ライブスター(LiveStar)の評判と感想

スマホでビデオ通話が楽しめるライブチャットアプリ【ライブスター(LiveStar)】の使い方と詳しい料金表、そして実際に利用した感想や利用者からの評判をご紹介。

ライブスター(LiveStar)は現在Android版のみがリリースされているライブチャットアプリで、新規のライブチャットながらもかなりのチャットレディが登録されている。

気になって調べたところ、実はライブチャット大手のアプリ版のようで、諸事情があり名称を変更して配信されてはいるが、安心して利用できる数少ないビデオチャットアプリの1つだ

↑LiveStarのダウンロードはこちら↑

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

ライブスターの実態

対応OS Android
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 200円/通
サクラ サクラだけでなく誰もいない
運営会社と実態 偽名での登録のため実態がつかめず
審議会コメント インストールするだけ無駄

元ネタはどこ?

Googleplayでは下記のようなPRが掲載されており、運営会社も「LiveStar,inc」と記載されている。

「ライブスター」(LiveStar)は、24時間いつでも女の子とリアルタイムのビデオ通話を楽しめる人気ライブチャットアプリです。

大抵の場合、ライブスターのようにアプリ配信されるライブチャットアプリは、PCブラウザ対応のライブチャットの名前を変更して配信しているパターンが多い。

今回もいろいろと調べてみたら、どうやら中身はライブチャット最大手の「エンジェルライブ」のようだ。

これまでにもエンジェルライブを運営する「株式会社リアズ」が提供しているライブチャットのアプリ版がいくつかリリースされているが、恐らくライブチャットのアプリ化というのは初めてなのではないだろうか。

というのも、ノンアダルト系のライブチャットであれば、GoogleplayやAppstoreの規約に引っかかるようなことはないので難なく配信出来ると思うが、エンジェルライブのようにアダルト系ライブチャットをアプリとして配信するとリジェクトされる可能性が高いので配信は難しいと思っていたのだ。

リジェクトというリスクを回避するために、サービス名と運営会社を変更して配信しているのだろう。

運営会社

実際の運営会社は間違いなく株式会社リアズだと思うが、アプリ版である【ライブスター(LiveStar)】においては「LiveStar,inc」が運営会社という記載になっている。

登記を調べてみたが、住所は異なるものの一応大阪に「株式会社ライブスター」という法人は実在しているようだ。(完全に一致するかは不明)

コンテンツ

ライブチャットは出会い系アプリとは異なり、大前提として「女性はお金を稼ぐためにやっている」という点だろう。

出会い系アプリではこれをサクラと言うが、ライブチャットにおいては女性は一律チャットレディであり、対価を得るためにカメラの前で会話したりリクエストに応えるという感じになっている。

ライブチャット系の口コミを見ていると、守銭奴などと書かれている事があるが、それが彼女たちの仕事なので仕方がない事だし、男性は女性たちはあくまでビジネスライクであるという事を承知の上でサービスを利用すべきだろう

知らずにぼったくられたなどと言っているユーザーは、しっかりと説明を読まなかった本人が悪いという事に他ならないので、利用する際は十分注意してほしい。

アプリの実際の画面はこんな感じで、結構かわいい女性も多い。

現在カメラの前で待機しているチャットレディは、アイコンの左上に「ビデオ通話待ち」と表示され、現在他の利用者とビデオチャットをしているチャットレディは「ビデオ通話中」もしくあ「2ショット中」と表示されている。

他にも、今日ログインする予定があるチャットレディは「14:00~」などとログイン予定時間が表示されているので、気になる女性がいる場合はその時間に再度ログインするようにしよう。

使用方法はシンプルで、上記のようにチャットレディのプロフィールを開き、メッセージを送って会話をするか、ビデオ通話を開始するかのどちらかだ。

PCブラウザ版では他にも様々なコンテンツがあるが、アプリ版のライブスター(LiveStar)ではこれだけとなっている。

料金

ライブスター(LiveStar)の料金設定は、事前にポイントを購入して消費していく従量課金制で、ポイントのレートは最安課金額で考えると540円で384ptsなので、「1pts=約1.4円」という計算になる。

コンテンツ利用 消費ポイント 目安金額
メッセージ送信
(ビデオ通話中は無料)
100pts/通 約140円
メッセージ画像添付 100pts/通 約140円
ビデオ通話
(複数人が同時に参加可能)
200pts/分 約280円/分
ビデオ通話(2SHOT) 250pts/分 約350円/分

ライブスター(LiveStar)と同様のライブチャットアプリに『アプリでゴーゴー』や『LISA』などがあるが、それらは基本的にノンアダルトのライブチャットなので、アダルト色の強いライブスター(LiveStar)は全体的にやや料金設定が高くなっている。

あくまで目安だが、ビデオ通話を1時間継続した場合、12,000ptsが必要となり円に換算すると約16,800円、2人だけでビデオ通話を楽しむ2SHOTであれば15,000ptsで約21,000円分のポイントが必要

ハッキリ言ってかなり高い料金だ。店を選ばなければデリヘルの方が安くつくというケースも多々あるだろう。

それだけ魅力を感じる女性がいれば話は別なのだが、私ならデリヘルに流れそうw

口コミでの評判

本体のエンジェルライブとしては運営実績も長く、様々な評判が書き込まれているが、ライブスター(LiveStar)単体としての口コミはまだまだ少なく、言ってしまえば自演臭い内容がかなり目立つ。

その中で、一般ユーザーが書きこんだであろう口コミがこれ。

ただのアダルトサイトのアプリ版ですだからコメントも画像も出ませんしかもサイトで入るよりはるかに高いです!かなりぼってます!!オススメしません。てかグーグルもチェック甘くなったね。コメントはほぼ業者かな(笑)

確かに本家のエンジェルライブにおいてはビデオ通話(パーティーチャット)は150pts、2SHOTは200ptsなので、アプリ版のライブスター(LiveStar)はかなり高い料金設定と言えるでしょう。

PC所有者が減ってきていると聞いたことがあるが、もしPCを所有しているのであればブラウザ版を利用した方がお得のようだ。

ちなみに、アプリ版のライブスター(LiveStar)では、電話番号認証(電話番号を入力してSMSを受け取るだけ)を行えば600ptsが無料でもらえるらしいので、電話番号認証に抵抗がなければお試しで利用してみると良いかもしれない。

退会

ライブスター(LiveStar)では特に退会機能というものは無いようだ。

一応、ログアウトする事はできるようなので、ログアウトした上でアプリをアンインストールするのがベターなのかも。

感想とまとめ

ライブスター(LiveStar)はGoogleplayにこのような広告画像出している。

「生放送×SNSアプリ」というワードから、SHOWROOMのようなアプリだと勘違いする人もいるかもしれないが、そういった類のサービスではないので、くれぐれも勘違いしないようにしてほしい。

また料金的にも同様のライブチャットよりやや高い設定になっているので、アダルト系のライブチャットとは言え他のライブチャットと比べた上で課金した方がよさそう。

また繰り返しになるが下手をすると1時間の消費金額で言えばデリヘルより高くなる恐れもある。

個人的にはこの手の類にはあまり興味はないが、好きという方でも重課金はほどほどに!

↑LiveStarのダウンロードはこちら↑

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント