【MeeTALK】登録者は全員サクラ?ミートークのサクラ検証とアプリ評価

今から会える人がすぐ見つかる出会い系アプリ【MeeTALK】を使ってみた感想と、本当にすぐに会える人が見つかるのか検証した出会い系アプリ評価レビューです。

Appstoreでは「空いた時間に情報交換」「掲示板アプリ」などと書かれていますが、上の画像にはがっつり出会い系アプリっぽいPRが掲載されています。

文字だけだと出会い系アプリっぽくありませんが、画像の中はモロに出会い系アプリ。かなり危険なにおいがしますよね。

こういった「あれ?」と感じる点に関しても細かく調査してみました。

 

これまでに1,000近い数のマッチングアプリや出会い系アプリを利用してきた中で、管理人が実際に出会えたアプリのみをデート回数が多い順にランキング形式でご紹介!出会えるアプリに必ず出会える!
デート回数が多い出会えるおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

 

MeeTALKの広告矛盾と法律

MeeTALKは調べれば調べるほど矛盾点ばかりが目立ちます。

冒頭にも書いたように、検索に引っかかるような文章には出会い系アプリと勘違いされるような文言は一切ありませんが、検索に引っかからない画像の中には出会い系アプリとしか思えないような文言が使われています。

また利用規約を見ても出会い系アプリである事を否定している条文がいくつかあるのですが、それならばなぜ「今から会える人がすぐ見つかる」という一文を使ったんでしょうね。

そこにはMeeTALK運営の意図が見え隠れしているように思います。

 

MeeTALKの利用規約

これはMeeTALKの利用規約なのですが、サービスの概要の中に「特に異性との出会い、交流、交際やそれに付帯する情報等の交換を推奨するものではなく、異性の紹介を斡旋するものではありません。」と書かれています。

他にも禁止事項の中にこのような一文があります。

面識の無い異性との出会い糖を目的とした行為、或いはコメントの書き込み

つまり、MeeTALKは出会い系アプリではなく、単なる情報交換のための掲示板アプリなんですよというアピールです。私が知る限り、掲示板アプリであれば逆にこういった利用規約はないんですけどね。

それにしてもこんな利用規約を定めているサービスの運営が、「今から会える人がすぐに見つかる」という広告を出していいんですかね。故意にやっているんだろうし、明らかに詐欺ですよね。

 

MeeTALKが矛盾している理由

日本には出会い系サイト規制法という法律があり、異性と出会えるインターネットサービスは公安委員会に届出をしなくてはならないと決められています。

この届出をせずにサービスの配信をした場合、当然のことながら法律違反となり罰金刑に処せられるわけですが、サービスの中身は出会い系でありながら届出をしていないアプリのほとんどが、この法律に対応するために利用規約に出会い系アプリである事を否定するような条文を規定しています。

つまり、届出をしたくないから面識の無い異性との出会いを禁止しているけど、しっかりと集客をしたいから検索でヒットしないように画像の中にだけ出会えるよと書いているという事なんです。

こういった出会い系アプリは当然危険なので、MeeTALKに限らず似たような事をやっている出会い系アプリは敬遠すべきでしょう。

 

MeeTALKの評価

MeeTALKはGoogleplayで配信されているAndroid専用の出会い系アプリです。

アプリをインストールすると、このようなプロフィール登録画面が表示され、誰でも簡単に匿名登録することが出来ます。

一応、18歳以上ですというチェックボックスがありますが、あくまで自己申告なので18歳でなくとも登録することが可能です。

もしこれが公安に届出をしている出会い系アプリであれば、登録者の年齢確認が義務付けられているので、こういった事が出来ないようになっているんですけどね。

 

MeeTALKのシステム

MeeTALKは掲示板アプリだと自称していますが、中身は皆さんがイメージする出会い系アプリそのものだと思います。

写真付きの検索メニューとリストという掲示板のようなものがメイン機能になっており、ここから気になる相手を探してメッセージのやり取りをするという感じです。

Appstoreに書かれている「様々なジャンルを網羅した超便利な掲示板アプリです」を体現するような機能はどこにもなく、あるのはどこにでもあるような出会い系アプリの姿のみ。

更に気になるのは、上の画像に表示されている男女の写真が、そのままMeeTALKの広告に使われているという点。

MeeTALKの広告に掲載されているという事は、運営が許諾を得ているはずなので、ここに表示されている会員たちは普通の会員では無いという事になります。というか、MeeTALKのリリース前からこの会員たちは登録しているという事になるので、明らかにサクラなのでしょう

もしそうでなければ、運営が勝手に写真を広告に使っている事になりますので、それはそれで大問題です。どちらにせよまともな出会い系アプリではないという結論にしかたどり着きません。

 

MeeTALKのサクラについて

今回、MeeTALKに登録するにあたって、全行的に見て決して人口が多いと呼べない三重県の桑名市というところに設定して登録をしたのですが、先ほどの広告につかわれていた顔写真付きの会員たちは皆私と同じ三重県桑名市で表示されていました。

全員が全員、三重県桑名市というのは絶対にありえないので、やはり広告に使われていた男女は全員サクラアカウントで、東京都品川区で登録したら品川区として、沖縄県那覇市で登録すれば那覇市といった感じで、ユーザーが登録したエリアで表示されるように設定されているはずです。

念のために他の地域で登録しているユーザーがいるか確認しましたが一人もいなかったので、MeeTALKにはサクラ以外の一般利用者はいないのでしょう。

 

MeeTALKの料金システム

MeeTALKにサクラがいることは確実なので、もはや料金システムを紹介するのは無意味ですが、これを見ればMeeTALKが何をやりたいのかがすぐに分かると思います。

これはMeeTALKの利用規約に記載されていた料金に関する項目なのですが、見ての通りMeeTALKは男女ともに1回のメッセージ送信につき190円もの料金が取られます。

大手出会い系アプリであれば1通50円なので、約4倍の高額料金という事になります。

サクラを使って課金を促進し、ぼったくり料金でがっぽり!というのがMeeTALKの運営の目的なのでしょう。

 

MeeTALKの感想まとめ

MeeTALKは今から会える人がすぐ見つかるとPRをしていますが、MeeTALKに登録しているのはサクラのみで、一般ユーザーはほとんどいません。

もしかすると一般ユーザーがいたとしてもサクラしか表示されないシステムになっているのかもしれませんね。

システムだけを見ても、数年前からある出会い系アプリのままですし、2020年にリリースされたとは思えないようなシンプルな機能ですよね。

MeeTALKの運営に良質なサービスを提供する気はないようにしか思えません。

何にせよ、MeeTALKの運営は法律に則った運営をしておらず、様々な面で問題を抱えている危険な出会い系アプリなので、こういったアプリをダウンロードして課金したりしないように注意しましょう。

 

これまでに1,000近い数のマッチングアプリや出会い系アプリを利用してきた中で、管理人が実際に出会えたアプリのみをデート回数が多い順にランキング形式でご紹介!出会えるアプリに必ず出会える!
デート回数が多い出会えるおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント