paddy67(パディー67)は安全なのか パパ活問題とP活アプリの感想・評判

パパ活マッチングアプリとして配信されている【paddy67(パディー67)】を利用した感想と口コミなどからpaddy67の評判をチェックしてまとめていきたいと思います。

paddy67(パディー67)はいわゆるパパ活アプリなのですが、個人的にはパパ活自体にかなり倫理的問題があると思っています。

現状の法律ではパパ活自体に法的問題はないとされていますが、パパ活に嫌悪感を抱いている人が多いのも事実であり、本アプリpaddy67を利用するかどうかはユーザー次第といったところでしょう。

健全な出会いを探しているという事であればpaddy67はおすすめできませんが、こういったパパ活アプリもマッチングアプリの一種であり、法律を逸脱しない範囲の利用であればパパ活アプリの中でも最大手と言えるPaddy67が一番安全かもしれないですね。

paddy67(パディー67)というアプリそのものに問題があるとは思っていないので、あとは利用する方々がどのようにpaddy67(パディー67)を利用するかという事に尽きると思います。

 

 

 

paddy67(パティー)の実態

対応OS Android / iOS
インターネット異性紹介事業届出 届出番号:30180009000
チャット料金 月額定額
サクラ 不明
運営会社と実態 paddy67運営事務局
審議会コメント パパ活したいならパディー67一択

paddy67(パディー67)はAndroidとiOSに対応しており、公安委員会に届出をしている事から法律に適合したマッチングアプリと言っていいでしょう。

ただ運営会社については個人的に「あれ?」と思うところもあるので、このpaddy67(パディー67)の評価レビューではより深いところまで掘り下げてご紹介していきたいと思います。

 

パパ活(P活)とは?

パパ活アプリ自体は数えるほどしかないのですが、偶然にも数日前に『ticmy(ティクミー)』というパパ活アプリが配信となり、そのアプリのレビューをした事を考えると、最近になってパパ活アプリが増えてきた感はあります。

ticmyの記事の中でもパパ活について触れていますが、パパ活とは「おっさんがお金を支払って若い女の子とデートする」行為であり、これ自体に問題はないものの活動方法によっては援助交際になるい可能性がある法律ギリギリの行為といって良いでしょう。

恐らくほとんどの方が私と同じような認識だと思います。

パパ活はデートをするだけで数万円の報酬を貰える手軽なお小遣い稼ぎのようにも思われていますが、Twitter等を見てみているとほとんど援助交際と化しているのが現状なのではないかと。

男性目線で言えば、結局「パパ活」という艇の良い言葉を使って若い女性と知り合おうとしているだけであり、隙あらば男女の関係を狙っているのは言うまでもないでしょう。男とはそういう生き物ですw

逆に女性目線でパパ活を見た時、遊び感覚で簡単に大金が稼げるお仕事というイメージが強く、友達や知り合いもやっているからという理由で気軽に手を出している人が多いように思います。

もちろん、性的行為を行わないというパパ活女子の方が圧倒的に多いと思いますが、パパ活のように簡単に大金を手にする方法を覚えてしまった女性の末路は容易に想像できるのではないでしょうか。

少なくとも、私は体の関係がなくともパパ活するような女性とは縁を切りたいかな。

若い女性の一部で簡単に稼げるバイトのような感覚でパパ活が行われており、何かと話題に事欠かないGacktが、先日もパパ活に関する持論をブログで展開して話題になったばかりですよね。

日本人特有のブランドへの執着や、表面だけを着飾る見栄がこのような危険で高収入のパパ活に手をださせているのかもしれません。

 

Gackt氏によるパパ活問題喚起

直接「パパ活」という言葉を使っているわけではないものの、Gackt氏の2017年8月16日付けのブログで、若い子が身の丈に合っていないブランド物を身に着けているのを見て、日本人はブラン志向が強すぎて、中にはブランド品の為に売春などに手を染める女性がいるという事を指摘しています。

これには偏見だという意見も多く見受けられましたが、ただ言っていることはあながち間違いでもないと思うんですよね。

セレブにあこがれて、彼女たちがもちようなブランドバックを欲しがり、手っ取り早く稼げる手段に縋りつく。全員が全員同じ状況ではないと思いますが、パパ活している女性の中にはこういった女性が少なからずいるはずです。

だからと言って女性だけに問題があるわけではなく、パパ活する女性に身の丈に合わない大金を手渡す男性にもかなりの問題があります。

若い女性ばかりに目がいくおっさんと、お金を稼ぐためなら手段を選ばない女性、どちらにも問題があると思いますが、そういった市場があることは確かだし、双方が納得しているのであれば別にいいんじゃないかなというのが私の感想です。

だからと言って積極的にお勧めしたりはしませんが、どうせパパ活するのであればダークな掲示板サイトではなく、清廉潔白なパパ活アプリを使ってやった方が「自分の身を守る」という意味ではおすすめです

 

パディー67の使い方と評価

paddy67(パディー67)の使い方について詳しくご紹介していこうと思いますが、決してパパ活を推奨しているわけではなく、どうせパパ活(P活)するのであれば安全な場所でやりましょうという事であり、またpaddy67(パディー67)の特性を知った上で利用してもらいたいという趣旨のレビューなので、軽い気持ちで登録しないように注意してください

しっかり自制できるという方であれば、パパ活はwin-winの関係であることに変わりはないので、深入りしすぎない程度に利用できるなら全然アリなんじゃないでしょうか。

 

パディー67の会員登録

paddy67(パディー67)に登録する方法は3つあります。

1つはマッチングアプリではお馴染みとなっているFacebookアカウントとの連動

連動といっても登録ボタンをポチっと押すだけなので、非常に簡単な作業です。

残りはメールアドレスもしくは電話番号で登録する方法となっていて、「メールアドレスか電話番号ではじめる」を選択していくつかのプロフ設定を行った後にメールアドレスか電話番号、そしてパスワードの設定を行い登録するという流れになっています。

最初の登録画面では、ボタンの下に表示されているリンクから利用規約を確認出来るようになっているので、もし登録するという場合は利用規約をしっかりと確認するようにしましょう。

 

paddy67の利用規約と運営会社

今回、利用規約を開いて一番に気になったのが、運営会社名が記載されていなかったという点

通常、こういった有料コンテンツを含むようなインターネットサービスであれば利用規約冒頭に運営会社名が記載されているものなのですが、paddy67(パディー67)では「paddy67運営事務局」としか記載されていませんでした。

こういった表記を使うアプリは詐欺アプリであるケースがほとんどですが、調べたところ別に運営会社名を隠しているわけでもないようですし、誰でも運営会社の実名を知る事が出来るようなので、後ろめたさからこのような記載になっているわけではないみたいですね。

次にpaddy67(パディー67)がどのようなサービスなのかについて、利用規約に書かれている内容から説明していきたいと思います。

これは利用規約第3条の内容で、「日本在住の男女を対象とした、18歳以上の方のパートナー探しをサポートするサービスです」と書かれており、paddy67(パディー67)は出会い系アプリ(異性紹介事業)の一種であるという事が分かります。

paddy67(パディー67)はパパ活アプリかもしれませんが、本質的には出会い系アプリ(異性紹介事業)と何ら変わりはなく、法的には間違いなくインターネット異性紹介事業の届出が必要となります

しかしpaddy67(パディー67)は公安委員会に届出をしている様子はありません

届出について

リリース当初は公安認可に関する記述がありませんでしたが、後日確認したところAppstoreに届出番号が記載されていました。

届出はしているようですが、相変わらず利用規約における運営会社の情報は「paddy67運営事務局」のままでした。

しかし現在はアプリ内に「特定商取引法に基づく表記」が掲載されており、「paddy67株式会社」という運営会社の名称がしっかり明記されていましたが、これも登記情報を調べた限りでは該当する法人がヒットしませんでした

paddy67の運営会社については次項で詳しくご紹介しています。

ウェブ検索したところ、運営会社の公式HPが見つかり、HPもかなりしっかりした内容になっていたので、そこまで心配する必要はないのかなと思っています。

最後にどうしてもご紹介しておきたいのがこれ。

第8条の禁止事項の6項に「社会模範・公序良俗に反するものや(中略)投稿、掲載、開示、提供または送信したりする行為」とあり、社会模範や公序良俗に反するものは投稿してはならないとされていますが、そもそもパパ活自体に社会模範の欠片もないし、パパ活を推奨しているpaddy67(パディー67)こそ公序良俗に反する行為そのものだと思うのは私だけでしょうか?w

ただ最近はクラウドファンディングのようにアイデアに投資するサービスもありますし、ライブ配信アプリのように配信者に対して投資(投げ銭)するようなサービスもあるので、そういったサービスと同列に考えれば決してパパ活だけがモラル違反とは思えないなと考える私がいますw

結局のところ、クラウドファンディングもライブ配信アプリも、利用者の匙加減一つで法律を逸脱することが可能だと考えると、結局パパ活が悪いのではなく、利用者の使い方が悪いと言わざるを得ないですよね。

 

パディー67運営会社の実態調査

先ほどの利用規約でも書いているように、paddy67(パディー67)はリリース当初運営会社情報をオープンにしていませんでしたが、2018年11月現在においてはこのように運営会社情報が更新されています。

運営者:paddy67株式会社
所在地:東京都渋谷区桜丘町31-8
責任者:三宅亮輔(代表取締役)

運営会社は「paddy67株式会社」。サービス名がそのまま法人名になったパターンのようですが、登記情報を調べたところこのような法人は存在していいませんでした

後日改めて調査したところ、運営会社の登記情報がしっかり確認できました。

私のミスというか、この「paddy67」という表記では登記していないだけでしたw

運営者:パディ67株式会社
所在地:東京都港区六本木3丁目18番2-1505号
責任者:三宅亮輔(代表取締役)

私が「paddy67」や「パディー67」といったワードで検索していたので該当情報が見つからなかっただけのようですね。paddy67の運営さんすみません!

 

パパ活マッチングの使い方

利用規約に同意するとこのような画像が表示されます。

  • 会いたいときにすぐ会える
  • マッチなしで直接メッセージ
  • 安心・安全のサポート

paddy67は利用目的が恋活や婚活ではなくパパ活というだけであって、基本的には出会い系マッチングアプリと何ら変わりはありません。

ここで「はじめる」をタップすると次のような画面に移行します。

あなたが何人で合流する予定なのか、そして会うエリアはどこにするかといった内容を決めてエントリーするというもの。

これを見る限りは、現時点でパパ活が出来るエリアはかなり限定されているようです。

エントリーを完了させるとこういったプロフィールカードが表示され、各女性のプロフィールを確認できるようになっています。

これは通常の検索ではなく、「本日会いたい」という1つのコンテンツで、画面下の「本日」を選択すると今日予定が空いている異性が表示されるという即会いサービスのようですね。

最近のマッチングアプリの主流になりつつあるデーティングサービスのようなものなのでしょう。

当然、paddy67に登録している女性もpaddy67がパパ活アプリだと知った上で登録しているので、簡単に会える女性ほどお金への執着も強いのでそれなりの出費を覚悟しておこう。

そしてここからが一番肝心なところなのですが、パパ活アプリpaddy67(パディー67)はマッチングアプリの中では突出したレベルの高額アプリという事。

詳しくは次の項目で紹介していきたいと思います。

 

パディー67驚きの料金設定

Appstoreのpaddy67(パディー67)紹介欄にはこのような事が書かれています。

富裕層限定!今すぐパパ活マッチングアプリ『paddy67』

富裕層限定というのが何を指しているのか最初は意味が分かりませんでしたが、料金プランを見て納得すると共に、あまりの高額料金に笑うしかありませんでした。

  • 1ヶ月プラン:10,800円
  • 3か月プラン:27,800円(9,266円/月)
  • 6か月プラン:48,800円(8,133円/月)
  • 12か月プラン:64,800円(5,400円/月)

単月プランがまさかの1万円越え!これは確かに富裕層向けのサービスと言って良いかもしれませんね。

私がpaddy67(パディー67)を使った感想としては、もし本気でパパ活をするにしても1ヶ月1万円はちょっと高いのではないだろうかというのが正直な感想です。

とはいっても結局paddy67は富裕層向けのマッチングアプリであり、尚且つパパ活したいと考えている男性が有料登録するものですから、1万円は大した金額と思われない可能性もあります。

普通のマッチングアプリになれている人にとっては驚愕の金額かもしれませんけどねw

 

パディにサクラはいるのか

サクラがいるかどうかは分かりませんが、私がpaddy67(パディー67)をダウンロードした日(2017年12月26日)は配信開始から1週間も経過していませんでした。

配信開始になって数日は、Appstoreにおいて検索表示されることはないので、もしパパ活を希望している女性がいたとしてもそれほど会員が集まるとは到底考えにくいですよね。

しかしアプリを開くと女性が40人以上登録しており、何やらかなり胡散臭い。

本レビューの口コミ欄を見てもらえれば分かりますが、とある方からの情報提供で、配信初期に登録していた女性たちはサクラではなく『pato』というエンタメマッチングアプリに面談なしで登録するためにpaddy67に登録していた可能性が高いようです。

【pato(パト)】今ギャラ飲みマッチングアプリが熱い、アプリ評価と感想
出会い系アプリやマッチングアプリとは異なりますが、エンタメマッチングアプリ【PATO(パト)】の感想・評価レビューになります。今、エンタメマッチングアプリ、通称"ギャラ飲みアプリ"が凄い事になっているみたいなんですよね。そもそも"エンタメマッチング"とは何ぞや?という話ですが、どうやらお金を支払えばアプリに登録しているキャストが飲み会...

この情報提供から推測するに、配信開始直後の閑散とした状況を回避するために運営さんが女性に登録してもらったという事なのでしょう。

恐らくサクラではなく中身がいる女性アカウントだと思いますが、パパ活目的の男性だと思っているのか、顔写真も設定していない私に対して速攻でメッセージを送ってきました。

有料登録させるための撒き餌か、はたまたお小遣いが早急に欲しい女性なのか。

paddy67のシステム上、無料会員の状態ではメッセージが1通目しか表示されないようになっているため2通目以降の開封をするには有料登録が必要となります。

相手の女性たちはそれを知ってか知らずか、わざわざ2通のメッセージをまとめて送りつけていました。サクラであるかどうかという断定はできないが、実際に使ってみた感触としてはかなり微妙なラインの女性かもしれませんね。

 

パディーの退会方法

パパ活に焦点を絞ってマッチングアプリを利用するのであれば、人によっては魅力的に感じるのかもしれませんが、パパ活以外の目的、例えば若い女性とデートがしたいといったことが目的なのであれば、退会して他のマッチングアプリを使った方が良いかも。

月1万円も支払うのであれば、まともな出会い系アプリであれば3ヶ月プランの契約が出来ますし、そっちの方が断然異性と会える確率は高いはずです。

もし登録してみて、またはこの評価レビューを呼んだうえでpaddy67(パディー67)が微妙だと感じたら、しっかり退会してからアプリを削除するようにしましょう。

ただし、paddy67(パディー67)は不親切なパパ活アプリなので、退会機能自体がみあたりませんw

少々面倒ですが、アプリ内の「お問い合わせ」からアカウント削除の依頼を出すか、paddy67(パディー67)からログアウトした上でFacebookとの連動を解除するしか方法はありません。

ちなみにFacebookとの連動を解除するには、Facebookにログインして「設定」→「アプリ」と進み、連動済みのアプリの中からpaddy67(パディー67)を選択して「×」を押すと、paddy67(パディー67)とFacebookアカウントの連携が解除されます。

 

パディー67の口コミにおける評判

paddy67(パディ67)の口コミは徐々に増えてきていますが、自演くさいものが多くてこまります。

課金するだけで、ユーザー全員とメッセージし放題なのもすごいね

別に凄くもなんともないし、マッチングアプリなら当たり前の事なので、感心するところはそこではないと思うんですけど・・・。むしろ、まともな人間であれば月額プランが1万円であることに疑問をじるはずですよね。

こういった的外れ場口コミを見ると、どうしても自演を疑ってしまいます。

既存の出会い系でも、デートの日程を調整する系でもなく、今日会える人を探せる新しいアプリ。可愛い子もそこそこいる

他のマッチングアプリとpaddy67(パディ67)を比較した口コミ。

最近はpaddy67(パディ67)のようにデーティングアプリとよばれる即会い系のマッチングアプリが増えてきているので、そういった即会いアプリを中心に利用している人の口コミなのでしょう。

東京、大坂以外はアクティブ会員が少なく全く会えません。ログイン3日以上ゼロの県多数。 解約時の返金ももちろんありません、大損しました。 他の、もっと人の多いサイトをオススメします。

これは2019年1月の口コミなので、リリースから結構な時間が経過している状況でも、やはり会員はあまり増えていないらしい。

もしかするとあの事件の影響があるのかもしれないですね。

 

paddy67(パディー67)感想とまとめ

パパ活をしようと考える思考そのものに問題があるとしか思えない」というのが私の率直な感想ですが、私も今となってはパパ活をする側の人間と同じ年代に突入しようとしているので、残念ながら男性たちの気持ちが全く分からないというわけではないというのが悲しいところですw

実際にパパ活をやっている若い女性はごく一部の限られた女性だと思いますし、世間から批判されるようなことを平気でやっているのは、更にその内の一部の女性でしかないはずです。

だからといってこういった犯罪行為にもつながる活動を放っておくのはこれからの大人になる青少年たちにとって決して良い環境とは言えないし、若い女性が身売りしているという事に変わりはないので、願わくば取り締まる条例を施行してほしいとすら思っています。

ただ現状ではパパ活を取り締まる術はなく、あくまで法律から逸脱した行為を行っている一部が問題となっているだけなんですよね。

もし自分自身に対し理性を保てるだけの自制心があり、誘惑に負けないという自負があるのであればpaddy67(パディ67)を利用してみるのも良いかもしれませんが、男性も女性も全て自己責任だという事を忘れないようにしましょう。

これまでにいくつものパパ活アプリ、もしくはそれっぽいパパ活アプリを見てきましたが、paddy67(パディ67)のようにインターネット異性紹介事業の届出をしているアプリは少なく、そういった意味ではpaddy67(パディ67)を選択するのは安全で賢いやり方なのかもしれませんね

繰り返しになりますが、あくまで他のパパ活アプリやサービスを利用するくらいなら、公安から認可を得ているなどパパ活サービスの中でも安心して利用できるという話であり、ここから先は完全に自己責任でお願いします。

 

パパ活は違法ではないが問題は多い

恐らく100人にアンケートしたら、間違いなく90%以上がパパ活に対して嫌悪感を抱いているはずです。

パパ活は表面上は報酬を貰っておっさんとデートするという行為ですが、実際にその後にどういった事が行われているのかという事は第三者には知るすべがありません。

デート代として報酬を貰っただけであっても、もしその後に体の関係に発展してしまえば確実に売春となり、これは列記とした犯罪となってしまいます

そもそも20歳そこらの女性が、見知らぬおっさんとデートをするという行為自体が危険という事を認識していないんでしょうね。

さらに言えば、万が一パパ活が原因でパパが離婚となった場合、離婚請求した奥さんから慰謝料を請求されると、パパ活をした女性は確実に慰謝料を払う羽目になるでしょう

そういったリスクを承知の上でやっているのであれば、後は自己責任なので問題はないと思います。

パパ活女子に対して、大金や豪華なプレゼントを渡す男性にも問題はあると思うが、平然と身売りするような真似をしている女性にも問題があるのではないでしょうか。

 

先日起こった女子大生遺棄事件もパパ活が問題だったのではないかと言われています。

詳細のほどは定かではありませんが、パパ活によって金銭トラブルが生じたとしても何ら不思議ではありませんし、出会い系アプリも定着するまでは様々な事件の種となっていました。

そう考えると、まだ一般的ではないパパ活を利用してよからぬ行動に出る男性がいても不思議ではありません。

何しろパパ活という行為は表立って言えるものではなくで、女性側にもパパ活をやっているという事がバレたくないという心理が働きますしね。

 

Tiwtterにおけるパパ活募集について

paddy67(パディー67)はインターネット異性紹介事業とどけでをしているため、利用者には年齢確認が義務付けられています。

中にはこういった手続きを面倒に感じる人もいるかもしれませんが、これは身を守るための方法であり、法律で決められている事です。

逆にこういったマッチングアプリで年齢確認を避ける人はどういう人だと思いますか?

パパ活にお金を投じるだけの経済的余裕と、それなりの社会的地位があるはずなのに、身分証の提示を嫌がるのはどんな人でしょうか?

この意味をしっかりと理解すれば、paddy67(パディー67)以外の闇サイトや公安非公認のパパ活アプリでパパ活することがいかに危険かという事を理解できるはずです。

最近では、Twitterなどでも「#パパ活」「#P活」というハッシュタグを付けて募集投稿している人がいますが、Twitterでパパ活やっている男性は正直危険です

そもそもお金があるはずなのに、無料でパパ活女子を見つけようとしているケチな男性なので、パパ活相手としても望ましくないのではないでしょうか。

中にはpaddy67やその他公安認可パパ活アプリの存在を知らないだけで、まともな人もいるかもしれませんが、Twitterでそういう募集をやるという感覚を持っている時点でちょっとやばい人なので、パパ活をやるのであればpaddy67(パディー67)のような安全なマッチングアプリの中でやるようにしましょう

 

 

 

コメント

  1. より:

    paddy67 はpatoというアプリの系列で、最初から女の子の登録者がいたのはpatoが面談待ちの女の子でいっぱいになってしまったので、paddy67の公式リリース前に登録してくれたら面談なしで利用できますというサービスがあり、リリース直後から登録者がいたんだと思います。
    実際にpaddy67を登録だけじゃなく利用しましたか?

    • 審議委員 より:

      コメントありがとうございます。レビューする際は必ずアプリを使用しておりますし、その証拠にキャプチャーも掲載しております。
      それに加え、必ず公式HPも確認するようにしておりますので、今回先行が実施されていた事も確認済みです。
      それを踏まえた上で、私なりの感想を書いたつもりです。
      面談なしで利用可能など、情報の提供を頂きありがとうございました。

  2. 利用者 より:

    まさんよくご存知で。
    関係者しかわからないと思いますが(笑)
    頼まれて登録してましたが関係者とさくらばかりで低レベルな方々ばかりでした。

    個人の感想、体験談ですので悪しからず