【高知県で出会う方法】おすすめ出会い系マッチングアプリ7選

高知県にお住まいの方で、どうやったら異性と出会えるのか迷っている方、また出会い系マッチングアプリに辿り着いたけど、どんなアプリを使えば良いか分からず困っているという方のために、高知県で人気のあるおすすめの出会い系マッチングアプリをご紹介したいと思います

 

高知県民に合ったマッチングアプリをご紹介したいと思い、「高知県の恋愛事情と高知の各データ」を調べてみたのですが、実は調べれば調べるほどネガティブな情報ばかりが出てきてしまいます。

 

それだけ高知県で出会いを探すのが難しいという事なのですが、当然ネガティブな情報だけをご紹介するだけではなく、しっかり解決策も提示していますので最後まで読み進みてもらえれば幸いです。

 

高知県の地域性と特徴

現在、出会い系アプリやマッチングアプリの数も増えてきており、「これを使っていれば万事OK」という万能型のアプリというものは存在しません。

恋人が欲しいだけなのか、結婚を見据えた婚活をしたいのか、それとも飲み友達やセフレが欲しいだけなのか、その目的によって選ぶアプリは全く異なるものになります

高知県ならではの地域性や特徴を考慮し、これまでに500以上の出会い系アプリを利用してきた経験とデータを基に、おすすめの出会い系マッチングアプリをご紹介したいと思いますが、それにはまず高知県の地域性と特徴を知る必要があります。

高知県在住の方にとっては「知っちゅうわい」と言いたくなる内容かもしれませんが、”なぜこのアプリがおすすめなのか?“という根拠を示すための情報でもありますので、流し読みでも構いませんので、頭の片隅に入れて頂ければと思います。

 

高知県と言えば…

あくまで個人的な意見ですが、私の中で高知県と言えば「土佐藩」であり「坂本竜馬」です。恐らくほとんどの方が私と同じなのではないでしょうか。

実際、以前実施されたGooランキング「高知県といえば」でも、坂本竜馬が1位を獲得しています。

1位から、坂本竜馬・かつお・四万十川。4位以下は土佐犬・よさこい祭り・室戸岬がならんでいました。

坂本竜馬があまりにも有名過ぎるという事もありますが、「〇〇県といえば」で1位に人物名が挙がるのはかなり稀な事で、それくらい他県から見たときに高知県という土地の印象は薄いという見方も出来ます

これには地理的な問題も絡んでいます。四国の玄関ともいえる瀬戸大橋から一番離れた場所にあるのが高知県であり、遠方から四国に遊びに行く場合に高知は後回しになってしまうからです。

また観光資源も全国的に見て少なく、財政力指数番付でも下から2番目という状況です。

こうなってくると心配なのが人口減少の問題です。厳密に言えば若者の高知県離れと言って良いでしょう。

全国的に見ても、財政力が低い都道府県は人口減少の傾向にあり、特に若者にとって転換期となる18歳と22歳の人口減少は著しい状況です

 

高知県は人口数45位

45位という事は、47都道府県の下から3番目という事です。それだけ高知県の人口数は少ないんです。

下を見ると46位島根県、47位鳥取県が並んでいますが、平成28年と平成29年の人口数を比較した時、最も人口が減っているのは実は高知県というデータがあります。

平成28年 平成29年 減少数
45位 高知県 720,529 713,170 ▲7,359人
46位 島根県 689,817 684,668 ▲5,149人
47位 鳥取県 569,579 565,233 ▲4,346人

この中で最も人口が多いのは高知県なので、一様に減少していると考えると減少数が大きくなるのは高知県であるのは当然の事ですが、パーセンテージで見た時も減少率が最も高いのは高知県なんです。

ちなみに平成30年度の調査によると、高知県の人口は「705,880人」で前年比で7千人以上減少しています。

このままいけば、いずれ島根県を抜き46位に転落する可能性があるという事です。

出会い系マッチングアプリと全然関係のない話のようにも聞こえますが、人口が減ればそれだけ人口密度も下がり、近場で出会う確率も落ちていきます。

恋人が欲しい、結婚したいと考えている方々にとって、これはかなり大きな問題なんです。

 

未婚率も高い高知県

先ほど高知県は人口減少の一途をたどっているとお話ししましたが、実はこれ以上にまずい問題を高知県は抱えています。

それは、未婚率が高すぎるという問題です。

ちょっとショッキングかもしれませんが、これは確かなデータです。

男性の生涯未婚率 全国9位 24.82%

女性の生涯未婚率 全国4位 16.48%

30歳の未婚率  全国6位 29.86%

生涯未婚率は50歳までに一度も結婚したことがない人の割合で、30歳未婚率は30歳時点でどれだけ未婚の人がいるかという割合です。

他の未婚率ランキング上位都道府県を見ると、東京都など人口が多い都道府県が名を連ねているんですが、その中になぜか高知県の名前があるんです

一般的に未婚率と都道府県の人口順位は深い関係にあり、人口が多ければ多いほど未婚率も高くなりやすく、逆に人口が少なければ少ないほど未婚率は低くなる傾向にあります。

しかし高知県に限っては人口は少ないけど未婚率は高いという、全国的に見ても珍しいデータが出ているんです。

未婚率が高いという事は、それだけ出生率が低いという事であり、出生率だけで見ると高知県は何とワースト2位。これが人口減少の一番の問題と言えるかもしれませんね。

 

高知の未婚率が高い原因

一概にこれ!という理由はないと思いますが、大きな要因を占めているのが人口密度です。

人口密度は「人口÷面積」で求められる数値で、1平方キロメートルあたり何人住んでいるかというデータなのですが、高知県は人口数全国45位でありながら全国18位の土地面積を有する県で、人口密度はワースト4位なんです。

人口密度が低いとそれだけ近くに住んでいる人が少ないという事になりますが、人口密度が低い都道府県のほとんどは男性の生涯未婚率が高いというデータがあります

同じ男性として何となく気持ちは分かります。

男性は狭いコミュニティで生きる傾向が強く、私も含め遠距離恋愛が苦手な人が多いはずです。(ちなみに私は今まで遠距離恋愛を2度やりましたが、どちらも上手くいきませんでしたw)

人口密度が低いという事は、それだけ遠距離恋愛になる確率が高くなりますし、普通に生活しているだけでは異性と出会えることはほとんどありません。

それこそ友達の紹介やお見合いに頼らざるを得ないという状況になりますが、結婚する友達が増えると紹介も減っていきますし、以前の日本のようにお見合いで結婚するケースはほとんどなくなってきているので、30歳まで独身を貫き彼女もいないという方は、そのまま生涯を独身で過ごす羽目になってしまいかねません

先ほどのデータを引用すると、30歳まで独身だった人の割合(30歳未婚率)は29.86%だったのに対し、50歳で一度も結婚していない男性の割合(生涯未婚率)は24.82%。実に5%しか上昇していないことになります。

それだけ30歳までに独身だった男性が結婚する確率が低いという事です。

 

出会い系アプリを使って解消しよう!

ここまでにご紹介した高知県の特徴をまとめるとこうなります。

  • 人口減少の一途を辿っている
  • 減少率は高く若者離れが加速している
  • 実は未婚率が高い高知県
  • 人口密度が低く出会いが少ない

高知県は人口減少が著しく、特に若者の県外流出割合が高いエリアです。

また元より人口密度が低いエリアなので、同年代の異性と出会える機会も減っており、そのせいもあって若年層の未婚率が高いという悪循環が生まれている状況なのです。

これを解消するために最も効果的な手段が出会い系アプリ、またマッチングアプリという事です。

出会い系アプリはサービスによっては細かく地域の絞り込みが出来るので、出来れば遠距離恋愛は遠慮したいという場合におすすめです!

しかしこういったメリットがある反面、若年層の利用者が減っており、地域絞り込みは出来るものの出会いの機会に恵まれないことも。

その点マッチングアプリは、若年層ユーザーの多くがマッチングアプリに流れているので、地域絞り込みは出来ないものの出会い系アプリと比べ20代ユーザーが多いので、出会いの機会に恵まれることも多くなります。

どちら優先するかにもよりますし、また料金システムもそれぞれ従量課金と月額定額で異なるので、自分に合ったアプリを選んで使ってみましょう。

 

 

高知県 特に20代におすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリとは「いいね!」を押して相思相愛になって初めてチャットが出来るようになるマッチングサービスで、特に20代と30代の男女に人気です。

マッチングアプリは大きく分けると恋活・婚活の2つにわかれています。

ここでは高知県在住の方におすすめのマッチングアプリを恋活と婚活の2つに分けてご紹介していきたいと思います。

ただし!

繰り返しになってしまい大変失礼なのですが、高知県はマッチングアプリのメインユーザーである20歳~35歳の人口が少ないので、会員数が少ないマッチングアプリでは出会える可能性が極端に下がってしまいます。

 

マッチングアプリ登録者数を比較してみた

マッチングアプリ最大手の恋活・婚活アプリ『ペアーズ』
個人的にはイチオシながらもまだまだ中堅クラスの恋活アプリ『with』
アプリ版がリリースされて間もない婚活アプリ『ゼクシィ縁結び』

マッチングアプリの中ではこの3アプリのみ会員数の表示があり、しかもちょうどいい具合に比較しやすい3社なので、この3社に高知県登録でどれだけ会員がいるのか調べてみました。

高知県版 ※2018年12月19日に調査した数字です
アプリ 男性会員 女性会員
ペアーズ 7,221人 2,731人
DaiGo with 1,668人 695人
ゼクシィ縁結び 590人 375人

う~ん。。。思っていた以上に少ない・・・。

福岡県の登録者と比較すると一目瞭然ですが、福岡県の10分の1以下の登録者数です。

単純に人口だけで比べれば福岡県511万人に対し、高知県は70万人なので7分の1程度のはずなのですが、マッチングアプリに登録している人が高知県は極端に少ない。

それだけ20代の若者が高知県には少ないという事なのでしょう。

こうなると、会員数が多いマッチングアプリから順に利用していくのがベストだと思うので、何も考えずに会員数が多いマッチングアプリを選んだ方が良いかもしれませんね。

 

会員数No,1のペアーズ

このアイキャッチ画像にも書かれているように、ペアーズは日本の中でも最も利用率が高い、つまり登録利用している人が最も多いマッチングアプリなんです

マッチングアプリを利用する上で最も重要視すべきなのは会員数で、もし会員数がそれなりにいるようであれば次にマッチングサービス、利用料金といった感じで見ていくべきなのですが、高知県はすでにご紹介したように会員数に難があるので、会員数が最も多いペアーズを利用するのが一番だと思います。

ペアーズは日本で展開しているマッチングアプリの中でも最も歴史が長く、マッチングアプリの先駆者的存在です。

それだけに必要な機能はほぼ全て備わっており、非常に使い勝手も良いと思います

ペアーズは20代後半から30代前半の男女ユーザーが多く、恋活アプリと婚活アプリの中間と言えます。

恋活も出来るし婚活も出来る万能タイプなので、「まだ結婚は・・・」という方にとっては相手の見極めが難しいと思いますが、絞込検索の中に「結婚に対する意思」という項目があり、ある程度恋活・婚活のどちらかを絞り込む事が可能です。

この条件を指定しないと、恋活者と婚活者がマッチングして意見が合わないという事にもなりかねませんので、ペアーズを利用するのであれば「結婚に対する意思」を指定して検索するようにしましょう。

誰にでもチャットを送れる出会い系アプリではなく、しっかり相手との相性を吟味して上でマッチングするマッチングアプリの方が良いという事であれば、高知県なら間違いなくペアーズが一番です!

 

※18歳未満の方は利用できません

 

高齢化が進むペアーズ

どの恋活マッチングアプリを見ても、会員全体に対し20代以下が占める割合は60%を超えているのですが、ペアーズにおいてはちょうど50%くらいなんです。

これは2018年12月26日にペアーズの男女利用者数を調査し、各年代にどれくらい人数がいるのか調査した結果です。

見ての通り、18歳~29歳の割合がほぼ半分。恋活を名乗るマッチングアプリとしてはかなり異質な結果になっています

同様に恋活アプリとして配信されているDiaGo withやゼクシィ恋結びと比べても圧倒的な数字です。

人数だけを見れば20代の人は十分にいるので、20代が少ないというよりも30代後半以上の年齢層、40代や50代の割合が高いと考えるべきなのかも。

それだけペアーズの利用者の高齢化が進んでいるという事なのかもしれませんね。

あくまで憶測にすぎませんが、30代の時に登録した利用者がそのまま利用し続けて40代になったとは考えにくいので、一度ペアーズに登録したものの利用しなくなり、そのまま放置して40代まで繰り上がってしまったと考えるのが妥当でしょう。

 

 

 

個人的にイチオシ!恋活アプリ「with」

先ほどご紹介したように、高知県のwith登録者はさほど多くありません。

人数比はだいたい2:1(男性1,688人/女性695人)になっており、全体的な人数の割には男女の登録者数に開きがあるように思えますが、withは何よりマッチング機能が優れており、会員数が少なくても相性が良い人に出会える可能性が非常に高い!

withはバラエティ番組などにも多数出演しているメンタリストDaiGoさんが監修を務めており、心理学を応用したイベントが人気を集めています。

これは2018年12月19日現在で開催されているイベントで、期間限定の「あなたの秘められた魅力診断」の他、相性診断やその他8つの恋愛診断イベントが開催されています。

全てのイベントに無料参加可能で、参加して質問に答えるとそのイベント内容に沿った結果が提示され、その結果で相性の良い相手を紹介してくれるという仕組みです。

これにより14時現在、全国で28,689組のマッチングが成立しているという事のようです。

人口比率で考えると、少なくとも高知県においても14時間で150組がマッチングしている計算になります。

登録者が少ないとはいえ、Daigo withにはそれを補うだけのマッチング力があるので、多少会員数が少なくても中途半端に会員数が多いマッチングアプリより断然出会える確率は高いはずです。

私がDaigo withでマッチングした時もそうでしたが、マッチングした相手は少なからず相性が良いとされる相手ですし、Daigo with自体に会話のネタが豊富にそろっているので、チャットもかなり弾みやすいはずです。

数をこなすよりもピンポイントで相性が良い相手を探したいという場合は、Daigo withを使ってみてはいかがでしょうか。

 

マッチング率が高い理由

私がDaiGo withをおすすめする一番の理由は、マッチング力が最も高い恋活アプリだからです。

DaiGo withでは常時マッチングイベントが開催されているのですが、そのイベントは心理学と統計学を応用した「性格診断イベント」や「価値観診断イベント」になっていて、いくつかの設問に答えると診断結果が表示されます。

この診断結果に基づき、あなたと相性が良い異性を表示してくれます。

しかもこのイベントは1つだけではなく常時3つ以上開催されていて、夏やクリスマスシーズンなどのイベント時には5つ以上のイベントが同時開催されています。

イベントごとに異なる異性とマッチングするので、イベントが多い時期はマッチング率が一気に上昇します。

また各種診断結果に基づいて表示された相性が良い異性に「いいね!」を送る際は無料なので、当然いいね!を押す回数は増え、それと共にマッチング数もアップしていくというカラクリです。

不思議なもので、こういった診断であなたと相性が良いですよと紹介されると、ただ普通に表示されている時よりも興味が湧くんですよね。

そのお陰もあって、DaiGo withのマッチング率は異常に高くなるんです。

そのマッチング率は、私がこれまでに利用してきたマッチングアプリの中でも間違いなく断トツトップです。

 

マッチングからのLINE交換率も高い

私が実際に課金して利用したマッチングアプリは5つありますが、実際にデートまでこぎつけた回数が多いマッチングアプリは確実にDaiGo withです。

これはある時期のチャットボックスです。

私は30代中盤なので当然お相手も30代の方が多いのですが、見ての通りここに表示されている4人の内3人がLINE交換までたどり着いています。

しかもこの内1人は、なぜ結婚してないの?と疑問に思うくらい美人でした。

その美人さんと実際に会いましたが、詐欺写真などではなく実物も美人でびっくりしました!まぁいろいろ(主にお酒絡み)あって音信不通になったんですけどね・・・w

そもそも私自身そんなに見栄えの良いルックスではありませんし、年齢も年齢なのでマッチングアプリを利用してもそこまで出会いの機会は多くありません。

そう考えると、これは間違いなくDaiGo withのマッチング機能のお陰だと思いますし、他のマッチングアプリではここまでマッチングするという事はありませんでした。

同時進行で数人とデート出来るほど器用ではないので、上の3人とLINE IDの交換を後は、他にマッチングしていた数人とは途中で連絡を取らなくなりました。

3人と連絡を取り合っている間は他の女性とのやり取りはストップしていましたが、器用な方であれば恐らくもっと多くの女性と同士にやり取り&LINE交換が出来るはずです。

詳しい体験談も掲載していますので、withが気になっているという方はこちらも参考にしてみてください。

 

DaiGo監修【with】でガチ彼女探しをした体験談と実践済み攻略法
メンタリストDiagoさんが監修を務め、今最も勢いがある恋活マッチングアプリ【DaiGo with】で恋活してみた体験談です。私が初めてDaiGo withを知り、インストールしてレビューした時からこれなら絶対に出会えるという自信があったので、実際に月額プランに加入してマッチングを試みてみました。30代中盤のちょいおっさんがガチで恋活...

 

婚活にも十分使える!

DaiGo withの利用者の年齢分布はこのような感じになっています。

20代前半が圧倒的に多く、次に20代後半、30代前半、30代後半と恋活マッチングアプリらしい年齢分布になっています。

高知県の方々にDiaGo withをおすすめする理由がここにあります。

割合的には20代前半が多いので恋活マッチングアプリに分類されますが、他のマッチングアプリと比較するとDaiGo withの年齢分布は非常にバランスが良く、先ほど見てもらったように私のような30代でも普通にマッチングする事が可能です

それにDiaGo withは「恋愛・婚活マッチングアプリ」という広告を打っているので、婚活希望者もそれなりに集まっています。

他のマッチングアプリであまりマッチングしなかった私でさえマッチング出来たくらいなので、婚活希望の方でもDaiGo withは十分に出会いのチャンスを与えてくれるはずです。

 

 

 

【高知県】婚活・再婚におすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリの中には「恋活・婚活マッチングアプリ」といった感じに、恋活と婚活の両方に使えますよと広告しているものが多数あるものの、実際に婚活に力を入れているマッチングアプリはごく一部です

DaiGo withやゼクシィ恋結びのように、恋活アプリだけど婚活にも十分使えるというアプリも少数ながらあるものの、これからご紹介するおすすめの婚活アプリほど専門的ではありません。

 

診断が楽しい【DaiGo with】おすすめする3つの理由と口コミで分かる人気
メンタリストDaigo監修という異色の出会い系マッチングアプリ【with(ウィズ)】の審議会評価と感想、口コミでの人気や評判などwithに関する情報を掲載しています。「ヘアスタイルでわかる恋愛必勝法」や「超性格分析マッチング」などのオリジナリティあふれるマッチングイベントが看板となっているメンタリストDaigoをフル活用したサービスがかなり面...

 

個人的には婚活においてもDaiGo withは結構おすすめなのですが、ここでは婚活に特に力を入れているマッチングアプリのみをご紹介していきたいと思います。

最近は婚活アプリも増えてきましたが、その中でおすすめしたいのはこの4つです。

※1)Omiaiはブラウザでクレカもしくはコンビニ決済で課金すると3,980円/月。
※2)YoubrideはiPhoneのみ4,500円で、その他は4,300円。
※3)ゼクシィ縁結びはブラウザで課金すると4,298円/月。
※4)マリッシュはブラウザ登録で2,980円/月。

婚活アプリには女性無料のアプリと女性も男性同様に有料のアプリが存在します

当然、一概に女性有料の婚活アプリの方が本気度が高いという事はありませんが、私が実際に使ってみた感想としてはやはり女性有料のYoubrideとゼクシィ縁結びの方が本気度が高かったように思います

女性有料なだけに、女性から積極的にいいね!を押してくれますしね。

【Omiai】は日本で最も有名で会員数が多い婚活マッチングアプリですが、実際に使ってみると4,800円という料金相応のメリットは感じません。

あくまで私のイメージですが、サービス名からも婚活が連想されますし、婚活に取り組むアプリの中では歴史が長いので、運営実績に比例して会員数が増えいったという感じなのでしょう。

ちなみにOmiaiは2017年までは女性も一部ですが有料でしたが、思い切って女性無料にシフトしたようです。

 

ゼクシィ縁結びこの中では最も運営期間が短く、会員数も一番少ないのですが、機能面で非常に優れており、婚活者にとってはありがたい機能が充実しているのでおすすめの1つとしてご紹介したいと思います。

 

実績がある婚活アプリは会員数は多いが機能面にやや不安があり、実績値が低い婚活アプリは会員数こそ少ないものの機能面は充実しているという、実績と機能が反比例している状況です。

 

婚活アプリと恋活アプリの違い

マッチングアプリの多くが婚活と婚活を一緒くたに扱っているので、明確にこの2つの違いを理解している人が少ないように思いますが、婚活アプリと恋活アプリには大きな違いがあります

私が実際に使ってみて感じた、両者の違いについてまとめてみました。

 

  • 月額料金が高い分、サポートが充実している
  • 女性もお金を払うためいいね!を積極的に送ってくる
  • 結婚を見据えているため本気度が段違いに高い

 

まず先ほどの一覧を見てもらえれば分かるように、恋活アプリに比べ月額料金が高くなっています。

恋活アプリの月額相場が3,800円に対し、婚活アプリの相場は4,600円とかなり開きがあります。

ただし婚活アプリには、課金する時だけブラウザでログインして決済すると料金が安くなるという抜け道が用意されていますので、婚活アプリを利用する際は課金時のみブラウザを利用しましょう。

男性に限らず、女性においても出来れば安く済ませたいという気持ちがあるのは当然だと思いますが、恋活アプリと比べると婚活アプリは機能面で充実しているケースが多く、中にはスタッフによるサポートを受けれる婚活アプリもあります

逆に、料金だけは婚活アプリ相応に高いのに、機能は恋活アプリと何ら変わらない謎の婚活アプリがあるのも事実です。

「婚活アプリだけなぜ高いのか?」という質問に対する的確な答えは無いように思いますが、一部の優良婚活アプリにはそれ相応の機能があるという事も覚えておいてください。

この点については、後ほど各婚活アプリごとにおすすめポイントとしてご紹介していきます。

 

婚活マッチングアプリ最大手のOmiai

「お見合い」という名前からも婚活を連想してしまう【Omiai】ですが、実際のところは「恋活・婚活マッチングアプリ」として配信されており、婚活だけではなく恋活にも使われているマッチングアプリです。

元々は他の婚活アプリのように女性も一部有料だったのですが、2018年より女性は一律無料になっています。

婚活マッチングアプリの中では会員数300万人と断トツの会員数を誇りますが、Omiaiを婚活アプリと捉えるかどうかは微妙です。

その理由は、Omiaiには婚活者のための機能などは一切なく、至って普通のマッチングアプリでしかないからです

恋活アプリよりも高い料金を取るなら、それなりのマッチング機能があって然るべきだと思うんですけどね。私がOmiaiをおすすめしない理由はここにあります。

またSNSなどでもOmiaiは広告を出していますが、広告に使われている写真が若干エロ路線なんですよね。

婚活マッチングアプリなのにエロ路線に走る理由って何?と疑問に感じるのは私だけではないはずです。

 

 

婚活アプリの割には機能が微妙

Omiaiは運営実績6年の大手マッチングアプリですが、「お見合い」を連想させるサービス名でありながら、婚活アプリらしい機能は全く見たりません。

その割に月額料金は高く、妙に損した気分にさせられるんですよね。

検索機能も他のマッチングアプリと比べると検索画面に表示されるデータ量は少なく、プレミアム会員にならないと一部検索機能が使えないという仕様になっています。

プレミアム会員とは、有料会員に加え加入する有料サービスのことで、プレミアム会員になると月額9,600円を支払う羽目になります

元より月額料金が高いんだから、それなりの機能をつけてくれればいいのに、特別な機能はプレミアムパックを購入しないと使えないという酷い有様です。

どこのマッチングアプリにもプレミアム会員制度はありますが、Omiaiのように月額が高額なのに機能が乏しいマッチングアプリは他にはありません。

 

ネトナンが横行している

Omiaiは恋活アプリの中でご紹介した『ペアーズ』に似ています。

実績もあって会員数も多いんですけど、会員数が増えすぎたせいで婚活以外の目的を持った利用者が増えてしまい、ナンパ目的でOmiaiを利用する人が増えているんです。

こうなってしまった原因は明白で、Omiaiの運営がこのようなアダルトな広告を出してしまっているからです。

どちらも動画広告なのですが、凝視してたらチラ見出来るんじゃない?ってくらい際どい動画になっています。完全にエロ寄りの広告動画なんです。

そのせいもあってTwitterなどを見ていると、ネットナンパ師を自称する男性の多くがペアーズとOmiaiを主戦場とするようになってしまっているようです

ネトナン師のブログなどを見ていても、「結婚を意識した20代後半から30代前半の女性は狙いやすい」といったネトナンのコツが書かれていたり、「ペアーズとOmiaiはおすすめ」などと書かれている事が多く、そのせいで私の中ではかなりイメージが悪くなってきています。

実際に、Twitterなどでも「●●って男はヤリモクだから気を付けて」などの被害報告が挙がっています。

ネトナン目的の男性は全体の1割にも満たないはずですが、ネトナン師はとにかく活発に行動しているので、他の一般会員よりも多くの女性にいいね!を送っていることもあり、遭遇率はかなり高くなります。

ネトナン師に限らず、会員数が増えると軽い気持ちで利用するユーザーも比例して増えていくので、特に手慣れた感じの男性には気を付けるようにして下さい。

まぁ逆に言えばネトナンにはおすすめという事なんですけどね。

Omiaiが悪いというわけではありませんが、大手は大手なりに闇を抱えているという事です

 

 

 

サポートが充実したゼクシィの婚活アプリ

婚活目的でマッチングアプリを利用するのであれば、一番のおすすめは大手結婚情報誌ゼクシィが運営する【ゼクシィ縁結び】です。

特に高知で婚活をするのであれば縁結びはかなりおすすめです!

ゼクシィという看板があるので信用度はずば抜けて高く、2018年4月にアプリ版がようやくリリースされたばかりにも関わらず、既に会員数は100万人に迫る勢いです。

Omiaiとは違い、縁結びは完全に婚活にだけ焦点を絞った婚活専門のマッチングアプリです。

男性だけではなく女性も有料なので、本気じゃない女性はほとんどいません。

会員数はまだ100万人にも満たない状況ですが、今後会員数の増加は間違いなく見込めます。

ゼクシィという看板があるというのも1つの理由ですが、2018年はゼクシィ縁結びのアプリがリリースされたという影響もあって会員数は昨年比280%という驚異的な伸び率となっています。

2019年も間違いなく会員数は増えていくはずなので、将来性という点においてもやはりゼクシィ縁結びはおすすめです。

 

 

コンシェルジュのサポートが受けられる

ゼクシィ縁結びでは、日本初となる婚活コンシェルジュがデートの代行セッティングを行ってくれる「お見合いオファー」というサービスがあります。

既にマッチングして会話はそれなりに弾んでいるのに「デートに誘う切り口が分からない」「断られるのが怖くて言い出せない」という場合、お見合いオファーを出すとコンシェルジュが意中の相手との間に入り、日程の調整や待ち合わせ場所の指定までしてくれます。

自分から女性を誘った経験がない方や、優柔不断で上手くデートのアポが取れる自信が無いという方にとっては助け船となってくれるはずです。

 

充実した機能でマッチング率アップ

ゼクシィ縁結びは男女共に有料の婚活マッチングアプリだけあって、他の婚活アプリ以上に様々な機能が用意されています。

その内の1つが価値観診断による価値観マッチ

18個の質問に答えると13のタイプに分類され、あなたが診断されたタイプと相性の良い異性を紹介してくれるというマッチング機能です。

更に相手のプロフィールにはあなたとの「マッチ度」が表示されているので、価値観が合いマッチ度が高い相手を探していけば、必ず良い出会いがあるはずです

Omiaiと比べれば、ゼクシィ縁結びがどれだけ多機能であるかという事が良く分かるはずです。

婚活アプリならではの高い料金設定にするのであれば、これくらいの機能は欲しいですよね。

他にも「婚活成功保証」という保険のようなプランがあるなど、機能面においては婚活マッチングアプリ随一!

私が婚活をするなら間違いなくゼクシィ縁結び一択ですし、今度間違いなく人気が出るおすすめの婚活マッチングアプリです。

 

 

婚活アプリの定番ユーブライド

Omiaiのような恋活兼用の婚活アプリではなく、婚活だけに特化した婚活専用のマッチングアプリとしては日本最大の【Youbride(ユーブライド)】。

出会い系サイト時代も含めると運営実績は18年と、婚活アプリの中では最も歴史が古いマッチングサービスです。

会員数が徐々に伸びている堅実な婚活マッチングアプリで、2018年には170万人に到達しています。婚活専用のマッチングアプリとしては日本最大です。(Omiaiは名目上においては恋活・婚活アプリなので婚活専用とはとらえていません)

ゼクシィ縁結びと比べると月額料金が安く設定されていますが、機能面ではやはり縁結びに劣る内容になっています。

ユーブライドにもコンシェルジュサービスがあるのですが、コンシェルジュサービスを利用するには月額有料会員とは別に、プレミアムオプションに加入する必要があるので、どうしても不安という場合はプレミアムオプションを購入して利用してみましょう。

 

婚活アプリの決定版ユーブライド(youbride) の評判
mixiグループが運営する本気の婚活アプリ【ユーブライド(youbride)】の婚活者から見た評価と使ってみた感想、またユーブライドを使った婚活者の体験談や口コミにおける評判などもご紹介。この評価レビューではユーブライドのおすすめポイントに加え、詳しい料金システムや、本当にサクラはいなかったのか?という検証結果もご紹介していこうと思います。...

 

運営18年の信頼と実績

ユーブライドは18年間婚活サービスを提供し続けてきた実績があり、過去にユーブライドを利用して実際に成婚にこぎつけた利用者も多数います。

これは実際にユーブライドでマッチングし、成婚退会した会員さんのデータらしいのですが、ユーブライドで成婚した方の80%が5か月以内に成婚しているという事らしいです。

「成婚退会」なので、成婚にまで至らず退会した人も多数いるとは思いますが、こういったデータがあるとないとでは大違いですよね。

特に婚活マッチングアプリにおいては、利用者のゴールは成婚・結婚なので、ユーブライドを利用してゴールにたどり着いた人がいるという実績があるだけで、利用する側としては安心できるのではないでしょうか。

 

4人に1人が再婚希望者

ユーブライドを利用している婚活者の4人に1人が再婚希望者というデータがあるようで、再婚活者にもおすすめです!

実際にユーブライドを見ていても子供と一緒の写真を掲載しているシンママやシンパパが多いように思います。

子供がいる状況で離婚をしてしまうと、それまでの生活とは全く異なる生活を強いられることになり、時間もお金もひどく消耗してしまいます。

そこで、空き時間を見つけて婚活マッチングアプリで再婚活動をしている人が多いという事なのでしょう。

ユーブライドでは検索メニューに、「相手の結婚歴を気にしない方」というチェック項目があるので、離婚歴があっても気にしないという方に限定して検索する事も可能です。

こういった機能は、離婚歴がある方がシンママ&シンパパには非常にありがたいですよね。

 

 

オンライン婚活が進化したライブ婚活

今後間違いなく需要が伸びてくるであろうオンラインで開催され、スマホのビデオ通話で参加するLIVEビデオ通話の婚活パーティー【aeru.party(アエルドットパーティー)】。

数枚の写真とチャットでの文字のやり取りだけでは相手の事を十分にすることが出来ず、会ってはみたものの思っていた人物像とは違っていたという経験をしたことがある人も多いでしょう。

逆に「ちょっと違うかな・・・」とスルーしていた相手が、実は相性が良い異性だったという可能性もゼロではありません。むしろマッチングアプリではそういった事が可能性として高くなります。

そういったオンライン婚活のデメリットを排除し、短時間で相手の本質を知ることが出来るのがこのライブ婚活アプリのアエルドットパーティーです。

婚活パーティーのように1分もしくは3分間のビデオ通話で相手の顔を見ながら会話が出来るため、静止画の写真と文字のチャットだけでやり取りをするより何倍も相手の事を知ることが出来ます。

マッチングアプリ特有のすれ違い・勘違いをなくすことが出来るため、本気で婚活をするなら一番おすすめですし、これからライブ婚活は間違いなく伸びてくるはずです。

 

ライブ婚活への参加方法

aeru.party(アエルドットパーティー)ではいくつかの婚活パーティーが常時開催されており、事前に参加できそうな時間帯の婚活パーティーに参加申請し、開催時間にアプリを開き異性とビデオ通話でやり取りをしていくという流れになります。

aeru.party(アエルドットパーティー)ではパーティーによって会話できる時間が異なり、各パーティー毎に1分~3分の時間が設定されています。

1人の異性1分のビデオ通話をするにはチケットが1枚必要になるので、事前にチケットを購入しておく必要がありますが、マッチングアプリのように月額制ではないので自分が必要だと思う枚数を事前に購入して参加する形となります。

異性参加者がどれくらいいるのかという事は事前に確認することが出来ませんが、運悪く参加者が少なかった場合でも無駄にチケットを消費することが無いので、次の婚活パーティーにチケットを使う事が出来ます。

またマッチングアプリとは異なり、互いにいいね!を押さないと会話が出来ないというシステムではなく、チケットがあれば参加者とは一様に会話することが出来るので、マッチングアプリより出会いの幅は間違いなく広がります

実際の会場を貸し切って開催されている婚活パーティーに参加する勇気がないという方は、まずはオンラインの婚活パーティ【aeru.party(アエルドットパーティー)】に参加してみてはいかがでしょうか。

マッチングアプリとはまた違った出会いが待っているはずです。

 

 

 

高知県 おすすめの出会い系アプリ

出会い系アプリは料金面においていくつかのメリットがあります。

まず月額定額ではなく自分が保有しているポイントの範囲で利用する従量課金制なので、場合によっては1,000円も使わず出会える事があります。

また、マッチングアプリと比べ比較的登録が簡単で、登録直後は無料ポイントも大量に貰えるので、無料で出会えるといったケースも少なくありません。

何より高知県の方々におすすめしたい一番の理由は、出会い系アプリはマッチングアプリとは異なり地域ごとに絞り込みが出来るので、マッチングアプリのようにマッチングしたまでは良いけど意外に離れていたという事が起こりません。

これは出会い系アプリ最大手のハッピーメールデータですが、ハッピーメールではこのように細かく地域絞込が出来ます!

高知市、南国市、四万十市、香南市、土佐市、香美市、須崎市、宿毛市、安芸市、室戸市、土佐清水市

マッチングアプリだと都道府県までしか指定できないので、これも1つのメリットと言えるかもしれません。

 

会員数日本一!ハッピーメール

日本でサービス展開している出会い系アプリ及びマッチングアプリの中で、最も累計会員数が多いのがハッピーメールです

その数は1,900万人!

日本人の6人に1人が登録したことがあるという計算になりますが、実際のところそういう事は一切ありません。当然ですよねw

既述しているように、ハッピーメールに限らず出会い系アプリでは登録すると無料ポイントがたくさん貰えるので、そのシステムを利用してポイントがなくなったら再度登録しなおす人が多く、出会い系サイト時代からサービス提供を続けているので、ここまで累計会員すが膨れ上がっちゃったというのが事実です。

現在は会員の年齢確認があるので、無料ポイントがなくなったからと言って安易に新規アカウントを作成する事は出来ませんが、年齢確認を実施する前までであれば同様の事が可能なので、現在も無料ポイントを活用しながら利用している方がいるようですね。

ちなみに、調べたらすぐ分かる事ですが、ハッピーメールを筆頭として出会い系アプリの多くは真面目な恋活・婚活というよりは、セフレ探しや即相手(その日限りの相手)探しに使われる事が多くなってきており、一部の掲示板ではそういった体目当ての書き込みを頻繁に目にします

逆に言えば、そういったアダルトな掲示板さえ避ければ真面目な出会いも楽しめるので、まずはハッピーメールの使い方をしっかり覚えるようにしましょう!

 

ハッピーメールは使える出会い系か?口コミ評判をチェック!
出会い系アプリの中でも1つ抜きんでた存在となりつつある【ハッピーメール】の使い方や利用料金、また実際に私が使った感想や評価を掲載しています。ハッピーメールは運営実績が18年以上ある出会い系アプリの中でも特に息の長い人気出会い系アプリで、出会い系に興味があるという方であれば必ず一度は目にした、耳にしたことがあるのではないでしょうか。...

 

人妻・セフレ探しならJメール

最後に、かなり特殊な出会い系アプリ『ミントC!Jメール』をご紹介したいと思います。

Jメールは出会い系アプリの中でも異色のアプリで、ピュア掲示板・アダルト掲示板の他、一緒にご飯を食べに行く相手を探す「誘い飯掲示板」や、人妻専門の掲示板「人妻の誘惑」といったものまであります

こういった掲示板は当たり前ですが男性利用者が多く、競争率はなかなか激しいのですが、現在も誘い飯や人妻掲示板目的で利用する男女が一定数います。

一時と比べると利用者も減ったように思いますが、それでもセフレ探しや人妻のセフレ探しであれば鉄板の出会い系アプリであることに変わりはありません。

こんな素敵な出会い系アプリがなぜあまり人気がないのか?

それは、JメールがGoogleplayで配信されておらず、アプリ版は公式HPからしかダウンロードできないという点にあります。

またアプリをダウンロードしたとしても、アプリ版には機能制限が設けられているので、セフレ探しや人妻探しがしたければブラウザ版を利用するしかありません。

もしセフレ探しをするのであれば、アプリ版ではなくブラウザ版を利用する事をおすすめします。

登録の方法などについては、レビューページに詳しく掲載していますので、そちらを参考にされて下さい。

 

ミントC!Jメールの評判と人気の秘密 キーワードは人妻!
出会い系の中でも最も古い歴史を持つ【ミントC!Jメール】が支持される理由と実際に使った感想、また利用者の口コミ評判やサクラ情報などを掲載しています。またどのような利用目的の方におすすめ出来るかなど、Jメールの使い方に関しても紹介していきたいと思います。Jメールで特筆すべきは、アダルト掲示板があるという事だけではなく、人妻専用の「人妻の...

 

コメント