サクラに騙されない!最強おすすめ出会い系マッチングアプリ10選

これまでサクラに騙されてきた、業者ばかりに引っかかるなど、出会いアプリであまり良い思いをしてこなかった方のために、安心して利用できる出会い系アプリ・マッチングアプリをランキング形式で厳選してご紹介しています。

 

出会い系アプリやマッチングアプリの選び方によって出会える確率は大きく変わってきます。

 

これから彼氏彼女を見つけたいという方のために、これまで利用してきた1000以上の出会い系・マッチングアプリの中から安全に出会えるアプリを厳選してご紹介していますが、今回、出会い系・マッチングアプリをおすすめするにあたり、重視したポイントは以下の通りです。

 

  1. 公安委員会から認可されている法令遵守のアプリ
  2. サクラがいない
  3. 高いマッチング力

 

まずはこの3つのポイントについて簡単に解説していき、その上でおすすめの出会い系・マッチングアプリをおすすめ順にご紹介してます。

 

おすすめする最大の要因は「安心・安全」

 

まず大前提として、「出会い系サイト規制法」を遵守し、公安委員会に届け出をしている事

出会い系アプリやマッチングアプリを選ぶ上で、これが何よりも重要です!

 

届出をしていてもサクラまがいの行為をしている大手マッチングアプリもありますが、当然そういった出会い系アプリやマッチングアプリはランキングから除外しています。

 

そして出会い系・マッチングアプリとして最も重要な「マッチング力」!

マッチング力とはあなたと相性が良い異性をどれだけ正確に教えてくれるか、そしてその機能がどれだけ用意されているかという事です

 

このほか、口コミにおける評判や、アプリとブラウザ両方で使える利便性の高さ、料金体系が分かりやすく低料金で利用できるかなど、様々な角度から検証した出会い系アプリ及びマッチングアプリの総合評価ランキングです。

 

 

出会い系・マッチングアプリ 10選

これからご紹介する出会い系・マッチングアプリTOP10は、上位のアプリから順に最も出会いやすいおすすめアプリを掲載しています。

 

アピールポイントとして私の個人的見解と感想を添えています。また恋活向きなのか、婚活向きなのか、もしくはセフレアプリなのかといった内容まで、各サービスの概要を簡潔にまとめているつもりです。

 

ただし、あくまで簡潔にまとめたものなので、もっと詳しい内容を確認したい場合は「詳細ページ」で個別のアプリ評価レビューをご覧ください。

 

いずれも使い方を間違えなければ出会える出会い系・マッチングアプリですので、自分に合ったアプリを見つけ、そこで素敵な出会いがあることを願っています。

 

 

優秀なセフレサーチアプリ

第1位 ミントC!Jメール

【アピールポイント】出会い系アプリとしての歴史は古く、大手出会い系アプリの影に隠れた存在ながらも、堅実に会員数を増やし信頼を勝ち取ってきておすすめの出会い系アプリです。

出会い系アプリの中でも17年という長い歴史を持つ老舗サイトのミントC!Jメール。

会員数を見ると他の大手出会い系アプリに劣る600万人ですが、長年の実績と口コミにおける評判の良さでここまでのし上がってきた堅実な出会い系アプリです

掲示板の種類が豊富で、他の出会い系アプリにはない「アブノーマル」や「秘密の人妻」といった掲示板が特に人気を集めています。

最近は不倫という言葉に過敏になっているため、なかなか性のはけ口が見つからないという方もいると思いますが、Jメールであれば互いに了解の上での関係を持つことが出来るのでおすすめですよ。

Jメールにはアプリ版とブラウザ版がありますが、アプリ版ではアダルト系の掲示板が閲覧できないようになっているので、セフレや一夜限りの相手を探すのであればJメールweb版はダントツおすすめです

ただし、やり過ぎにはくれぐれもご注意!

 

Jメールの詳しい使い方はコチラのJメール評価レビューの中で詳しくご紹介していますので、登録が完了してこれから出会いを探すという方はコチラを参考に。

 

 

真面目に恋活・婚活したい20代30代におすすめ!

第2位 Daigo監修with

【アピールポイント】マッチングアプリの中で最もマッチング率が高いのがwith!マッチングアプリの中でも特に優秀で男女共に出会いのチャンスが多いのが特徴。私的利用で一番出会いが多かったマッチングアプリ。

メンタリストのDaigoが監修を行い、BigFiveという性格診断でマッチングをしてくれる今一番おすすめの恋活・婚活マッチングアプリ

本心で言えば1位にしても良いとも思っていますが、まだ運営実績が3年程しかない点とその他出会い系のこれまでの実績を鑑みてこのランキングポジションに。

料金システムは月額定額制ながらも、月額定額出会い系の中でも安い料金設定となっており、20代の男性でも気軽に利用できるという点が喜ばれています。

更にマッチングのための機能も充実していて、その「マッチング力」は出会い系アプリ・マッチングアプリの中でも間違いなくナンバーワンです!

マッチングアプリとしては後発サービスなので、既存のペアーズやタップル誕生などと比較されることも多いのですが、使い勝手の良さやイベントによる盛り上がりは群を抜いており、使い方さえ覚えればかなり優秀なマッチングアプリとなるはずです。

性格診断や恋愛診断といった女性が好きなコンテンツをマッチングと絡めているため、イベントの度にマッチング数が増えていくという仕組みになっていて、使っていて楽しいと感じる珍しいマッチングアプリなんです。

女性が「いいね!」を押しやすい設計になっているので、マッチングアプリの中では珍しく男性がたくさんいいねを貰えるマッチングアプリ。

今年こそは!と、真剣に出会いを探している恋活・婚活者におすすめです!

 

 

DaiGo withは使い方を理解すれば他のマッチングアプリと比べマッチング率が高くなっています。withに登録したけどなかなかマッチングしないという方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

 

日本最大の出会い系コミュニティ

第3位 ハッピーメール

【アピールポイント】日本の出会い系・マッチングアプリで初めて累計系因数2,000万人を突破した日本最大の出会い系アプリ。現在も盛んに掲示板に投稿があるなど日本一に恥じない盛り上がりを見せている。

出会い系全体の中でもネームバリューだけで言えばトップクラスの老舗出会い系アプリ・ハッピーメール

ハッピーメールは出会い系として初めて累計会員数が1,000万人、1,500万人を突破し、そして現在は2,000万人を突破するなど、実績という点においては群を抜いた存在なのではないでしょうか。

知名度も高く、一昔前の出会い系”サイト”のランキングではハッピーメールが1位になっていることも多く、今でも女性の利用者が多い印象を受けます。

またハッピーメールの特徴ともいえるのがアダルト目的での利用。つまりセフレ探しです。

JメールやPCMAXと同様に、掲示板ではアダルト系に特化したカテゴリーなども用意されているため、そういった関係を目的とした利用も目立ちます。

一時期は様々な問題があり人気も下降気味でしたが、現在はアプリだけではなく公式サイトもリニューアルされるなど、古臭い印象は消え非常に使いやすい新しい出会い系アプリに生まれ変わっています。

東日本の利用者であればJメールやPCMAXの方が良いかもしれませんが、ハッピーメールが主戦場としている西日本、特に九州地方の方であれば間違いなくハッピーメールがおすすめです。(本社が福岡にあるため西日本に強い)

一時は、アダルト系の募集が多すぎて取り締まりの対象となったこともあるくらいですが、現在はサービスを刷新し、新たに生まれ変わったハッピーメールが楽しめるようになっています。

 

ハッピーメールはアプリ版とブラウザ版があり、使い勝手が良いブラウザ版は少し分かりにくくなっているので、ブラウザ版をご利用の際はこちらの使い方を参考にしてみて下さい。

 

 

20代におすすめの恋活マッチングアプリ

第4位 イヴイヴ

マッチングアプリの中でいち早く「完全審査制」を導入し、20代を中心に人気を集めている恋活マッチングアプリ・イヴイヴ

完全審査制と聞くと敷居が高そうなイメージを持ちますが、よほど変な写真を設定しない限り審査には通ると思うので、まずは何よりトライしてみることが重要です!

審査に通れば、あとは異性とマッチングするだけですが、完全審査制という事もあって美男美女が多いのがイヴイヴの魅力の1つ。

審査は24時間かかりますし、最悪の場合は審査落ちすることもありますが、それでも何度かトライする価値がイヴイヴにはあります。

特に利用者の多くが20代前半の若い男女なので、同年代もしくは18~19歳や20代後半の人にもおすすめです。

恋活マッチングアプリと呼ばれるサービスはいくつかありますが、イヴイヴのように「恋活」に限定しているマッチングアプリは、恐らく他にはありません。

恋活だけに特化しているため、他のマッチングアプリよりもマッチングしやすいという特徴があります

また毎週金曜日に開催されている「プチ恋」では、本格的にマッチングする一歩手前、話し相手を探す感覚でマッチングするので、いつも以上にライトな出会いが楽しめます。

恋活するならDaiGo withがおすすめですが、真剣というよりも友達からでも良いのでライトな出会いの方が良いという方であればイヴイヴの方がおすすめです!

 

イヴイヴのマッチング攻略やプチ恋の使い方についてはコチラの評価レビューでまとめてご紹介しています。

 

 

恋活からセフレ探しまで幅広さが魅力

第5位 PCMAX

【アピールポイント】アクティブユーザー数No.1を掲げる出会い系アプリだが、最近はマッチングアプリの波に押され人気に陰りが見え始めている。ただしセフレアプリとしては現在もなお人気がある。

インターネット異性紹介事業の認可を受けている正規の出会い系の中で、総合的にバランスの取れた出会い系アプリ

10年以上続く老舗出会い系で、会員数は2017年に遂に1,000万人を突破するなど、今なお成長し続けている出会い系アプリなんです。

個人的には安い料金設定や程よいコンテンツ量も評価のポイント。

当然ながらアプリにも対応しており、老若男女問わず使いこなせるシンプルなインターフェイス設計と使い勝手の良さは老舗出会い系の中でもトップクラス!

アクティブユーザー数No,1」と豪語しているだけあって、掲示板の投稿数も多く、かなり活発なやり取りが日々繰り広げられています。

会員の年齢層も広いので、年上女性が好きだという20代男性にもおすすめです!

アプリ版は制限が設けられているので恋活・婚活にしか使えませんが、ブラウザ版であればセフレ探しやスポットの出会いなども楽しめるようになっています。出会い系サイトの中でも信用度が高くユーザー数が多いので、利用する掲示板さえ間違えなければ結構あっさり相手が見つかる事も。

最近ではアプリ版、ブラウザ版の両方でリニューアルをしているので、非常に見やすく使いやすい出会い系に生まれ変わっているのも嬉しいポイントですね。

また出会いの目的もカテゴリー分けされているので、初めて出会い系を使うという方でも分かりやすく使いやすいのではないでしょうか。

新社会人や転勤者など新天地で出会いを探している方や、大人の出会いを探しているという方だけでなく、30代、40代になり本気で結婚相手を探しているという方にもおすすめ出来る、オールマイティーな出会い系アプリ。

 

PCMAXの詳しい使い方や料金システム、また出会うための攻略方法などはこちらのPCMAX評価に詳しくまとめています。

 

 

婚活におすすめの真面目なマッチングアプリ

第6位 ゼクシィ縁結び

【アピールポイント】婚活マッチングアプリの中でも特に女性からの支持が高いマッチングアプリ。女性目線の機能が豊富で婚活女子にとっては非常に使いやすいというメリットがある。

結婚情報誌大手のゼクシィが運営する婚活マッチングアプリ【ゼクシィ縁結び】は真剣に婚活したいという方におすすめの、私が考える婚活ナンバーワンアプリです

出会い系アプリやマッチングアプリの多くは、アプリのリリースと共にネームバリュー構築に尽力しますが、ゼクシィに関しては元よりネームバリューがあり、しかもブラウザ版で既にサービスの提供がされていたため、既に会員数も多く2018年4月に配信開始となったばかりの婚活マッチングアプリとは思えない盛り上がりを見せています。

他のマッチングアプリと比べると料金設定はやや高くなっていますが、ゼクシィ縁結びを利用して婚活が上手くいかなかったという方のための「婚活成功保証制度」や、専門の婚活コンシェルジュが2人の出会いを出助けしてくれる「お見合いオファー」といったシステムなどが、料金に見合った多機能さが魅力です。

最近では婚活マッチングアプリも増えてきましたが、ゼクシィの場合はここ最近で婚活事業に手を出し始めたわけではなく、20数年も前からゼクシィを創刊し積み重ねてきた婚活のノウハウがあるので、他の婚活アプリとは比べるまでもなくおすすめです

他の婚活マッチングアプリではなかなか上手くいかなかったという人にこそ使ってほしいマッチングアプリですね。

 

 

街でゼクシィ縁結びの相談カウンターを目にしたことがあるという方もいると思いますが、ゼクシィ縁結びはインターネット上だけではなく店舗出店も果たしているのでそれも強みの1つと言えるかもしれません。

結婚相談所としては破格の低料金に設定されており、他社相談所と比べると「さすがゼクシィ」とうなるほどの料金になっています。

お近くにゼクシィカウンターがあって興味があるという方は、ゼクシィーカウンターもおすすめですよ。

 

 

会員数が多い万能型のマッチングアプリ

第7位 Pairs(ペアーズ)

【アピールポイント】マッチングアプリに限定して考えればNo,1の人気を誇るペアーズ。マッチングアプリの中では会員数が最も多く安定した人気を誇るが後続のアプリと比べると機能面で劣る。

マッチングアプリの代表格とも言えるペアーズは、30代の恋活者にはおすすめなのですが、他のマッチングアプリと比べると全体的にはちょっと物足りない感じがあります。

ただし、月額定額制のマッチングアプリの中ではいち早くサービスを開始していたという事もあってか、会員数は多くマッチングアプリの中ではナンバーワンとなる累計会員数600万人を誇ります。

どの年代に特化しているという事もなく、全世代に指示されているバランス型のマッチングアプリなので、全世代におすすめ出来る万能型アプリではあるものの、Twitterや口コミを見ているとネトナンのツールとして利用している男性ユーザーが多いのがネックと言えそうです

600万人という分母の大きさは他のマッチングアプリと比べても群を抜いており、そういった理由からネットナンパ師に好まれているようです。

機能面では趣味で繋がれるコミュニティがあるなど、共通話題で仲良くなることが可能。

検索に関しては恐らくマッチングアプリの中で一番機能が充実しており、コミュニティグループと併せて活用すればマッチング率はかなり高くなるはず!

マッチングアプリに慣れておらず、「なかなか会話が続かない」「マッチングが上手くいかない」という出会い系初心者におすすめしたい恋活・婚活マッチングアプリです。

 

 

その他おすすめ出会い系マッチングアプリ

第8位 ゼクシィ恋結び

先ほどご紹介したいゼクシィ縁結びは婚活に特化したマッチングアプリでしたが、こちらのゼクシィ恋結びは婚活に特化したマッチングアプリとなっています。

しかし、本来はゼクシィ恋結びは恋活のためのマッチングアプリだったのだと思いますが、ゼクシィという看板があまりにも強すぎるため、結局恋結びも婚活アプリの様相を呈しています(笑)

そのため、恋結びを利用するくらいなら個人的には縁結びの方が良いんじゃないかと思っていますし、恋活するならDaiGo withの方がいいでしょうね。

ただ料金面を比較すると、縁結びでは婚活のためのサービスが多数ありますが、恋結びには結婚に向けた機能などがないため、月額料金はゼクシィ恋結びの方が安く設定されています

縁結びが女性有料に対し、恋結びは女性無料なので、女性にとってはゼクシィ恋結びの方がとっつきやすいのかもしれません。

現段階における会員数は恋結びの方が多いですが、今後は縁結びの方が会員が増えていく可能性が高いので、婚活をするのであれば恋結びよりも縁結びの方がおすすめです。

 

 

第9位 アエルドットパーティー

時代の変化に伴い最近はオンライン婚活の需要が高まりつつありますが、その中でも現在最も注目度が高いのが『aeru.party (アエルドットパーティー)』。

これまでの出会い系アプリや婚活マッチングアプリとは異なり会員同士のチャットはできず、設定するプロフィールも最低限の情報に絞り込まれています。

厳密に言えば出会い系(異性紹介事業)に該当しない新たなマッチングサービスと言って良いでしょう。

異性と出会う方法はアプリ内で開催される婚活パーティーに参加し、スマホのカメラを使って1分もしくは3分間のビデオ通話を行うというもの。(パーティーによって時間設定が異なります)

プロフィールを詳細に設定し過ぎたりすると相手に変な先入観を与えたりしますし、チャットのやり取りが長くなると実物とは異なる印象を与えたりしてしまいますが、そういった余計な間違いをなくすためにビデオ通話で相手の表情を見ながら会話し、相手をより深く知る事が出来るというのがライブ婚活の最大のメリットです

料金システムは月額制ではなくチケット制なので、まずはお試して少額課金してオンライン婚活パーティーに参加してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

 

第10位 ユーブライド(youbride)

キャンペーン:定額のサービスとなっておりますので残念ながらそういったものはありません。ですが課金しなくてもメッセージは読めます、送信はできませんが…ただかなりマジメ路線です。

婚活というジャンルに絞れば最もコスパが高いのがこのユーブライド

マッチングアプリの中でも珍しいほど真面目な婚活アプリなので、他の出会い系で婚活が上手く進められなかったという方には是非試してほしいアプリです。

ユーブライドは婚活専門アプリだけあって、軽い気持ちやヤリ目で来ているような会員はほとんど皆無です。入会に10万円以上も支払わなくてはならないオンライン結婚相談所に登録する前に、騙されたと思ってトライしてほしいおすすめの婚活マッチングアプリです。

また今回のランキングには入っていませんが、YYCという公安認可の出会い系アプリと同じ会社が運営しており、オンラインサービスだけではなく実際に婚活パーティーなどのイベントも全国各地で開催しています。

ユーブライドで知り合った相手と婚活パーティーで対面することも可能ですし、1対1で合うのに抵抗があるという方でも安心した出会い方が出来るので、婚活に興味があるという方は是非一度試してほしい婚活アプリです。

 

 

おすすめランキングの基準を解説

1位にした理由とおすすめする理由

1位の【Jメール】は会員数こそ他の老舗出会い系アプリに引けをとりますが、いつアプリを起動しても掲示板の動きが活発で、返信率も高いと感じる事が多く、セフレを探すアプリとしてはかなり優秀です。

こういったセフレや人妻に特化した出会い系アプリは他にはなく、マッチング率が高いという私の体験を踏まえた上で1位にしています。

最近ではHPやアイコンのデザインも一新され、以前のような旧来の出会い系アプリといった印象もなくなりつつあるのではないでしょうか。

出会い系アプリを利用している方の中には、返信率が低くいとサクラがいるんじゃないかと疑いを持つ方もいらっしゃると思いますが、今回ご紹介している出会い系アプリにおいてサクラは使われていませんし、ましてやあなたに問題があるという事でもありません。(中にはプロフィールに問題がある方もいるようですが….)

出会い系アプリにおける返信がない原因は、メッセージを送った相手がサービスを利用していないという事に起因している場合が意外にも多いんです。

こういった問題を回避したいのであれば、”会員数が多い出会い系マッチングアプリ“という基準で選ぶのではなく、”アクティブユーザーが多い出会い系アプリ“という基準で選んでみると、意外にすんなり出会えたりするものです。

マッチング率を上げたいのであれば、まず一番初めにやるべきことは使うサービスを厳選する事が何よりも重要になってくるので、広告主体の大手出会い系アプリばかりではなく、根強い人気を誇るJメールのような老舗出会い系アプリを使ってみるのも1つの解決策だと思います。

 

2019年マッチングアプリの躍進

今回のランキングにおける2位【DaiGo with】と3位【イヴイヴ】はとにかく若いユーザーが多く、いつログインしても多くの新規登録者がいる印象を受けます。(新規登録者は「1週間以内」など表示されるようになっています)

世間一般的な評判は「ペアーズ」や今回ランキングには入っていない「タップル誕生」の方が上かもしれませんが、これまでに何百もの出会い系アプリやマッチングアプリを利用してきた私の率直な感想としては、DiaGo withほど徹底してユーザビリティ(使いやすさ)を追及しているマッチングアプリはないと思っています。

これに関してはDaiGo withを実際に使ってみればすぐに実感できるはずです。

使いやすいインターフェイスはもちろんの事、何よりも性格診断や恋愛診断といったメンタリストDaiGoさん監修ならではのイベントを開催しているという点が非常に大きいように思います。

 

女性人気が高くなる定期的なイベントが重要

DaiGo withなど現在人気があるマッチングアプリは、定期的に更新・開催されているイベントによりマッチング率が大幅に上昇します。他のマッチングアプリでうまくいかなかったという方であれば、是非とも定期イベント開催している恋活アプリを試してみて欲しいです。

代表例を挙げるとすればDaiGo withとイヴイヴ、さらに付け加えればゼクシィ系のマッチングアプリなどが該当します。

この3つは近年最も勢いのあるマッチングアプリと言っても過言ではありませんが、今から出会い系アプリもしくはマッチングアプリを利用しようと考えているのであれば、全部を使ったことがある私の感想としてはDaiGo withの方が断然おすすめです

実際、相手に「いいね」を送った時にリアクションが無い場合も当然ありますが、リアクションがある時は必ずといって良いほどリアクションスピードが早い

これは通知機能があるアプリならではのメリットだと思いますが、特にDaiGo withは恋愛診断イベントのお陰でついついアプリを開き新しいイベントが始まっていないか確認したくなる楽しさがあり、SNSのように誰でも手軽使えるシステムとなっています。

30代の私でさえ暇なときにパパっと開く機会が増えている事を考えると、これだけマッチングアプリとして優秀な出会い系はなかなかないのではないでしょうか。

特に20代などの若い世代にはおすすめのマッチングアプリかもしれませんね。

ちなみにタップル誕生に関しては検索機能がなく、条件を指定して順番に異性が表示されるのみといった仕組みになっており、効率面で考えると非常に非効率なシステムになっています。

その点、DaiGo withは普通に検索機能を利用できるので、マッチングアプリの中においてかなり自由度が高いと言えるかもしれません。

 

イベント開催による最大のメリット

定期開催されるイベントは女性会員をつなぎとめるための力となります。

性格診断や恋愛診断などは特に女性が好むコンテンツなので、こういったイベントを使ったマッチングイベントは男性よりも女性からの人気が高くなるのは当然ですよね。

こういったイベントにより、女性からの人気が高くなりアクティブな女性会員が増えるのですが、出会い系アプリやマッチングアプリは女性の数が多ければ多いほど男性会員も増える傾向にあります。

もはやマッチングアプリの恋愛イベントは、会員を増やすためのトレンドと言っても過言ではありません。

マッチングアプリでは「毎日どれだけアプリを開きたいと思わせれるか」、これがマッチング率に直結してきます。

アプリさえ開けばマッチングしたいと思える環境があり、楽しみながら異性とマッチング出来る。

私の中ではマッチングアプリの完成形ともいえるスタイルであり、それを最も実現しているのがDaiGo withだと思っています。

 

今でも出会い系アプリをおすすめする理由

1位の【Jメール】、4位の【ハッピーメール】、5位の【PCMAX】はいずれも出会い系アプリです。

最近では若者の多くがマッチングアプリに流れている中で、いまだに掲示板に頼り切った出会い系アプリをおすすめする理由があります。

出会い系アプリにはマッチングアプリには無い機能が多く、セフレ探しはもちろんの事、異性の飲み仲間やセフレ探し、他にもパパ活などにも向いており、多種多様な使い方が出来る点が魅力の1つです

それにこれらの出会い系アプリは、従量課金制、つまりその都度使う分だけ課金すれば利用できる料金システムになっているので、マッチングアプリのように月額約4,000円を固定で支払う必要はありません。

使いたい時に目的に沿った掲示板を開き、気になる相手がいたら課金してメッセージを送るといった使い方が出来るので、時間効率も良いですし運が良い時は1人の女性に対して1,000円未満のポイントでLINEまでつなげることが出来ます

多少の出費は覚悟の上でその日限りの相手を探したいという事であれば、JメールやPCMAXのような出会い系アプリほど優秀なセフレアプリはないと思います。

 

リニューアルされ進化している出会い系アプリ

PCMAXやハッピーメールをおすすめ理由は、DaiGo withと同じくアクティブユーザー数が多いという事が一番大きな理由ですが、最近になってこれまで数年前のデザインのまま放置され続けていたスマホブラウザ版がリニューアルされており、非常に使いやすくなっています。

両社はサービスが開始となって15年以上が経過しているため、リニューアル前のデザインはかなり古臭く、また使い勝手も悪かったのは事実です。

恐らくハッピーメールとPCMAXは、出会い系アプリに興味を持った多くのユーザーが一度は登録したことがある大手だと思いますが、これまでハッピーメールやPCMAXに古臭いイメージを持っていた方という方は、是非もう一度登録して使ってみて下さい。

間違いなくイメージが変わると思いますよ!

 

過去の栄光と没落を経験したハッピーメールは強い!

最後に4位のハッピーメールですが、まだアプリがなかった出会い系サイト時代にトップに上り詰めたこともある大手出会い系サービスです。

マッチングアプリを含めた出会い系業界全体で見ても、ハッピーメールが最大手である事は間違いない事実です。

しかしハッピーメールは一時期不運な事件が重なり、アプリの配信停止を余儀なくされていました。

不運というよりもサービスが大きくなりすぎて、運営の目が各掲示板まで行き渡っていなかったことが原因のようですね。

現在では既に配信が再開されていますが、機能が刷新されていてかなり使いやすくなり、再び新規登録者が増えてきているように思います

ある意味、今注目の出会い系アプリかもしれませんね。

 

オンラインで婚活する方法が多様化

婚活は時代と共にその形が変化してきました。

昭和の時代はお見合い婚が一般的でしたが、両者の間を取り持つ仲人役を買って出る人が減ってくると、次は結婚相談所が一般的になってきましたが、結婚相談所はとにかく料金が高いため、最近ではオンラインに婚活の場を求める人が増えてきています

それと同時にマッチングアプリが徐々に人気を集め、婚活アプリなるものが誕生しましたが、婚活アプリにも欠点があります。

それは顔が見えないデータのやり取り(プロフやチャット)のため、相手の実像が見えにくく、実際に会ってみると思っていたイメージとは全く異っていたという「イメージと実物の乖離」です。

最近はスマホで綺麗な写真を撮れますし、簡単に加工することもできるので、ビジュアルから全く違っていたというケースも多く、チャットだけのやり取りしかしてこなかったので話してみるとイメージと全く違ったというケースも少なくありません。

そこで注目を集めているのがスマホのビデオ通話を使ってお見合い形式で異性と会話をする『ライブ婚活』です。

静止画とは異なり、相手の表情や仕草、そして話し方や会話のトーンなどもはっきりとわかるため、チャットを100回繰り返すよりも1分のビデオ通話の方が相手の事がよく分かります。

これまで婚活マッチングアプリで失敗することが多かった方に是非利用してほしい新しいマッチイングサービスとなっています。

9位にランクインしている『aeru.party(アエルドットパーティー)』がライブ婚活サービスにあたるので、興味がある方は是非オンラインの婚活パーティーに参加してみて下さい。

これまでとは違った出会いが待っているはずです。

 

その他順位のつけ方とチェックポイント

今回おすすめしている出会い系アプリは、まず大前提としていずれもインターネット異性紹介事業として認可されている出会い系・マッチングアプリなので、法律順守という点においては安心して使えるおすすめの出会い系・マッチングアプリばかりとなっています。

マッチングアプリも含めた「出会いアプリ」という枠組みの中で考えると、アメリカ発の『Tinder』なども人気がありますが、アメリカ企業が運営する出会い系アプリという事で異性紹介事業届出はしておらず、また青少年保護の観点からもあまりおすすめ出来ないのでランキングからは除外しています。

他にも今回ランクインしていない出会い系アプリで異性紹介事業認可済みのサービスもまだまだありますが、今回のおすすめランキングはは以下のポイントを重視した結果のランキングであり、以下の3つが最も重視したポイントです。

  1. Android版とiOS版の両方のアプリがリリースされている
  2. アクティブユーザーが多い
  3. 今から使い始めても十分に出会えるチャンスがある

 

1.アプリのリリース

特に出会い系アプリを紹介しているようなブログサイトの中には、アプリをリリースしていない、もしくはiOS版しかリリースしていない出会い系をランクインさせたりしているものがありますが、これは全くもって意味が無いというか、最近のネット事情を考えればAndroid版とiOS版の両方のアプリがリリースされていなければ利用価値は低くなります

日本においてはAndroidスマホとiOSスマホの利用者は五分五分なので、どちらか一方だけしかアプリがないという場合はそれだけで利用者が半減してしまうのは当然の事です。

利用者が減ればそれだけ出会いのチャンスも減ってしまうので、それを踏まえた上で上記10サービスに絞った次第です。

ただし、1位のミントC!Jメールに関しては、アプリ版においてもアダルト掲示板などがあり、GooglePlayの規約に抵触しているせいかGoogleplayでは配信することができません。

そのため、Googleplay経由ではななく、Jメールの公式HPで独自にアプリの配信を行っています。

そういった意味でもある種特殊な出会い系アプリといえるかもしれません。メリットとデメリットのバランスですね。

ダウンロード方法についてはJメールのレビューページに詳しく掲載しているので、そちらを参考にしてほしいと思います。

 

【ミントC!Jメール】キーワードは人妻!セフレアプリの評判と人気の秘密
出会い系の中でも最も古い歴史を持つ【ミントC!Jメール】が支持される理由と実際に使った感想、また利用者の口コミ評判やサクラ情報などを掲載しています。 またどのような利用目的の方におすすめ出来るかなど、Jメールの使い方に関しても紹介していきたいと思います。 Jメールで特筆すべきは、アダルト掲示板があるという事だけではなく、人妻専用の「人妻の...

 

2.出会い系におけるアクティブユーザー

出会い系で最も重視しなくてはならないのは、会員数〇〇万人という目立つ数字ではなく、実際に今現在どれだけ会員が活動しているのかというアクティブユーザー数です。

中には累計登録会員数を記載して広告を出している出会い系アプリもありますが、あくまでそのサービスのこれまでの実績としてアピールしているにすぎません。

例えこれまでに累計1,000万人以上の登録者がいたサービスだったとしても、今現在でほとんどが退会していて検索に表示される会員の中に現在進行形で活動しているユーザーがいなければ登録する意味は全くないですよね。

またこういった累計〇〇万人の中には女性無料という料金システムを悪用した業者や、無料ポイントを目的とした重複登録者が多く含まれているため、あまり当てに出来ない部分もあったりします。

そういう意味では、重複登録が難しいフェイスブック連動の出会い系アプリは公式発表されている数字を信用していいのかもしれませんが、今回のランキングでは実際に利用した”私の体感と感想“を優先してランキングに反映させています。

累計会員数1,000万人といったPRが悪い事だとは思いませんが、その数字だけに囚われ登録してしまうとアクティブユーザーが少ないアプリに遭遇する事もあるので注意が必要です。

 

アクティブユーザー数の確認方法

ちなみにこのアクティブユーザー数ですが、当然ながらどこの出会い系サービスもわざわざ公表するようなことはありません。毎日変動する数字ですし、よほどの数でなければアピールには直結しませんからね。

これはあくまで私が使っている確認方法ですが、出会い系アプリのタイプによってアクティブユーザー数の確認方法は2つあります。

まず1つ目は掲示板の書き込み日時の確認

誰でも自由にメッセージを送れる出会い系アプリの場合は、突然メッセージを送るというよりも掲示板が頻繁に利用されているので、週末にどれだけの書き込みがあったかという総数を見て、同タイプの出会い系アプリと比較してアクティブユーザーが多いかどうかを確認するようにしています

マッチングして初めてメッセージが送れるようになるマッチングアプリについては、検索画面で条件絞り込みを行い、ログイン順に並べて24時間以内にログインしていた異性ユーザーがどれくらいいるのかをチェックしています。

そして2つ目が、週末のログイン中ユーザーの数です

アプリによっては検索画面にログイン中のユーザーが目立つように表示されているアプリがあるので、そういった場合は現在ログインしている異性がどれくらいいるのかでアクティブユーザーの多さを確認しています。

どちらも簡単に出来る方法なので、複数の出会い系アプリ・マッチングアプリでを利用しているという場合は、こういった方法でアクティブユーザー数を確認し、どのアプリをメインで使うか決めるようにするとマッチングする確率も上がっていくはずです。

 

3.出会えるチャンス

3つめの「今から使い始めても十分に出会えるチャンスがある」というのは、ほとんどアクティブユーザーの数で決まる分けですが、これには出会い系サービスとしての総合力も含まれると思っています。

どんなにアクティブユーザーが多くても、サービスの利用料金が高ければそこで断念するユーザーも増えるでしょうし、アクティブユーザーのほとんどが顔写真無しという状況ではメッセージを送る気にも返信する気にもなれません。

また出会い系アプリに年中常駐している人なんてゼロに等しいので、どれだけ新規会員を獲得できるかという運営会社の広告力(資金力)も重要な要素の1つとなります。

その為、運営さん自身がそういった取り組みに積極的であり、また写真やプロフを充実させるような仕掛けをしているというのが結構大事だったりします。

私が出会い系を利用する場合でも、さすがにプロフをまともに埋めていない女性にはアタックしようと思えません。これは皆さん同じですよね?それは相手が本気ではないんだろうなと感じるからに他なりません。

私の性格上、そういった適当な性格の女性はあまり好きではないというのもありますが、これは男女関係なく全員に共通している事だと思うので、運営さんの運営姿勢・取り組み方もかなり重要な要素となります。

 

ランキングにおけるまとめ

 

今回のサクラ無しの出会えるアプリランキングは、ここまでにご紹介した3つのポイントを重視してランキング化してご紹介しましたが、私が実際に2019年8月現在も使っているのは1位のJメールと2位のwith(ウィズ)です

私がこれまでに使ってきた経験談としては、出会い系によって特徴も異なるので、出会い系を1つに絞る必要は全くありませんし、必要とするシーンに合わせて使う出会い系を変えれば良いと思っています。

実際のところ、今回のランキングには掲載していませんが、無料で利用できるTinderなんかもたまに開いて使ってますしね(笑)

また料金体系もそれぞれで異なっているので、私の場合は月額定額はDaiGo with、使用量に応じてお金がかかる従量課金はJメールといった具合です。

私は年齢も年齢なので、時間が出来たときは婚活しようと考えるようになってきており、月額定額の場合は20代が中心のタップル誕生を避けウィズを定期利用しています。勿論DaiGo withも20代の利用者が多いのですが、これはあくまで私の感想なながらも「真面目な出会いに絞るとDaiGo withは非常に出会いやすい」と感じています。

最大の要因は定期的に更新・開催されている性格診断イベント。この診断イベントの結果に応じて異性が表示されるので、イベントの度に新たな出会いがあります。

またイベントで相性が良いと判断された異性には無料でいいね!を送る事が出来るので、そこまで硬くなることなく気軽にいいね!を押せるという印象です。おそらく女性目線でも同様なのではないでしょうか。

ミントC!Jメールに関してはあまりピュアな出会いは期待していませんが、アクティブユーザーがとにかく多く、「誘い飯」などふとした時に飲み相手や大人の関係を探すのにピッタリな掲示板があるので、非常に使い勝手が良い。私は不倫などにはあまり興味がありませんが、そういったものに興味があるのであれば1位のJメールがやはりベストなのでしょう。

出会い系アプリには各社様々な特徴があるので、その特徴を捉え自分の利用目的に合う使い方をすれば、かならず満足を得られるはずです!

 

出会い系アプリの需要

これは広く知られている事だと思いますが、日本はインターネットを利用した出会いにはかなり消極的な国柄です。

正しくは消極的というよりもイメージが悪いという感じでしょうか。

特に30代以上の日本人にとっては未だに「出会い系=騙される」という印象が強く、また中には「出会い系を利用するのは恥ずかしい」と考える人が多いのも事実です。

私は30代中盤ですが、実際に私の周りでもこういったイメージを持っている人間は多く、結婚したいと言っている知人に出会い系を勧めるとこういった返答が返ってくる事も少なくありません。

しかし今となっては偏見とも言えるイメージを持つ事は損でしかありません。

これは某コンサルティング会社のマーケティング結果と予測なのですが、5年前は出会い系の市場規模は46億円だったにも関わらず、この5年で128億円にまで市場規模が拡大しています。5年で約3倍という増加スピードは目を見張るものがありますよね。

特に驚くべきは、これまで日本におけるオンラインマッチング市場は婚活系サービスが「30対16」とイニシアチブを取っていましたが、恋活という言葉が出来たことも影響して今ではイニシアチブが逆転して「58対70」と恋活需要が高まっています。

これから読み取れるのは、出会い系を恋人探し目的で利用する利用者が増えてきたという事であり、この要因となっているのが出会い系アプリの進化です。

特に今勢いのあるタップル誕生やメンタリストDaiGo監修withでは20代の利用者が多く、もはや出会い系を利用するのは恥ずかしいと捉える風潮は過去のものとなりつつあります

 

ネット化社会がもたらす変化

もはやスマホなしでは生活が成り立たないという方は少なくないでしょう。

私も一時期はスマホ依存症のような状況に陥りそうになっていましたが、とある光景を目にしたことをきっかけに、できる限り外出中のスマホ利用は減らし、調べ物があるときは自宅や会社のパソコンを極力利用するようになりました。

私を変えたとある光景とは、電車内で目にした驚愕の光景です。

ふと顔を上げたときに、私が乗り込んでいた車両内にいる全員がスマホを片手に持ち、スマホの画面に見入っていたんです。それを見て「自分はこうなりたくない」と思ってしまいました。

また私は独身ですが、兄弟の子供が計5人います。家族が全員集まった日の夜、小学生以下の甥っ子姪っ子たちが全員スマホを操作している光景を目にしてショックを受けたのを今でも覚えています。(親のスマホを借りてゲームをしたり、タブレットで動画を見ていたりするせいで、子供たちとの会話がまったくありませんでした。)

こういった現状は時代の変化であり、それに抗い続けている私は時代遅れなのかもしれませんが、この時代の変化が出会い系市場の拡大に大きな影響をもたらしています。

現代の子供のコミュケーション手段はスマホというのが一般的で、スマホのSNSやゲームで友達とやり取りをするという事が多く、政府統計ではこのような数字が発表されています。

小学生・中学生・高校生のスマホ操作の1日平均時間を平成26年と2年後の平成28年で比較したものです。

小学生と中学生に至っては微々たる差でしかありませんが、高校生に至ってはこの2年間で15分以上平均操作時間が伸びています。

いずれ頭打ちになる可能性が高いですが、インスタなどのSNS人気が高まり、今尚便利なスマホアプリが続々とリリースされているという事を考えると、平成29年はもっと操作時間が伸びているはずです。

これは10代だけの話ではなく、20代でも同じことが言えます。

暇つぶしや友達とのコミュニケーション、情報収集、学習、何でもスマホで完了してしまう便利な時代だからこそ、合コンやナンパで出会うという事はもはや邪道となりつつあります。草食系男子が増えているといわれていますが、こういったスマホ事情を考えるとある程度仕方がないことなのかなとも思ってしまいますよね。

これまで当然だった男女の出会いの機会は激減し、スマホを操作する時間が長い10代・20代が、「異性と出会いたい」と思ったときに出会い系アプリを利用することは、もはや自然の流れとなりつつあります

 

世界における出会い系の需要

日本における出会い系市場は128億円程度ですが、世界に目を向けると何と市場規模は85兆円とも言われています

それだけネットを使った出会いが世界レベルで常識になりつつあるという事です。

ただこうやって数字で比較してみると、日本の出会い系市場は世界的に見ると遅れているのかもしれません。恐らく日本の国民性が大きく影響しているのでしょうが、遅れているという事は将来的に見た時に日本でも同じような状況になることが予想されます。

つまり、これからもオンラインでの恋活・婚活(出会い系市場)は拡大していくという事です。

最近ではオンラインを利用した「ライブ婚活」も進んでいますし、今後こういった動きは益々加速していくはずなので、時代の変化に遅れないようにすれば出会いのチャンスも広がっていくはずです。

 

今後の出会い系業界

物心がついた時からスマホが当たり前のようにあって、ネットを経由して誰かとつながることが当然の世代が、これから恋活・婚活をするような世代になれば、今の128億円をはるかに凌ぐ市場規模になることは間違いないでしょう。

市場規模が拡大すれば、出会い系に関連する詐欺など悪質な事件も増加していくというのが世の常です。

これはどの業界でも同じ事が言えますが、市場が拡大して事件が目立つようになると必ず規制強化が始まります。

現時点では、出会い系サイト規制法(正式名称:インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)という法律が出会い系業界を規制する唯一の法律ですが、これはまだ出会い系アプリがなかった頃、出会い系サイトを対象とした法律なので、今のネット状況から言えば抜け穴の多い法律です。

その為、GoogleplayやAppstoreではこの法律に違反しているような出会い系アプリが毎日のように新たに配信されており、出会い系業界を取り締まっている公安委員会の目が行き届かず、悪質な業者がほぼ野放しになっている状況です。

私が先ほどお話しした規制強化についてはまだまだ先の事であり、現状では自分で自分の身を守るという方法しかありません。

ではどうやって身を守るのか?

情報化社会における最強の武器は間違いなく”知識“です。

出会い系を利用する上で最も効果的な護身術は、出会い系の知識を身に着ける事であり、知識を得る事によってマッチング成功率も高くなる事でしょう。

 

知っておくべき知識

私がこれまで出会い系を利用してきて思う、出会い系アプリを利用する上で必要な知識はさほど多くありません。

要点さえ掴んでおけば、悪質な出会い系業者が運営するような詐欺アプリに引っかかることはまずないからです。

私が考える出会い系を利用する上で自分を守るために知っておくべき知識は以下の2つだけです。

  1. インターネット異性紹介事業の届出
  2. 運営会社の信用

ほとんどの業界ではサービスを開始する際に国や地方行政に対して届出をして認可を受ける必要があります。

あくまで一例ですが、飲食店においては営業形態によっても異るものの最低でも「食品営業許可」の届出が必要ですし、CMなどでも人気のオークションアプリを運営する際にも古物商としての届出をする必要があります。

出会い系においても同様の届出が必要となり、この届出の事を「インターネット異性紹介事業の届出」といいます。

この届出は本社が所在する地域を管轄する公安委員会へ提出しなくてはならず、この届出をせずに無認可でサービス提供を行った場合は100万円以下の罰金が処せられます

異性紹介事業届出は出会い系を運営する上では絶対に必要な届出なのですが、サクラだらけの詐欺アプリは絶対にこの届出をしていません。なぜなら法律で定められた基準をクリアしていないので、届出をしても認可されないからです。

逆に考えると、異性紹介事業の届出をしている出会い系アプリは信用できる可能性が高いという事になります。

つまり、安心・安全な出会い系アプリを見つけたければ、届出をして認可を受けているかという事を確認するだけで良いんです!

確認方法も意外に簡単で、GoogleplayやAppstoreなどのアプリ配信サイトのアプリ紹介文の中に記載されていたり、公式サイトの最下部に記載されていたりします。大抵の出会い系はどちらかの場所に記載しているので、アプリの配信元、公式サイトの両方を見て「インターネット異性紹介事業 届出済み」という記載がなければ危険と判断すれば良いのです。

しかし中にはかなり強気な悪質業者もいて、バレないだろうという踏んで適当に「届出済み」と記載している出会い系がいたりします。私がこれまでレビューしてきた中で、数えるほどしかいませんでしたが、平気でこういう嘘をつく輩がいることも事実です。

こういった嘘に騙されたくないという場合は、届出済みの記載確認と合わせて運営会社も調べてみましょう!

嘘の記載をしている出会い系業者は、絶対に運営会社の名前を公表していません。運営会社の実名を公表した上で、虚偽の記載を行ったら確実にアウトですからね。

運営会社を確認する場合は、アプリ内のメニュー「特定商取引法の表示」を確認すると良いと思います。もしここに法人名が記載されていなければアウトです。

▲あくまで一例ですが、こういう「〇〇運営事務局」と記載されている出会い系は最悪です。絶対に使用しないように。

少々手間はかかりますが、5分もかからない確認作業だと思うので、自分の身を守るためにも手間を惜しまずしっかり確認作業を行うようにしましょう!

当然ながら、今回ご紹介している出会い系アプリはすべてインターネット異性紹介事業の届出を済ませ、公安委員会から認可されている出会い系ばかりです。

ただし、女性無料というシステムを悪用して、女性に成りすまして他の出会い系サイトやアプリに誘導しようとしてくる悪質業者も中にはいるので、妙に積極的な女性や、初めから体の関係を求めてくるような女性会員はスルーしましょう!

 

類似サービスは淘汰

出会い系アプリ(マッチングアプリ)の需要は間違いなく高まっていきます。これらのデータは既にご紹介の通りです。当然こういったデータは大手企業は早々に手に入れていますし、大手でなくともこういったデータの入手は容易な時代になってきています。

そのため、大手企業の新規子会社や中小のベンチャー企業が出会い系業界に参入してくる例が後を絶ちません。それだけ出会い系アプリが増え続けているという事です。

しかもどの新規サービスも時代の流れを汲みマッチングアプリを制作しており、似たような出会い系サービスばかりが増えてきている状況です。利用者にとってサービスが増えるという事は選択肢が増えるという事なので喜ばしい事だと思いますが、出会い系アプリに関しては女性会員の数がそのアプリの良し悪しを決めると言っても過言ではなく、女性会員が様々なマッチングアプリに分散するのはあまり好ましい状況とは言えません

当然、女性会員が各アプリに分散すると収益性も下がり、中にはサービス停止に追い込まれる出会い系アプリも出てくる事でしょう。

実際のところ、ここ最近の話として街コンイベントとの融合を目指した『マイ恋』や、リクルートグループが運営する中堅マッチングアプリ『Matchbook』がサービスの終了を発表しています。

終了していくサービスの数以上に、新たにリリースされるマッチングアプリの方が多いので、今後もサービス停止に追い込まれる出会い系アプリやマッチングアプリが出てくる事でしょう

こうなるとあなたが課金してまで使用している出会い系アプリ・マッチングアプリが大丈夫かどうかを今一度確認しておく必要があります。課金したばかりなのにサービス停止の発表をされてしまうと、利用者はサービス終了を待たずに離れてしまうので全く無意味な課金になってしまいます。

大手が運営するサービスだから大丈夫という常識が通用しない業界になりつつありますので、サービスの内容までしっかり吟味・比較して利用するアプリを絞り込んだ方が良いかもしれません。

前項でご紹介した異性紹介事業の届出や運営会社の信用は、出会い系アプリを選ぶ上で最低限の条件であり、これをクリアしているから大丈夫という事ではありません。

これからも会員数が増え、出会いの機会が増え続ける出会い系アプリを選ぶためには、以下のような条件を見たいしているかどうかを今一度確認してみましょう!

  • マッチングアプリである
  • 新規会員が多い
  • 定期的にイベントが開催されている

ミントC!Jメールのように割り切った出会いを探すアプリは必ず一定の需要があるので問題ないのですが、もし本気で恋活・婚活をしているというのであればやはりマッチングアプリ一択でしょう。月額定額制でいいね!で繋がるという奴です。

次に重要なのが新規会員が多いかどうか。新規会員を獲得できないという事は広告力が無いという事であり、資金力不足かマーケティング下手という問題を抱えています。そういったサービスは必然的に淘汰されていくので将来性はないと割り切るべきでしょう。

どのマッチングアプリでも、プロフィールに登録してから「1週間以内」や「新規」といった表示が出ていると思うので、そういった新規会員が少ないマッチングアプリは出来れば避けたいところです。

最後に重要になるのが定期的にイベントが開催されているかどうか。メンタリストDaiGo監修の『with』が良い例ですが、こまめにイベントを開催しているマッチングアプリは女性会員のアプリ滞在時間が長くなりますし、イベント効果でSNS拡散が期待できるので、自然とまた会員が増えていきます。

それに短期で退会していく会員が減るので、おのずとサービスが盛り上がっているように見えるものです。withだけでなくタップル誕生やペアーズでも季節ごとにこういったイベントのようなものが実施されており、人気のあるマッチングアプリの共通点と言っていいでしょう。