ぷりふれ

出会い系アプリ【ぷりふれ】に登録利用した感想と評価、口コミでの評判やサクラ情報などを掲載。

ぷりふれは出会い系アプリっぽい作りになっているのだが、運営者自身は全力で異性紹介事業であることを否定している。その為、ぷりふれ内では誰とも出会えないように厳しくチェックされているようなので、出会い目的であれば絶対に使わない方が良い

そもそも登録されている女性アカウントが綺麗で若くて可愛い女性ばかりという、絶対にありえない状況になっているので、それでも使いたいというのであればそれ相応の覚悟を持って使った方が良いだろう。先に言っておくが、出会い目的であれば絶対に裏切られる事になるはずだ。

対応OS Android
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 無料
サクラ サクラか単なるダミーアカウントか。
運営会社と実態 Takanori Saito(個人で運営?)
審議会コメント 出会い目的なら使わない事をおすすめする
実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

ぷりふれの実態

ぷりふれは「SNS」であると自称しているが、SNSとは自らが情報を発信して、その情報を会員同士て共有するサービスであり、SNSたる最も重要な要素は「情報発信」である。

しかし、ぷりふれの場合はSNSとして最も重要な情報発信ツールが無い。この時点でぷりふれはSNSというカテゴリーから外れてしまう。

これはぷりふれの検索画面。少し分かりにくいが画面上部にはメニューが並んでいるのだが、情報を発信できるようなメニューは1つもない。

これでは「検索して相手を見つけてチャットをする」というのが主目的になってしまい、完全に出会い系として認定されるシステムになっている。

出会い系とは?

正確には「インターネット異性紹介事業」という名称で、これは出会い系サイト規制法によって定義されている。その定義内容は以下の通り。

  1. 面識のない異性との交際を希望する会員の情報が掲載されている
  2. 異性交際希望者の情報が誰でも検索できる状況にある
  3. これらの情報を閲覧した異性交際希望者が、相互にメッセージのやり取りが出来る
  4. 有償・無償を問わず、反復して継続利用できる

これは警察庁のHPに掲載されている内容を、出来る限り分かりやすくした(つもり)出会い系の定義なのだが、見ての通り利用者が「出会い系」として利用する事が出来るのであれば、例え無料のサービスであったとしても、それは客観的に異性紹介事業として認定されるという事なのだ。

私が見る限りでは、ぷりふれはSNSのように情報発信と共通を目的としておらず、会員が検索してチャットをするという、どちらかというと異性紹介事業に該当するサービスだと思っている。私の視点=客観的視点なので、こういったユーザーが多ければ多いほど、ぷりふれは事実上の異性紹介事業という事になるのだ。

実際に各会員のプロフを見ていくと、ほとんどが出会い目的で利用していることが分かる。これを運営者が放置している時点で、異性紹介事業(出会い系)であることを認めた事になるのだが…

利用規約

ぷりふれの利用規約には、しつこいくらいに異性紹介事業であることを否定した文章が掲載されている。

本サービスは出会い系サイト規制法で定める要件を満たしておらず、また異性交際を目的、推進するサービス(マッチングなど)も提供しておりませんので、禁止事項に出会い。異性交際を目的とした行為を定めていますが、本サービスを通じて知り得た情報等により、街中で偶然会ってしまった場合、本さ0ビス外の個人行動は制限できませんので、これは不可抗力となります。

さすがにこれを見たときは笑ってしまったが、ぷりふれ内でチャットをしていた相手と偶然街で会ったとしても、顔写真1枚程度ではその相手だと認識するのは不可能だろう。これでは暗に「そういう方法であれば会えるよ」と言っているようなものだ。

そもそもわざわざこのような事を書く必要が本当にあるのだろうか?w

その後の条文では、サクラだらけのクソ詐欺アプリが常套手段で使っている「当社スタッフがサイト利用させて頂くことがあります」という文章が掲載されている。運営者であればわざわざ会員になりすましてまで利用する必要はないはずなのだが、何のためにサイト利用するのだろうか。これではサクラがいると誤解されても仕方がないだろう

サクラ

ぷりふれ内には、本サイトや他の出会い系紹介サイトが似非出会い系アプリを批判するときに使っているような文言に対して、徹底的に反論処理がなされている。

これに対して再度反論処理しても良いのだが、面倒で時間の無駄なのでこれだけはハッキリしておきたい。

  • ぷりふれでは出会えない
  • ぷりふれでは出会っちゃいけない!

それを承知の上で利用するのであれば別に良いだろうが、もし利用するのであればこれだけはしっかりと理解してもらいたい。

女性目線で考えよう(最重要!)

女性目線で考えると、ぷりふれは確かに完全無料だがそれはぷりふれに限ったことではない。多くの出会い系(異性紹介事業として認可されている出会い系)において女性は無料となっている。

それを踏まえた上で、あなたが女性であればどちらのサービスを使いたいと考えますか?

最近の出会い系は様々な機能が実装されており、イベントも定期的に開催されている。誰かと出会え無かったとしても楽しく利用できるようになっているのだ。

それに比べてぷりふれの機能は必要最低限のものしかなく、使っていて何一つ面白くない。サービスの質で言っても、ぷりふれはSNSや出会い系、チャットアプリの中でも最低ランクのサービスだろう

これを女性がどう判断するか。もし私が女性であればぷりふれのような面白みに欠けるサービスは絶対に使わないだろう。

また邪な考えかもしれないが、出来れば完全無料の出会い系しか使わないようなケチ臭い男性よりも、有料でもたかが数千円程度であれば何の抵抗もなく出費出来る男性を選ぶだろう。要は経済的な価値観の問題だ。

口コミにおける評判

Googleplayのユーザーレビューを見てみると、前項でご紹介した内容の裏付けになるかもしれない。どうやら自演の書き込みは無いようだが、口コミを書き込んでいるユーザーは全員男性。

【星3評価】返信がないですねぇ!

【星2評価】他より少しだけマトモかな…

アプリ内には確かに女性アカウントが多数いるように感じるが、大人気の大手出会い系でも顔写真の掲載を拒む女性が多いのに、なぜかぷりふれでは顔写真を積極的に掲載している女性が多い。ダミー会員である可能性が高く、口コミを見ている限り一般登録した女性はほとんどいないと思った方が良いだろう。

アプリを利用した感想

異性紹介事業ではないと必死にアピールしているが、もしそうなのであれば出会いを求めているユーザーはぷりふれを絶対に使わない方が良いだろう。単に時間の無駄なのだから。

確かに男性目線で言えば完全無料で使える事はメリットだろうが、女性にとっては男性も無料で使えるようなサービスには不安が残る。どう考えても男性有料のサービスよりも低質だし、男性よりも力が劣る女性からすれば、こんな本人確認も行わない出会い系で知り合う男性など恐怖の対象でしかないだろう。

少しの希望に賭けてみるのも良いかもしれないが、出会い系アプリを選ぶ際は女性目線で考える事も重要だ。その最たる例が、法律を遵守している異性紹介事業認可済みの出会い系アプリであることは言うまでもないだろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント