Pairs(ペアーズ)を利用した感想と評判

月額定額制の出会い系アプリの中でも歴史の古い恋愛・婚活マッチングアプリ【Pairs(ペアーズ)】の審議会評価や利用感想、口コミでの評判、詳しい料金や使い方などを掲載。

ペアーズは累計会員500万人を突破している出会い系でも大手と言われる人気マッチングアプリ。

サービスの開始は2012年7月で、月額定額制を採用している出会い系の中でも比較的息の長いサービスと言えそう。

マッチング数3200万組という数字はあまりあてになりませんが、実際に登録して使ってみた感想としては20代後半~30代の会員が最も多いイメージでした。

最近は定額制の中でも3000円を切るサービスも出てきている事を考えると、料金的には中間レベル。高くもなく安くもなくといった感じでしょう。

全体的なイメージとしてはナンパ感覚で利用している男性ユーザーが多く、マッチングシステムもこれといったおすすめポイントが少ないマッチングアプリです

Pairsのダウンロードはコチラ

ペアーズの特徴

対応OS Android / iOS
インターネット異性紹介事業届出 受理番号:30130004015
チャット料金 月額定額制
サクラ サクラはいない?
運営会社と実態 株式会社エウレカ
審議会コメント 信頼と実績は十分

この動画で言われているように、ペアーズは真面目に利用すれば”自然に趣味と価値観が分かり自分に合った人を探せる出会い系アプリ“だと思います。

Pairsは月額定額制なので、従量課金の出会い系と違ってチャットを無制限にできるところが魅力の1つと言えますが、それ以外にもペアーズならではの特徴的なサービスが用意されています。

ペアーズは現在多数存在している月額定額制の中では比較的早いスタートだったため、後発の出会い系アプリにマッチングシステムを真似されているのですが、2018年となった今ペアーズを利用してみても古臭い感じは一切ありません。

他の出会い系アプリと比べても検索機能が充実していて使いやすいという見方もできますが、それでも2012年にサービスが開始になった出会い系アプリという事を考えるとよくやっている方かも。

恋活・婚活するには十分な機能が備わっていおり、各年代バランスよく会員が登録しているので、腰を据えて使えば相手が見つかる可能性は非常に高いと思います。

一括購入がお得になる料金

やはり月額定額の出会い系で気になるのは、料金プランの中身でしょう。

実は私も後で気付いたのですが、登録するデバイスによって料金設定がバラバラになっています

ちなみにPCブラウザで公式HPを見てみると、有料会員登録は「3,480円/月〜」となっているのですが、実際にアプリを開いて確認したところ、以下のような設定になっていました。

 Pairs料金 Android iOS タップル誕生
1ヶ月 3,980円 4,100円  3,900円
3ヶ月 2,480円/月
(一括:7,440円)
3,400円/月
(一括:10,200円)
3,300円/月
(一括:8,400円)
6ヶ月 1,880円/月
(一括:11,280円)
2,300円/月
(一括:13,800円)
2,900円/月
(一括:17,400円)
12か月 1,380円/月
(一括:16,560)
1,650円/月
(一括:1,650円)
2,317円/月
(一括:27,800円)
女性 無料 無料 無料

ペアーズのGoogleplay決済(Android)とiTunes決済(iOS)、そして機能面で類似している出会い系アプリ『タップル誕生』との料金を比較した料金一覧表。

見比べてみると、単月の1ヶ月であればペアーズはその他出会い系アプリと比べてもかなり高い部類に入ります。

追記:以前は他のマッチングアプリと比べ金額的に高いペアーズでしたが、ある時期に多くのマッチングアプリが月額料金を横並びにしたため、現在はマッチングアプリとして平均的な料金になっています。

しかし複数月契約プランであれば、ペアーズがタップルよりも安くなり、更に言えばここには含めていない月額定額料金最安(1ヶ月2,800円:12ヶ月1,800円/月)の『with』よりも安い料金となるのです。

人気の出会い系アプリと比較してみても、複数月の契約であればペアーズの方が断然安上り

ただし、各社月額定額とは別にプレミアムオプションを設定していたり、定額プランの中でも使える機能に差があるので一概に料金だけで善し悪しを判断するのは難しいところですね。

1つだけ言える事は、定額制出会い系アプリを代表する三社(with・タップル・ペアーズ)は、女性は無料という点がかなり大きく、これによって女性会員の数も増えるので、やはり出会い系を選ぶのであれば女性が無料かどうかを真っ先に確認すべきでしょう。

ペアーズのマッチングシステムは、まず気になる相手に「いいね!」をしてアプローチをかける必要があります。

多くの定額制出会い系で用いられているシステムで、「いいね!」をした相手から「いいね!ありがとう」が返ってくればようやくチャットで会話できるようになるという感じです。

マッチングが成立した後の1通目のメッセージは無料会員でも送れますが、それ以降は有料会員にならないと利用出来ないので、気になる相手がいてマッチングが成立するようであれば有料会員にするという感じでも良いのかもしれません。

しかしその場合、1ヶ月プランよりも3ヶ月プラン以上で契約するのが良いでしょう。

コミュニティグループでマッチング

ペアーズでは、趣味でつながるコミュニティグループがあったり、異性との相性が表示されるなど様々な機能があります。

特にペアーズのようにコミュニティグループごとの検索が出来ると、自分と相性の良い相手が見つかりやすいというメリットがあります。

昔ながらの出会い系アプリのように、検索と掲示板しかないという場合、毎回プロフィールを開き、自分と趣味や趣向が合う異性を探すという手間が発生するのですが、ペアーズのように最初からコミュニティグループ単位で検索が出来る出会い系アプリでは、話が合いそうな相手を見つけやすいというのもメリットの1つです

例えば、これは「洋楽がやっぱいいよね。」という洋楽好きが集まるコミュニティで、ここから音楽の趣味が合う相手を探すことが可能。

しかも画面下の「絞り込み」を行えば、より効率的に異性を検索することが出来ます。

また各異性との相性も表示されているので、かなり検索がしやすく設計されています。

コミュニティグループにはメジャーなものもあれば、ニッチなカテゴリーなども用意されているので、自分の趣味が特殊だという自覚がある方は、そのコミュニティを探してみて、無いようであれば自分で作るという方法もあります。

検索方法が多様に用意されているので、しっかりとペアーズを使いこなせば、きっと性の良い相手に巡り合えるはずです。

季節ごとのイベントコミュニティ

コミュニティでのマッチングを取り入れている出会い系アプリはいくつもありますが、ペアーズのようにシーズンごとにイベントコミュニティを限定公開している出会い系サービスは、ペアーズとメンタリストDaiGo監修の『with』くらいです。

このように冬の時期になると、コミュニティのトップに「スキー・スノーボードに行きたい!」というペアーズの公式コミュニティが開設され、スキーやスノーボードが好きな男女がコミュニティに集まってきます。

会話にはあまり自信が無いけどスキーやスノーボードは好きだという方、またスポーツが出来る人がタイプという事であれば、こういったイベントに参加してみると面白いのではないでしょうか。

このイベントコミュニティは「3月26日(月)まで」と期間が決められているので、春になると花見、夏は海水浴といったイベントが開催されるのでしょう。

シーズンに応じたイベントで一緒に楽しく遊べる彼氏彼女を見つけましょう

ペアーズの使い方と評価

登録とログイン

ペアーズに登録するにはFacebookアカウントが必要になります。

Facebookアカウントさえあれば誰でも登録できるというわけではなく、「友達が10人以上いないと登録できない」という制約が設けられています。

もし自身のアカウントの友達が10人未満という場合は・・・頑張ってくださいw

友だちが10人以上いる場合、2タップで連動・登録が完了するので、あとはニックネームや居住地、各プロフィール項目を設定すれば、利用スタートです。

Facebookについて

ペアーズは恐らく日本の出会い系アプリで最初にFacebookアカウントでの登録機能を導入した出会い系サービスなのではないでしょうか。

このようなサービスに初めて遭遇した当初は、私もFacebookを利用して登録することに不安がありましたが、今となってはむしろFacebookアカウントを連動させて登録する方が簡単で利用しやすいとさえ思っています。登録後のログインもワンタップで済みますしね。

Facebookアカウントで登録することに抵抗があるという方のために、簡単にメリットをまとめてみました。

  • 登録が簡単
  • Facebook上の友達に登録したことがバレることはない
  • 業者の介入が少ない

Facebook連動した場合、FB上のタイムラインに登録したといった情報が流れることはありませんし、プロフィール上にそういった情報が記載されることもありません。

またフェイスブックで友達になっている誰かが、同じくペアーズに登録したとしても、FB友達は互いに検索に表示されないように設定されています

そしてこれは女性無料を掲げる出会い系では常に付きまとう問題なのですが、女性無料であるいことを利用して男性にメッセージを送り、他の出会い系へと誘導しようとする悪徳業者が必ずいます。

しかし、Facebookアカウントを連動しての登録であれば、そういった業者を極力排除することが出来るのです

ご存知のようにFacebookのアカウントは複数作成することが出来ないため、アカウントを作成するためには複数の電話番号を用意する必要があります。

更に、ペアーズでは「友達が10人以上いないと登録できない」という制約を設けているので、もしFacebookアカウントを作成できたとしても、友だちを10人作るという作業が待っている。

これまで簡単に出来ていたアカウントの作成が面倒になったことで、業者の介入が少なくなったという事なんです。

これらは利用者にとって大きなメリットであり、むしろデメリットが見当たりません。

準備を整えよう

登録時に簡単なプロフィールの設定は行うが、それだけでは不十分なので、まずは利用開始前にプロフィールをしっかり設定する必要があります

マイページを開くと、画面上部中央に写真が表示されているので、そこをタップするとプロフィール編集画面が表示されます。

ここで自己紹介文、Pairsプロフ(スペックの入力)、詳細プロフィール(内面的な部分)を全て入力し、最後にコミュニティの選択をしたら準備は完了!

いざ、マッチングの旅に出かけましょう!

マッチングからのメッセージ

ペアーズのマッチング機能は、大枠で考えると検索・コミュニティの2つとなります。

まずペアーズの特徴でもご紹介したコミュニティグループについてですが、こういったコミュニティグループは人気のある大手出会い系アプリでも広く使われている人気のコンテンツです。

実際にはペアーズの方がどこよりも先にサービスを開始しているので、元祖はペアーズであり他の出会い系アプリがペアーズを参考にしているという状況なのですが、特にタップル誕生においては通常検索が無いので、そういった意味ではペアーズのマッチング機能の方が優れています。

コミュニティがあれば、相手のプロフを完読せずとも共通の趣味があるという共通点がある事前提の検索となるので、個人的には重宝したいと思えるマッチング機能です。

またペアーズでは異性との相性が数値化されており、こういった細かな機能は特に出会い系初心者にとってはマッチングの手助けになる事でしょう。

この相性度数は、プロフィールを全て正確に入力することでより正確な数字としてマッチングの手助けをしてくれるので、繰り返しになりますがまずはプロフィールを充実させることを優先すべきです。

個人的に類似サービスのタップル誕生より優れていると感じるのは、このコミュニティグループに関してはほぼ同じながらも、タップルにはない通常検索が出来るという点。(出会い系としてあって然るべき機能なのだが、なぜかタップルにはない

しかもペアーズの検索では検索条件を細かく設定出来る上に、条件に合致する相手とは別に検索画面のトップには「注目のお相手」が表示され、少し下にスクロールすると「結婚に対する意思が一緒のお相手」や「職業が一緒のお相手」など、自分が設定した条件とは別に自動的に自分と相性の良い相手をピックアップしてくれます

コミュニティグループの中でのマッチングという同じ機能があるペアーズとタップルですが、結局この検索機能によってかなりの差が生じています。

私なら間違いなくタップルではなくペアーズを利用するでしょう。

サクラはいるのか?

ペアーズは異性紹介事業届けもしているし、サクラがいる可能性は限りなく低いと思います。

実際に適当な写真と適当なプロフィール設定のまま放置していても、サクラと思われるような相手からのアクションは一切ありませんでした。

どことは明言しませんが、月額定額制の出会い系アプリの中には、有料会員登録するまではアプローチ(いいね)が頻繁に届くのに、有料会員になった途端に異性からのアプローチが止むという出会い系があります

しかしペアーズの場合は、そういった変なアプローチは一切なかったので、サクラがいる可能性については限りなくゼロに近いと考えてよさそう。というか、いない。

運営会社

株式会社エウレカ
代表取締役CEO 石橋 準也
東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル5・6F

インターネット異性紹介事業 届出済み [認可番号:30130004015]

運営会社はペアーズを運営するために設立された法人で、ペアーズ以外の事業に関してはあまり手を伸ばしていないようです。

資本金は1億円。

それなりに体力のある法人ですし、現状でペアーズ過疎化しているということは全くないので、突然サービスが終了するといった心配もなく、安心して長期利用できるのではないでしょうか。

インターネット異性紹介事業届出」は出会い系サイト規制法で定められているもので、出会い系の運営会社に課されている届出義務。出会い系サービスを展開する際は必ず公安委員会に届出をしなくてはなりません。

つまりインターネット異性紹介事業届出は出会い系アプリやマッチングアプリの開業届出に該当するものなのですが、これをペアーズは届出済みであり、公安から認可されている法令順守の出会い系アプリなので、出会い系の運営会社としては信頼できる会社といえるでしょう。

法律で決められている事なので出して当たり前なのですが、出会い系アプリにおいては届出をせずに違法に運営されているサービスがあまりにも多いので、出会い系アプリを利用する際は届出の有無を確認すると良いかもしれないですね。

ちなみに運営会社のエウレカさんですが、2015年にアメリカの「Match Group」によって全株式が買い上げられMatch Groupの傘下企業となっています。

このMatch Groupはアメリカでも最大規模の出会い系運営会社で、日本でも人気となっている『Tinder』の運営会社でもあります。

そのMatch Groupの参加となったことで資本も潤沢となり、日本よりも出会い系市場規模が大きいアメリカにおける運営ノウハウも手にしたという事で、より一層強固な運営体制を築き上げたといえるでしょう。

口コミでの評判

口コミはAppstoreだけでも3万件を超えているので個別に紹介するのは困難だが、ざっくり見ているとバランス的には良好な口コミが多かった印象。

数ある中でもかなり良心的なんじゃないかなーという印象。(★5)

会えますが、アプリが強制終了になる事もしばしば…。真面目に出会いを求める人たちの一助になるアプリだと思います。(★4)

この他、ちょっと面白かった口コミを紹介したいと思います。

友達が少ないから登録できなかったw友達多かったらこれやろうとしないわw(★1)

確かにそうかもしれない(笑)

ちなみにPairsでは重複登録や業者の登録を防ぐためにFacebookアカウントを使ってしか登録出来ないようになっており、しかもそのFacebookアカウントに10人以上の友達がいないと承認されないという厳しさ。

中にはここで断念してしまう人もいる事でしょうが、友だちがいないと嘆く必要はなく、フェイスブック内で「友達承認 100%」と検索すれば簡単に友達になってくれる人が見つかるはずです。

この口コミには納得させられる部分もありますが、その半面で少し頑張ればどうにかなるとも思っているので、もし10人に満たないという場合はどうにか頑張ってほしいですね。

そして繰り返しにはなりますが、Facebook上でタイムラインなどにペアーズを利用しているという内容が自動的に投稿されることはありませんし、もし友達がペアーズを利用していた場合、ペアーズの中では互いに非表示の設定になっているので、安心して登録して問題ないでしょう。

Twitterでの評判

AppstoreやGoogleplayは自演や業者の叩きがあるためあまり参考にならない部分もあるのですが、一番リアルな声を吸い上げる事ができるのがTwitterだと思います。

ただし!

※Twitterの場合は、広告目的のつぶやきも多いため、ここからご紹介するツイートについては広告リンクが貼られていないアカウントのツイートに限定しています。

いいね数ってめっちゃ大事だなと思う。pairsは90いいねであまりマッチングしないのに対して、withは320いいねついてるから大体の女の子とマッチングする。

これをつぶやいているユーザーは、プロフィール欄に”Pairsの鬼”と書いているので、本来はPairsを利用しているユーザーなのだと思います。

そういう方がペアーズよりwithの方が良いという事を暗に示すツイートをしているので、やはりwithの方が優れているという事なのかも。

実際に私も、ペアーズよりwithの方が使えるマッチングアプリだと思っています。

ちなみに、Twitterでペアーズを検索していると、こういった声がかなり多く特に女性は注意が必要

ガチでネトナン極めようと 思うならペアーズ。

ネトナン、つまりネットナンパの事なのですが、Twitterでネトナンと検索するとネットナンパ師たちの自慢話や、どの出会い系がおすすめかとかそういうツイートがかなり出てきます。

その中でよく目にするのがペアーズで、ネトナン師はかなりの確率でペアーズを使っているらしい。

「ネトナン+ペアーズorタップル」でググっても、ヒット数が多いのはペアーズだったので、やはりペアーズはネトナン師の温床になっている模様。(withの場合は余計なものまでヒットするので判断が難しい)

やはりペアーズは全体的に軽い出会いを求めているユーザーが多いのかもしれないですね。

pairsを初めてちょうど1週間ですが、235いいね!をいただき、ありがとう!を返したのは5、6人で(定かではない)LINEを交換したのは1人

これは女性の投稿のようですが、このような「いいね自慢」にも取れるような投稿もかなり多い。

20代前半や10代の利用者は、やっぱりいいねをたくさんもらう事に快感を覚えているのかな?

中にはいいねを沢山もらうために、しばらくイケメンの写真を使っていいねを稼いだと自慢してました。

何が楽しいのやら・・・。

総じて言えるのは、AppstoreやGoogleplayでは見られないような投稿が多く、若い世代だとナンパ感覚で利用しているユーザーがかなり多いようですね。

ストリートナンパではなくネットナンパをする時代になっているのでしょうが、そういう利用者がこぞってペアーズに集まっている印象。

そう考えるとちょと微妙かもしれないですね。

ペアーズの感想まとめ

大手出会い系アプリ、特に10年以上の運営実績を持つ従量課金制の出会い系の多くは、アプリでのサービス配信が上手く言っておらず、中にはiOSしか配信していないというところも多い。

しかしPairsのように2010年代に出現した出会い系アプリの多くは、アプリ利用に特化しているので、アプリで使っていてもストレスなく利用できるし、画面も非常に見やすくなっています。

アプリ世代の18歳以上~30代であればかなり使いやすいのではないでしょうか。

問題はやはり月額定額料金がやや高いという点と、ネトナンが横行している点でしょう。Twitterなどでネトナン指南しているネトナン玄人の間でもペアーズは欠かせないマッチングサービスの1つとなっているようで、多くのネトナン師のつぶやきにペアーズが登場しています。

また私が実際に使ってみた感想を元に提言するとすれば、20代後半以上の男女には正直おすすめはしません。会員数が多いからとペアーズを選択する人もいるかもしれませんが、ペアーズには会員数の多さをメリットに出来るような検索機能が無いように感じます。

ペアーズはいいね!で繋がるマッチングアプリとしては先駆者とも言える立ち位置ですが、最近のマッチングアプリの方がマッチング機能が充実していますし、実際にここ数年の伸び率を見るとペアーズよりも新規の出会い系アプリの方が高くなっています。

もし20代の女性を狙うのであればペアーズは避けて、『with』や『タップル誕生』を狙った方が良いかも。30歳前後の方であれば今なら『マッチブック』あたりがおすすめです。

今回のペアーズに限らず、基本的に当サイトでおすすめしている出会い系アプリやマッチングアプリは男性のみ月額定額制のものばかりです。

月額制といっても結局居酒屋1回分程度の料金なので、これくらいの投資であれば本気で恋活・婚活しているという方は思い切って1ヶ月登録しても良いのではないでしょうか。むしろそれくらいしないと綺麗な女性や可愛い女性は見つかりません。そんな女性を無料の出会い系アプリで探そうとする方が都合よすぎますよね。(しかも無料の出会い系アプリはほぼ100%違法なものばかりで詐欺率が異常に高い)

逆に女性目線で考えたとき、最近では月額定額制のマッチングアプリでもネトナン師が多いので注意が必要となりますが、実際に会ってみないとネトナン目的かどうかは分からないので、判断が難しいところですね。

私は現時点で2つほど月額定額の出会い系に登録していますが、本気で恋活するなら月額定額が一番だと思っていますし、実際に利用していてもそのように実感しています。

従量課金は業者が多く、掲示板などが結構荒れたりしているので、本気の出会いというよりはライトな出会い向け、つまりワンナイトやセフレ探し向けだと思います。

本気なら月額出会い系、遊びというか異性の友達・飲み仲間探しなら従量課金の出会い系といった感じで、2タイプの出会い系アプリを使い分けるのもアリだと思います

他の出会い系アプリと併用して利用するのであれば、やや料金設定の高いペアーズは微妙かもしれませんが、腰を据えて1つの出会い系アプリを利用するのではなく複数の出会い系アプリを並行利用するのであればペアーズはおすすめかも。

あと、ネットナンパ目的であればペアーズは登録者数も多いしおすすめです!

Pairsのダウンロードはコチラ

コメント