AIマッチング【Ravit(ラビット)】アプリ評価と使ってみた感想

Ravit(ラビット)】はCANVAS Inc.が提供するAIエージェントがサポートする恋活・婚活マッチングアプリ

サービスが開始したばかりなので現時点で出会える期待は薄いですが、恋活アプリや婚活アプリを探しているという方にとっては気になる新サービス。

そんなRavit(ラビット)が一体どのようなマッチングアプリなのか?
またRavit(ラビット)は他のマッチングアプリと比べて出会えるアプリなのか?

これまでに500以上のマッチングアプリをレビューしてきた管理人が、Ravit(ラビット)を実際に使ってみた感想と評価を、利用者の口コミや評判と併せてご紹介していきます。

 

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

 

Ravit(ラビット)の特徴

AIエージェントがマッチングサポート

Ravit(ラビット)の最大の特徴は、ラビットという名のうさぎ(AIエージェント)が男女の出会いをサポートしてくれるという点にあります。

具体的には「登録しているユーザーのことを学習し、あなたと相性の良いお相手との仲を取り持ってくれる」という事らしいです。

こんな感じで唐突にお知らせが届き、「あなたの事を紹介したら気に入ってくれた人がいたよ」的におせっかいを焼いてくれるのかな?w

恐らくあなたのプロフィールを基に相性の良い異性を探し、双方にコンタクトを取る感じなのかもしれませんね。

しかもこのラビットくん、マッチング後の会話のサポートまでやってくれるらしいんです。

マッチングのサポートをしてくれるのは嬉しいですが、個人的には会話のサポートはいらないんですけど・・・(笑)

一応、このAIエージェント機能はON/OFFの切り替えが出来るようで、検索画面の左上に表示されているラビットくんをタップしてAI画面を開くと、画面下にON/OFF切り替えボタンが表示されています。

この「エージェント機能」を切ってしまえばラビットくんからのサポートは無くなるわけですが、OFFにしてしまうとAIエージェントからの紹介も受けれなくなってしまうので、出来れば会話サポートだけOFFに出来るようにしてほしいですよね。

ちなみにエージェント機能をOFFにすると・・・

ラビットくんが寂しそうにしている哀愁漂う後ろ姿が拝めますw

 

AIエージェントは必要か?

2018年12月1日より新たにサービスが開始となったマッチングアプリRavit(ラビット)ですが、Ravit(ラビット)のリリース以前に似たような婚活マッチングアプリが配信されていたんですよね。

AI婚活エージェントが応援するマッチングサービス『aite(アイテ)』。

運営会社はサイバーエージェントのグループ企業の株式会社ウエディングパークが100%出資していた株式会社aite。資本金5,000万円というかなり気合入った事業だったのですが、aite(アイテ)は2017年12月にサービスをスタートし、2018年10月にサービス終了となりました

つまり5,000万円を投資したにもかかわらず10ヶ月しかもたなかったんです。

AI婚活【アイテ(aite)】がサービス終了!見直されるマッチングアプリ選び
【aite(アイテ)】はAIの婚活エージェントがあなたにぴったりの相手を紹介してくれるという、ちょっと珍しいマッチングアプリなのですが、私が想像していた以上に一風変わったマッチングアプリのようです!既存のマッチングアプリとは大きく異なる点もあるので、aite(アイテ)の使い方やメリット・デメリットなどを、実際に利用してみた感想と評価も合わせて...

今回のRavit(ラビット)はaite(アイテ)と発想が酷似しているため、aite(アイテ)の二の舞にならないか非常に心配ではあります。

先ほど紹介したように、今回のRavit(ラビット)ではAIエージェント機能のON/OFF切替えが可能であり、もしラビットくんから紹介された異性が立て続けに微妙だったらほとんどの方がエージェント機能をOFFにしますよね。少なくとも私ならそうです。

そうなったとき、Ravit(ラビット)に残るのは検索機能のみ。こうなるとマッチングアプリとしての魅力は何もなくなります。

恐らくここがRavit(ラビット)の今後の課題でしょう。正直に言うとかなり厳しと思います。

 

今日会える相手とマッチング

Ravit(ラビット)のもう1つの魅力は、「今日会えるお相手」という機能です。

スマホのGPS機能をONにして「今日会えるお相手」に登録すると、あなたと同様に今日会えるに登録した近くの相手が表示されるという即会いシステムです。

通常の有料会員であれば1日3人までマッチング表示してくるらしく、会員数が増えてくればマッチングする日もあるかもしれません。

しかし、こういった即会い系のマッチング機能を他のマッチングアプリでもちほらほら見かけるのですが、正直なところあまり機能しているようには思えないんですよね

当然ながら、こういった即会い系のイベントに参加するのはほとんどが男性で、女性が参加してくることは稀です。

その稀な1日のために毎日参加していたとしても、当然参加しているのは1人だけではなく複数人いるわけなので、スペックが高い男性から抜けていく事になります。

もう言いたいことは分かりますよね?

そう!低スペックは見向きもされない残酷なマッチング機能なのです。

これまでの経験上、こういった即会い系はあまり盛り上がらないし、次第に利用者も減っていくのであまり期待はしないほうが良いと思います

 

AI以外に魅力が見当たらない

AIの項でも書いたように、Ravit(ラビット)からAIエージェント機能を切り離した時、そこに残るものは何もありません。

前項でご紹介した「今日会えるお相手」はあるものの、これは常時機能しているというわけではなく、低確率で発生するレイドイベントのようなものなので、毎日利用するようなものではありませんしね。

操作画面を見たとき、画面下の左から「検索 / 今日会える / いいね(足あと) / チャット / マイページ」とメニューが並んでおり、毎日利用できるコンテンツは検索のみとなってしまいます。

それに対し、他のマッチングアプリであれば共通の価値観や趣味から相手を探せるコミュニティ機能があるのが一般的ですし、メンタリストのDaigoさんが監修している『DaiGo with』なんかは定期的にイベントが開催されていてどこよりも出会える機会に恵まれています。

 

DaiGo監修withをおすすめする4つの理由と評判
メンタリストDaigo監修という異色の出会い系マッチングアプリ【with(ウィズ)】の審議会評価と感想、口コミでの人気や評判などwithに関する情報を掲載。「ヘアスタイルでわかる恋愛必勝法」や「超性格分析マッチング」などのオリジナリティあふれるマッチングイベントが看板となっているメンタリストDaigoをフル活用したサービスがかなり面白いマッチ...

 

やはり、競合他社と比べたときにRavit(ラビット)の魅力が見えてこない!

リリース直後のRavit(ラビット)とその他マッチングアプリを比較するのは少し酷かもしれませんが、私なら間違いなく会員数が多くてマッチング機能も多い他社を選ぶでしょうね

 

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

 

Ravit(ラビット)の使い方と評価

入会・登録方法

Ravit(ラビット)に登録する方法は、現時点ではFacebookのみとなっています。

2018年にリリースされた新規マッチングアプリでは、Facebookアカウント連携の他にもいくつかの登録方法が用意されている事が多く、そういった点でもRavit(ラビット)はちょっと遅れているのかなと。

最近ではSNSの多様化によりFacebookをやっていない人も増えてきているので、Facebookアカウントを持っていなかった場合、新たに作るのが面倒だという理由でRavit(ラビット)に登録する前にアプリが削除されてしまう可能性もありますしね。

出来れば登録方法は何パターンか用意して欲しいところです。

ちなみにFacebookアカウント連携で登録する場合のメリットは、登録が簡単ということもありますが、Facebook上で繋がっている友達がマッチング相手として表示されないというメリットがあります

そうは言っても、実際のところ友達全員がFacebookに利用しているわけではありませんし、利用していても友達として繋がっていないケースもあります。

AIエージェントの件もそうですが、出来ればもう少し同業他社の動向を熟知した上で作ってほしかったかも。

 

マッチングのカギを握るプロフィール作成

Facebookアカウントとの連携が完了すると、次はプロフィールの作成に移ります。

Ravit(ラビット)において、まず肝心の顔写真はFacebookでメイン登録している顔写真が自動的に流用される仕組みになっていて、その写真が自動的に審査にかけられます。

もしメイン写真に顔が写っていなかったりする場合は審査落ちするので、その場合は新たに顔がしっかり写っている写真を登録しましょう。

プロフィールも生年月日などはFacebookに登録されているデータから引っ張ってきますが、「居住地/身長/体系/年収/お酒/職業/学歴/血液型/出身地」といったデータは自分で設定する必要があります。

これらのプロフィールは、マッチングの際に表示される異性との相性を測るバロメーターとなりますので、出来れば任意事項もしっかり埋めておきましょう。

 

マッチング機能

Ravit(ラビット)のマッチングシステムは「Ravit(ラビット)の特徴」でご紹介した通り、検索と即会いの「今日会えるお相手」のみとなっています。

まず検索では一覧に異性が表示され、顔写真に加え「年齢・居住地・相性」がそれぞれ顔写真の下に表示されます。

デフォルトでは検索条件が指定されていないため、全国の異性がおすすめ順に表示されてしまいます。これでは絞り込みが出来ないので、画面右上の「おすすめ順」をタップして以下の順にソートする事が可能です。

  • おすすめ順
  • ログインが新しい順
  • Facebookの友達の多い順 プレミアム
  • いいね!の多い順 プレミアム
  • 登録日が新しい順 プレミアム

下3つはプレミアム会員限定の機能となっているので、無料会員もしくは有料会員はおすすめ順とログイン順の2パターンのみとなります。

当然、これだけで絞り込みすることは難しいので、画面上部の「検索条件を設定する」をタップして優先したい条件を設定して検索をかけ、気になる異性がいたらいいね!するといった感じです。

次に「今日会えるお相手」ですが、日によっては誰も表示されないこともありますが、今日会えるに登録している異性がいる場合は、このように表示されることもあります。

自分がここに表示されるように設定したい場合は、画面右上の「i」をタップして「今日会えるお相手に登録する」をタップして登録しておくだけです。

 

料金システム

Ravit(ラビット)は月額定額のマッチングアプリなので、女性は無料で利用できますが男性は有料になります。

プラン 料金(税込)
1ヶ月 3,400円/月
3ヶ月 2,600円/月(一括:7,800円)
6ヶ月 2,300円/月(一括:13,800円)
12ヶ月 1,800円/月(一括:21,600円)

Ravit(ラビット)は現在リリース記念キャンペーンを実施しているので、これが従来の料金なのか、キャンペーン中だけの特別料金なのか分かりませんが、もしこれが固定の料金であればRavit(ラビット)はマッチングアプリの中でもトップクラスに安い料金設定という事になります。

ハッキリ言ってこれはかなり安い!

現在、大手マッチングアプリがほぼ横並びの料金設定にしていますが、Ravit(ラビット)はその相場ラインよりも500円安い!

しかも3ヶ月以上の複数月プランもかなり安く設定されているので、料金面だけで言えばかなりのアドバンテージを抱えている事になります。

また現在(2018年12月16日まで)はリリース記念キャンペーン中なので、3ヶ月以上のプランであればプレミアムオプションも無料でついてくるという太っ腹な状況です。

とは言え、Ravit(ラビット)はまだまだ会員が少ない状況なので、ここで課金するのはちょっともったいないと思いますけどね。

 

プレミアムオプションのメリット

Ravit(ラビット)だけではなく、その他出会い系アプリやマッチングアプリにおいて、たいていの出会い系サービスではプレミアムオプションが用意されています。

プレミアムオプションは通常の月額料金にプラスアルファを支払うことで、一般会員よりも優位に恋活・婚活する事が可能になる機能であり、プレミアム会員は有料会員の上位版といった扱いになるんです。

プレミアムオプションは男性だけではなく女性も購入が可能です。女性は月額料金が一律無料であるものの、プレミアムオプションを購入する事で様々な追加機能が使えるようになり、無料利用している女性会員よりも有利に恋活・婚活が出来るようになります。男性においても然りですね。

ちなみに、Ravit(ラビット)におけるプレミアムオプションを購入するメリットは大きく分けて5つあります。

 

1.より詳細な検索が可能に

先ほどマッチング機能の項目でもご紹介したように、検索時に検索結果を表示するソート機能に追加条件が加わります。

プレミアム未購入時はおすすめ順とログイン順でしか表示できないのが、プレミアムオプションを購入すればFacebookの友達が多い順、いいね!が多い順、登録日が新しい順の3パターンのソートが利用可能になります

個人的にはどうでもいい機能ですけどw

 

2.いいね!の付与数増加

Ravit(ラビット)では有料会員、無料会員ともに毎月30回分のいいね!が付与されるのですが、これがプレミアムオプションに加入すると50いいね!に増えるというもの。

通常会員よりも20いいね!多いという事であり、上の画像では2,400円相当と書かれていますが、私が調べた限りではプレミアムオプション購入で得れる20いいね!は2,000円相当のようです。盛ってるのかなw

いいね!がなくなると1コインを消費して1いいね!出来るようになります。このコインを購入する際、21コインで2,000円なので、2,000円相当という事です。

いいね!の数は多ければ多いほどマッチングする可能性も高くなるので、多ければ多いほど助かりますね。

 

3.検索時に上位表示

3つめのメリットは、あなたに合致する条件で異性が検索した際に、プレミアムオプションを購入していれば検索時に上位表示されるので、その分マッチング率が上がるというものです

確かに条件を指定して検索した場合、そこに表示された異性を上から眺めていく事になります。気になる相手がいたらいいね!を押していくと考えれば、下位表示されていた場合いいね!がなくなりスルーされたり、途中で検索条件を変えてあなたが表示されなくなるという可能性があります。

とはいっても、結局スルーされる人はどこに表示されていてもスルーされちゃうんですけどねw

それにこの上位表示機能は、会員数が100万人をこえるような人気マッチングアプリではないとあまり意味がないので、Ravit(ラビット)においては最初の内はあっても無くても一緒かも。

 

4.今日会えるお相手が無制限に

画像では「今日ある人」と意味不明な表示になっていますが、これは「今日会えるお相手」を利用する際に、通常1日3人までしか表示されないところを、プレミアムオプションを購入していれば無制限に表示されるようになるというもの

ただ、男性目線で考えるとそこまで女性が「今日会える」に登録するとは思えないので、これも男性目線だと無意味かも。

逆に女性の場合は、今日会えるに登録している男性はそれなりに数がいるはずなので、選択対象が増えるという点においてはかなりメリットがあるのではないでしょうか

 

5.その他、便利な機能3点

これまでにご紹介した4つのメリットの他、プレミアムオプションを購入するとこれらの機能が追加されます。

  • 足あとを無制限に見ることが出来る
  • メッセージの既読と未読が確認できる
  • 初回メッセージが優先的に審査される

これらの機能も個人的にはさして魅力を感じませんが、人によってはメッセージの既読・未読が確認できるのは助かるという人もいるでしょう。

まぁ5番目にまとめて紹介されているくらいなので、特に大きなメリットがあるようには思えませんけどね。

 

プレミアムオプションの料金

プレミアムオプションはほとんどの出会い系マッチングアプリで1ヶ月ごとに手動で購入・更新していくタイプの課金アイテムという扱いなのですが、Ravit(ラビット)においては有料プランと同様に複数月の購入が可能となっています。

プラン 料金(税込)
1ヶ月 2,800円/月
3ヶ月 2,600円/月(一括:7,800円)
6ヶ月 2,300円/月(一括:13,800円)
12ヶ月 1,800円/月(一括:21,600円)

1ヶ月の単月プランこそ2,800円と有料プランよりも安く設定されていますが、3ヶ月以上は月額プランと同額に設定されています。

安いか高いかで考えると、ちょっと高いかもしれませんね

ただし、Ravit(ラビット)はその分通常の月額料金が安いので、プレミアムオプションを購入するのであればプラマイ0といった感じになるかも。

 

サクラはいるのか

Ravit(ラビット)に登録して1日以上放置していますが、足あともつきませんし、当然いいね!も送られてきませんでした。

サクラはいないと考えて良いと思います

ただし現段階においては、サクラというよりはマッチングアプリらしい雰囲気をだすためのダミーアカウントの方が気になりますけどね。

これからどれだけ会員が増えていくかはまだまだ未知数ですが、機能面などを考えると正直微妙な空気が漂っているので、サクラを気にするのであれば会員が増えずに焦り始める2019年中盤頃かもしれませんね。

 

運営会社

Ravit(ラビット)の運営会社情報は以下の通り。

株式会社キャンバス(CANVAS Inc.)
代表取締役CEO 大城哲也
東京都渋谷区東1-3-1
03-6478-2096インターネット異性紹介事業提出済み 受理番号:30180069000

運営会社はSNS関連のアプリを配信している株式会社キャンバスで、資本金は4千万円を超えているのでそれなりの規模の法人と言えそうです。

出会い系サイト規制法で定められている、インターネット異性紹介事業の届出も完了しており、公安委員会から認可番号を受理しています。

その辺にある、運営会社がどこかも良く分からない出会い系マッチングアプリと比べると、間違いなく信用できる運営会社さんです。比較するのは失礼にあたるレベルですね。

ただ、これだけの資本金及び準備金があったとしても、出会い系マッチングアプリは1年で潰れる可能性がある競争の激しい業種になりつつあるので、今後どれだけRavit(ラビット)が続くのか、また人気になっていくのかしばらくは見守るのが一番かと思います。

 

Ravit(ラビット)の感想まとめ

Ravit(ラビット)は2018年12月1日にリリースされたばかりの新規恋活マッチングアプリで、まだまだ人も少ない状況ですが、AIエージェントが出会いをサポートしてくれるというマッチングアプリです。

ただ気になるのは、現段階でインストール数は「100件以上500件未満」であるにも関わらず、様々なデータをそれらしく提示しているという点。

有料会員の97.8%が実際にマッチングしている?ん?

500人にも満たないマッチングアプリで、奇跡的にマッチングした人がいたとして、その確率が97.8%になるのはちょっと変なのではないかと。この数字が成立するには500人が有料会員登録して489人がマッチングしないと成立しない数字です。(もしくはこれに近い人数比)

おかしいと思いしっかり確認してみると、「※1」という注意書きがあり、その注意書きはこういった内容になっていました。

弊社実施によるマッチングサービスユーザーアンケート調べによるものです

つまりマッチングサービスを利用したことがある人たちにアンケートを取った結果、有料会員の97.8%が実際にマッチングしているという事のようです。

マッチングと言っても、結局お互いにいいね!した状態であり、その後どうなったかまでは不明ですし、これをデカデカとPRするのはちょっとどうなんだろうという気になってしまいます。

他にもところどころでアンケートによってはじき出された数字が掲載されていて、個人的にはちょっと不信感というか、他社サービス利用者のデータを引用するのってどうなの?という気にさせられてしまいます。

それに、既にマッチングアプリ界でAIエージェントを前面に押し出したサービスが廃止に追い込まれたという実績があるだけに、Ravit(ラビット)を持ち上げる気にはなれないというのが今の私の正直な感想です

 

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

 

コメント