚くべきはビデオチャットアプリのメインコンテンツともいえるビデオ通話の価格が表示されていない事だ。これではビデオ通話を利用するのがあまりにも怖すぎる。しかも音声通話が恐ろしく高額設定になっているので、ビデオ通話はもっと高額である可能性が高い。

ちなみに、他のビデオチャットアプリをこれまでにレビューしてきた経験から言うと、料金相場は音声通話で225円/分、ビデオ通話で300円/分くらいだ。キララにおいては既に音声通話の時点でビデオ通話相場を上回っており、ビデオチャットアプリとしては致命的ともいえるレベルの高額設定になっている。

運営会社も不明だし、決して安心して利用できるようなビデオチャットアプリではない上にこの料金設定。絶対に利用しないほうが良いだろう。

口コミと評判

キララはリリースから間もないビデオチャットアプリだが、Appstoreでは口コミ件数が驚くほど伸びている。

既述しているようにキララは不透明な部分が多く利用料金も高額なのでビデオチャットアプリとしては間違いなく底辺なのだが、なぜか口コミでは絶賛されまくっている。

135件の評価が付けられておりその平均評価は「4.6点」。キララのサービス内容では絶対にありえない評価だ。

運営会社のやり口を見る限り、これらは運営による自演と考えるのが妥当かもしれない。

キララ感想まとめ

冒頭でも書いたように、キララはビデオチャットアプリの中でも間違いなく最低レベルのゴミアプリだ。運営がやるべき事をやっていないのだから当然の評価と言って良い。

その反面、利用者(男性)には相場を逸脱した高額な利用料金を要求しており、その料金紹介も適当だ。課金にしても表記されている内容が本当かどうか怪しい。

これまでビデオチャットアプリをいくつもレビューしてきたが、その中でも間違いなく最底辺のビデオチャットアプリと断言して良いだろう。

もしチャットレディと楽しく会話するのが好きで、ビデオチャットアプリにはまっているという事であれば、他のビデオチャットアプリを探した方が良いかもしれない。というかそうするべきだろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント