出会える出会い系を見つけるおすすめの方法

最近では私の周りでも出会いのきっかけはインターネットというカップルが増えてきています。中には友人から勧められたので出会い系アプリを利用してみようか悩んでいるという人もいるでしょう。

しかし、いざ出会い系アプリを探してみると驚くほどの数のアプリがヒットするため、どれを使ったら良いのか全く分かりませんよね。

特に出会い系アプリと言えば、サクラがいるような詐欺まがいのものも多くあるため、手あたり次第に利用していくのはあまりにも効率が悪すぎます。

また出会い系アプリの95%以上は法律違反を犯している違法なインターネットサービスであるという実情も相まって、何の予備知識も持たずに出会い系に手を出すと「騙された」という結果とイメージが先行してしまい、利用を諦める羽目になってしまいます。

そこで今回の特集では、出会い系アプリを選ぶポイントをしっかりと解説した上で、それぞれの出会い系の特徴とおすすめする理由をご紹介してきます

 

また最後の方では、これまでに300以上もの出会い系サイト&アプリを利用してきた経験の集大成として、出会い系に関する知識や疑問も掲載しています

 

これから出会い系アプリを利用しようと考えている方々の参考になればと、各項において細かく説明を加えており長文掲載になっておりますので、要所を確認していく場合は上の目次をご利用ください。

出会い系を選ぶポイント!

実際に出会い系アプリで出会ったことがある私からすると、出会いが欲しいと思っているのに出会い系を利用しないのはハッキリ言ってかなりもったいない!

そこで今回は、出会い系アプリを利用する上で最低限必要な知識や、300件以上の出会い系アプリを実際に使って導き出した出会い系の選び方、また各出会い系の年齢別利用者分布、そしてどうやったら出会えるかといった攻略ポイントを各出会い系アプリの特徴に合わせてご紹介していきたいと思います。

出会うために知るべき事

簡単な例え話ですが、もし甲子園に行きたいとしたらあなたならどうしますか?

甲子園に出場するという目標と、恋人を作るという目標には、どちらも達成する上で重要な共通点があります。

自分自身が努力する事はもちろん、何より重要なのは”環境選び“なのではないでしょうか。

毎年地方予選1回戦負けをしているような高校に入学してしまうと、どれだけ本人に実力があったとしても甲子園に出場できる可能性は低くなるのは当然の事でしょう。

もし本気で甲子園を目指すのであれば、現在プロで活躍している選手たちと同じように、優秀な監督がいる甲子園常連校に入学するのがベストな選択です。

これは出会い系アプリを選ぶ上でも同じような事が言えます。


甲子園の例を出会い系アプリに置き換えて考えてみると、優秀な監督というのは運営会社であり、選ぶ高校はサービスという事になります。

もし本気で恋活・婚活をしたいのであれば、信用できる会社が提供しているマッチングが成立しやすい出会い系アプリを選ぶのが一番の近道なのです。

中には”完全無料”という言葉に釣られて、運営会社がどこかも分からないような出会い系アプリに登録する方もいると思いますが、匿名性の高い完全無料の出会い系アプリにおいては、相手が本当に存在しているかも分からないですし、表示されているプロフィールが本当かどうかも微妙です。甲子園の例で言えば、弱小高校に入学してしまうようなものです。

また厳密言えば、そういった完全無料の出会い系アプリは法律的に問題があるので、そういったアプリを使い続ける事はご自身にとっても良くありません。

逆に有料の出会い系アプリだからと次々にお金をつぎ込んだとしても、そこに異性で近場に住んでいる会員がいなければ全く意味がありません。

努力する事はもちろんですが、やはり環境(アプリ)選びの時点である程度の成否が決まるといっても過言ではないので、”どの出会い系アプリを使うか”という事は、マッチングを成立させる上で何よりも重要なポイントになってきます。


出会い系アプリを選ぶ上で、これだけは外せないというチェック項目がいくつかあります。

  1. 運営会社の信用
  2. 集客力
  3. 女性目線で作られたサービスであるか
  4. 自分の目的にあったアプリ選び

各項目について詳しくご紹介していきたいと思います。

運営会社の信用

あまり広く知られていないようですが、出会い系サービスは「出会い系サイト規制法」という法律によって規制が敷かれています。

日本の法律上、公安委員会(警察)から認可を受けないと出会い系サービスを提供してはならないとされているのですが、実際のところ法の目をかいくぐって違法な出会い系アプリが続々と配信されているというのが現状です。

先ほど例に挙げた完全無料の出会い系アプリなんかは、その最たる例ですね。

細かい説明は省きますが、出会い系アプリを提供する上で最低でも以下のような義務が運営会社にはあります。

  • 会員登録者の年齢確認
  • 規定された運営会社情報の開示
  • 公安委員会へ届出をして認可を受ける

年齢確認については口コミ等でこういった投稿を見た事ありませんか?

わざわざ年齢確認しなくても利用できる出会い系はいくらでもある

こういった投稿をしている人が稀にいますが、この考えそのものが危険です。

自ら違法な出会い系アプリを選択しているに過ぎず、最悪の場合、サクラと会話するために課金する事になり、相手がサクラだと気づいた時に後悔するだけです。大げさな話ではなく、違法な出会い系アプリの多くは会員からお金をむしり取る事しか考えていません。

年齢確認はあくまで法律で決められている手続きであり、年齢確認は18歳未満の青少年の保護を目的としています。出会い系では未成年者が犯罪に巻き込まれるというケースが少なくないので、こういった処置が必要なのです。

また個人的には、身分証を提出しての年齢確認を避けるような”猜疑心が異様に強い面倒な人”とは付き合いたくないので、年齢確認によって面倒な人が排除されるのは喜ばしい事ですけどね(笑)


そして次に運営会社情報の開示ですが、これは出会い系サイト規制法の上でも、そして有料コンテンツを有するインターネットサービスの運営会社としても特定商取引法で定められている重要な義務です。

開示しなくてはならない情報は「運営会社名・運営責任者・会社住所・電話番号やメアドなどの連絡先」などごくごく当たり前の情報ばかり。

当たり前の事過ぎて鼻で笑われてしまうかもしれませんが、出会い系業界においては当たり前の情報すらも開示出来ないような胡散臭い会社が運営する出会い系アプリが蔓延しているというのが現状です。


最後に公安委員会への届出と認可ですが、最低でも上の2つをクリアしていないと届出をしたところで認可を受ける事は叶いません。

また届出をすると公安からチェックや定期的な監査が入るので、サクラを使うためのシステムを導入する事も出来ません。

【豆知識】詐欺行為を行っている悪質な出会い系アプリでは、サクラの住所は利用者と同じ住所で表示されるようになっており、見る人によってサクラの住所が変わるという仕組みになっています。

恐らく運営会社の信用といっても何を見て判断すれば良いか分からないという方がいらっしゃると思いますが、出会い系に関して言えば「インターネット異性紹介事業 届出済み」もしくは「認可済み」という記載があるかどうかを確認するだけで、信用できる会社かどうかを判断する事が可能です。

集客力

これは先の甲子園の例で言えば”有力選手の確保”といったところでしょうか。

無名の選手ばかりを集めて甲子園に出場するといった例はないわけではありませんが、10年に1校あるかないかの奇跡のようなお話なので、堅くいくのであればやはり有力選手が沢山いる高校、つまりは会員数が多い出会い系アプリを選ぶに限ります。

出会い系の中には、長年コツコツ実績を積み上げて会員数を増やしてきた出会い系もあれば、運営会社の資金力をフル活用して広告費にお金をつぎ込んで会員数を増やしている出会い系もあります。

どちらが良いというのはありませんが、確率論で言えば異性が多ければ多いほど出会える確率も高くなるので、運営会社の集客力(資金力や運営実績)というのは非常に大切です。

女性目線で作られたサービス

出会い系アプリは男性利用者が多いイメージがあると思いますが、それ故に女性ユーザーの獲得が各運営会社の最重要課題となっています。

男性ユーザーは女性が多ければ必然と集まってきますが、女性ユーザーはそのサービスに相応の魅力がないとすぐに離れていってしまいます。

というのも、出会い系では女性ユーザー獲得のために”女性無料“に設定している出会い系がほとんどで、女性の立場からすればどこ出会い系を使っても一様に無料という事であれば、使っていて楽しい出会い系の方が良いに決まっていますよね。

若い世代で言えば、可愛くておしゃれな出会い系が好まれる傾向にあり、40代以上になるとシンプルで使いやすい出会い系が好まれる傾向にあります。このような年代別の傾向を知っておくのも、出会い系を攻略する上で必要なポイントです。

これまで使ってきた出会い系アプリの中には、10年前の産物のような古臭いデザインやマッチングシステムのまま、未だリニューアルすることなく配信され続けている出会い系も存在します。

こういった出会い系には女性が集まらず、例えこれまで人気があった出会い系アプリだったとしても、今後は女性会員が離れていく可能性があるので、”今”を捉えた出会い系アプリを選ぶべきでしょう。

出会い系アプリを利用する目的

出会い系アプリは大きく分類すると3つタイプに分けることが出来ます。ひとえに出会い系アプリと言ってもいろいろなものがあるんです。

そんな中、何も知らずに自分に合っていない出会い系アプリを選んでしまうと、時間とお金を無駄にしてしまう事になりかねません。

私は既に結婚適齢期を過ぎていますが、それでも婚活をする気にはなれないタイプです。ダメ人間臭が漂っていますが、いろいろと考えがあっての結論なのでこれでいいんです!(笑)

私と同じような考えの人であれば恋活アプリや、もう少しライトな大人の出会いがある出会い系アプリを使う事でしょう。

とりあえず恋人がほしいという事であれば恋活アプリ。

すぐにでも結婚したいから婚活アプリ。

人それぞれ目的は異なる事だと思います。

まとめるとこんな感じ。

タイプ 特徴
【A】恋活アプリ 恋人を作ることが最大の目的。結婚は相性次第。
(主に20代、結婚経験者は少なく、異性の飲み友募集も有り)
【B】婚活アプリ 結婚を前提とした付き合いが目的。
(主に30代以上、結婚経験者、子持ちシングルも)
【C】多目的アプリ 恋活・婚活を目的とする人から、大人の付き合いを募集するものまで、幅広い目的のユーザーが混在。

婚活をしたいのに多目的アプリ(特に大人の付き合い募集が盛んなアプリ)を選んでしまうと、出会い系アプリに嫌悪感を抱きかねないので、しっかりと目的に合った出会い系アプリを選ぶように心がけましょう。


この他、出会い系で損をしないための知識を最後にまとめていますので、出会い系初心者という方はまずはそちらを参考にしてみて下さい。

  • 完全無料の出会い系は避けるべし!
  • 違法な出会い系アプリの特徴
  • サクラの特徴

20代・30代におすすめの出会い系

20代から圧倒的に支持を得ている出会い系アプリがこの2つ!

  1. メンタリストDaiGo監修 with
  2. タップル誕生

恐らくタップル誕生は聞いたことあるがwithは聞いた事がないという人がほとんどでしょう。

これは運営会社の体力に差があるので仕方がない事だと思いますが、実際に私が両者を利用した感想としては、今はwithの方が明らかに勢いがあります。

どちらも20代女性からの支持が高く、20代の男女、年下女性を狙う30代男性にとっては今一番おすすめの出会い系アプリです。

20代が占める割合はナンバーワン!

これは検索機能を使って調べた【with(ウィズ)】の女性会員の年齢分布です。

  • 10代 3%(18歳未満は利用できません)
  • 20代 67%
  • 30代 23%
  • 40代 7%
  • 50代以上 0.1%未満

20代女性が実に3分の2を占めています。

これだけ20代女性が占めていれば、男性が増えるのは当たり前ですし、運営が放っておいても盛り上がるはずですが、それに加えwithでは常にイベントが開催されています。

このイベントがとても面白く、特に女性に大ウケしているため、女性の退会率が圧倒的に低い!このイベントこそがwith(ウィズ)に20代女性が増え続ける最大の理由でしょう。

これは11月21日まで開催されているイベントで、メンタリストDaiGoが監修している性格診断の一種で、今回は「お食事デート診断」が開催されています。

簡単な質問に答える事でいくつかのタイプに分けられ、お食事デートの相性の良い異性をマッチングしてくれるというものです。

これによりイベントが開催される度に新たな出会いが生まれ、しかも相性の良い相手が見つかりやすいというメリットがあります。

今回のお食事デート診断が終わればすぐ別のイベントが始まるので、例え「なかなか良い相手が見つからない」という方でも、楽しく使い続けることが出来るんです。

  • メンタリストDiaGo監修 with(ウィズ)公式HP ⇒ https://with.is/
もっと詳しい内容が知りたいという方 ⇒ withの評価レビューにGO!
管理人がwithを利用した感想と体験談 ⇒ withの体験レビューにGO!

これはwith(ウィズ)の運営会社「株式会社イグニス」の今期(2016年10月~20179月)の決算報告の数字ですが、with(ウィズ)の業績は前年比621.3%という驚異的な数字になっています。

それだけ爆発的に会員が増え続けているという事です。

特にこれまで出会い系アプリに興味がなかったという人でも、with(ウィズ)であれば楽しく利用できますし、不快な思いをする事もほとんどありません。

そしてこれは断言できますが、with(ウィズ)には100%サクラがいません!

他の人気出会い系アプリを使っていると「あれ?これはサクラか?」と疑念が生じるシーンがあるのですが、with(ウィズ)においてはそういったシーンが一切ありませんでした。

元々ソーシャルゲームを開発・運営している企業さんなだけに、いかに面白く利用できるかという事を追及しているのでしょう。

withで出会うためのポイント!

評価レビューや感想レビューに詳細を記載しているので、詳しい内容を知りたい方はそちらを参照して貰えればと思いますが、ここでは簡潔にwith(ウィズ)の攻略ポイントをいくつかご紹介したいと思います。

  1. イベントには開催日当日に参加する事
  2. 顔写真は厳選する
  3. 自己紹介文は女性の自己紹介文を見て学ぶべし!

ちなみに、私は登録した当初全く女性から「いいね!」を貰えませんでしたが、この3点に気を付けたことで毎日のように「いいね!」が貰えるようになり、何人もの女性とマッチングする事が出来ました。(私は30代なので同年代の女性とのマッチングがほとんどです)

with(ウィズ)で開催されているイベントでは、診断結果の相性が良かった相手が優先的に検索結果に表示されるようになっています。

その為、イベントにいち早く参加(診断の実施)する事で出会いのチャンスが一気に広がります。こちらから「いいね!」を押すことも重要ですが、相手から「いいね!」を貰う事が何よりも重要なので、イベントには出来る限り早く参加した方が間違いなくお得です!

顔写真についてはwith(ウィズ)に限った話ではありませんが、特に20代が多いwith(ウィズ)では顔写真の善し悪しでマッチングできる確率が一気に跳ね上がります。

男性においてはあまり自撮りする機会は少ないと思いますが、頑張って盛れている写真を1枚確保しましょう。その際、男性が過度に加工アプリを使っているとちょっとキモイので、ほどほどに(笑)

女性の場合は、SNS感覚で友達と一緒に写っている写真をプロフに掲載すると、間違いなく男性に引かれます。他人のプライバシーを守れない非常識な女性というレッテルを貼られてしまうので、可愛く映っていたとしても自分だけが写っている写真、もしくは編集して友達の顔を隠すなりしてアップするようにしましょう。

最後に自己紹介ですが、特に男性は重要です。どのような自己紹介文が女性に好まれるのかは、女性がどのような自己紹介をしているかを見ることである程度の傾向がつかめると思いますので、自己紹介文に関してはそれなりに研究した方が良いかもしれませんね。

月額定額の中で最も安い料金プラン

with(ウィズ)は出会い系アプリの中でも後発のサービスという事もあってか、他の月額定額の出会い系アプリに比べ、月額プランの購入料金はかなり低く設定されています。

プラン クレカ決済 キャリア決済
1ヶ月 2,800円 3,400円
3ヶ月 2,600円/月 2,933円/月
6ヶ月 2,300円/月 2,800円/月
12か月 1,800円/月 2,066円/月
一週間 1,300円 1,400円

※女性は完全無料で利用できます

単月プランの購入で3千円を割っている出会い系アプリは、大手に絞り込むと私が知る限りwith(ウィズ)だけです。

マイナーな出会い系アプリの中にはこれよりも安い出会い系で頑張っているサービスもありますが、そのせいで広告にお金をかける事が出来ず、会員が増えないという問題があります。

バランスが取れている出会い系の中で、最も安い料金プランを打ち出しているのがwith(ウィズ)であり、20代に最も優しい出会い系アプリと言えるでしょう。

これは今後もかなり大きな武器となるはずです。

  • メンタリストDiaGo監修 with(ウィズ)公式HP ⇒ https://with.is/

3周年を迎え会員数が250万人を突破!

with(ウィズ)に次いで20代女性の会員割合が高い出会い系アプリが【タップル誕生】!

これは運営会社である「株式会社サイバーエージェント」が公開した利用者の年齢分布。

タップル誕生においては検索をして会員が何人いるのかという調査が出来ないので、こういった公式のデータに頼るしかありませんが、公式発表では20代女性が占める割合は女性全体の62.5%となっています。

またこのグラフを見ると分かるように、4年間で実に250万人もの新規会員を獲得しています。

with(ウィズ)よりも全体的な会員数が多いという事を考えると、占有率は低いですが20代女性の数で言えばタップル誕生の方が多いという事になります。

その一番の要因として、タップル誕生はサイバーエージェントが運営しているので、同企業が運営するアメブロとも連動していてアメブロアカウントでそのままログインする事が可能です。

他の出会い系が苦労している女性会員の獲得を、タップル誕生は他のサービスとの連動という方法でクリアしているので、これだけ女性会員が多いという結果につながっているんです。

タップル誕生では他の出会い系で当たり前に使われている検索機能がありません。

一般的に出会い系アプリでは条件を絞り込んで検索を行い、表示された異性の中から写真やプロフィールを見て気になる相手を探していくという流れですが、タップル誕生では検索機能を使って異性を検索して一覧表示する事が出来ないんです。

ではどうやって異性とマッチングするのかというと、様々な趣味のカテゴリーが用意されているので、自分の好きなジャンルや趣味のカテゴリーを選択し、その中から異性を探すという流れになっています。

そしてその検索結果は一覧で表示されるのではなく、一人一人カードのような状態で表示され、一人一人のプロフィールをじっくり見る事が出来ます。

一日に閲覧出来る数に制限を設けていますが、画面右上の検索ボタンで条件をある程度絞り込めるので、ここに表示される異性は気の合う相手であり、自分の求める条件にマッチした相手のみという非常に効率性の高いマッチングを実現しているんです!

条件ではなく顔で選ぶという方にとっては逆に非効率かもしれませんが、そもそも顔第一で選んでいる会員さんはマッチングが成立する確率が低いと言われているので、どちらにせよ同じことなのかもしれないですね。

タップル誕生でマッチングを成立させる為の攻略ポイント!

前項でご紹介しましたが、タップル誕生ではまず初めにカテゴリーを選択してから検索するという流れになっています。

その為、自分が選択している”興味があるカテゴリー“が多ければ多いほど、異性の検索にひっかかる可能性が高くなります。

「自分からガンガンアピールするタイプなので、相手からのいいかも!は待たない」という事であれば適当でも良いかもしれませんが、タップル誕生では一日に自分で検索できる数に上限を設けているため、自分からだけではなく相手から「いいかも!」を貰う事が、マッチングが成立する過程でかなり重要になってきます。

どれだけ異性の検索に表示されるか、つまりはどれだけしっかりが興味があるカテゴリーを選んでいるかという事がマッチングの鍵を握ります

だからといって興味がないカテゴリーを選ぶのはやめましょう(笑)

興味はあるカテゴリーは最初のプロフィール登録で選択しますが、その後自分に合ったカテゴリーが見つかれば、マイページの「趣味のアピール」に表示されている「編集」を押して、そこから新たに興味があるカテゴリーを追加する事が出来ます。

プロフィール欄の充実ももちろん重要ですが、検索に引っ掛からなければ全く意味がありませんので、まずはカテゴリー選択をしっかりしておくことが何よりも重要だと思います。

幅広い年齢層が魅力!

先ほどのwith(ウィズ)とタップル誕生は20代に人気がある出会い系アプリという事でおすすめをしましたが、本当に出会い系サービスを必要としているのは、私を含む30代以上の独身者なんですよね。

20代の利用者以上に切羽詰まってますからね!w

年下狙いという事であれば上の2つでも良いかもしれませんが、同性代や年上を狙う20代からすれば上の2つは全体的に若すぎるという欠点があります。

逆に30代以上の会員が多い出会い系アプリは、長い間続いている老舗出会い系であることがほとんどで、やはり運営期間が長い出会い系がおすすめです。

withやタップルのようなポップなデザイン、新しいマッチングシステムなどはありませんが、掲示板が用意されており目的に応じた使い方ができるのも魅力の1つでしょう。

その中でも特におすすめなのがこの3つ。

  1. PCMAX
  2. ハッピーメール
  3. Jメール

いずれも運営実績が10年を超えており、累計登録会員数も600万人以上というモンスターサイトばかりです。

30代以上の異性と出会う事を主眼とするのであれば、この3つのみに絞っても良いかもしれません。

この3つの出会い系のもそれぞれ特徴がありますので、おすすめのポイントと特徴をご紹介していきたいと思います。

アクティブユーザー数No,1

老舗出会い系アプリの中でも、最も人気があり自信をもっておすすめできるのが【PCMAX(ピーシーマックス)】です。

20代から40代のユーザーが多く、また50代以上のユーザーも多数登録されています。ストライクゾーンが広いという方であれば、20代ばかりの出会い系ではなくPCMAXのように幅広い年齢層が登録していて、尚且つアクティブユーザー(現在進行形で恋活・婚活をしている利用者)が多い出会い系を利用したほうが出会いのチャンスは広がることでしょう。

PCMAX(ピーシーマックス)
運営会社:株式会社マックス
運営開始:2001年
累計会員:1,000万人以上
公安届出:認定番号 30120128005

運営実績は15年を優に超えており、累計会員数も出会い系の中ではトップクラスの1,000万人。ただし1,000万人以上が常駐しているという事はなく、女性が完全無料で利用できるの悪質な業者などが作成した会員アカウントもカウントされていることでしょう。

そう考えると累計人数はもっと少ないと思いますが、実際に利用してみるとアクティブユーザーが多いという事は一目でわかります。

現在はアプリにも対応しており、Android・iOS版の両方が配信されていますが、アプリ版とブラウザ版ではサービス内容が異なります。

PCMAX アプリ版の特徴

PCMAXは元々掲示板主体のマッチングサービスで、ブラウザ版では今でも掲示板が主体となっていますが、アプリ版では新たな機能が取り入れられており、昔ながらの出会い系と新しい出会い系が融合した唯一の出会い系アプリとなっています。

画面下にあるメニューは「お相手探し=検索」「メッセージ=チャット」「コミュニティ=グループ検索」「ひとりごと=つぶやき投稿」といった感じで、withやタップルのような新しい出会い系のシステムやSNSの機能を取り入れつつ、創業当初から利用しているユーザーのために当時の原型もある程度残されています。

私自身が30代という事もあってか、個人的にはwithやタップルなんかより馴染みがあって使いやすいんですよね。

これはPCブラウザで見たPCMAXのサイトトップなのですが、2017年からデザインが刷新され、これまでの古臭い感じは一切なくなっています。

またログインについても、YahooやGoogleのアカウントでログイン出来るだけでなく、最近多くの出会い系で取り入れられているFacebookアカウントでのログイン、また出会い系では珍しくTwitterアカウントでのログインも可能となっています。

2016年末くらいまではごくごく普通の検索と掲示板しかなく、デザインも若者向けではないなぁと常々思っていたのですが、今の完成形を見ると老舗出会い系というポジションにあぐらをかくことなく進化している出会い系と言えそうです。

PCMAX ブラウザ版の特徴

PCMAXをフルに活用するのであればブラウザ版の利用がおすすめです。

先ほど紹介したのはアプリ版ならではの機能で、ブラウザ版の方は昔ながらの掲示板が中心のマッチングシステムになっています。

当然、ブラウザ版でも恋活や婚活はできるのですが、ブラウザ版の最大の特徴は大人の出会いも探せるという点でしょう。

これはPCMAXのブラウザ版の掲示板検索画面。

見ての通り、「アダルト」と「ピュア」の2つに分かれており、アダルトの検索カテゴリーには「スグ会いたい」や「ミドルエイジ」「マイノリティー」といった様々なカテゴリーが並んでいます。

恋活や婚活にも使える出会い系サイトですが、このように様々なニーズに応じた掲示板が用意されていて、利用者の目的に応じた幅広い利用が可能なんです。

だからと言って全員が全員アダルト目的ではなく、ピュアな出会いが目的で登録しているユーザーもしっかりいます。というか、PCMAXにおいてはそちらのほうが多いでしょう。


なぜこのようにアプリ版とブラウザ版で異なるサービス内容になっているのか?

実はGoogleやAppleの規約によりアダルトコンテンツを含むアプリの配信は禁止されているので、アダルト掲示板を含めたサービスはアプリ配信できないんです。

以前はこういった掲示板機能が実装された状態でアプリ配信されていましたが、規約違反とみなされアプリが削除されてしまい、試行錯誤を繰り返して現在のスタイルに落ち着いている状況です。

運営会社としては大変だったでしょうが、”災い転じて福となす”というべきか、アプリ版にこれまでのPCMAXにはなかった機能が実装されたので、アプリ版とブラウザ版で使い分けることが可能になり、より幅広い使い方ができるようになっています

出会い系でも最高のコスパ

PCMAXの魅力の1つとして、出会い系業界の中で最も安い料金設定である事が挙げられます。

PCMAXに限らず多くの老舗出会い系が「従量課金制」を採用していますが、その中でもPCMAXは一番安い料金設定になっているんです。

運が良ければ異性と出会うまでに1,000円もかかりませんし、初めてPCMAXに登録すると無料ポイントが1,000円分もらえるので、使い方を間違えなければ無料で異性と会うことも不可能ではありません。

コンテンツ利用 消費ポイント(男性のみ)
メッセージ送信 5pt
プロフィールを見る 1pt
写真・動画を見る 3pt
掲示板を見る 1pt
掲示板に書き込む 5pt
【1pt=10円 / 女性は無料 / 最低課金額 500円~】

メッセージ送信は50円

出会い系の中でも最も安い料金設定なので、これを目的に集まってくる男性ユーザーが多いという事なんですよね。

ただし、相手のプロフを見るだけで10円分のポイントを消費するので、下手に女性のプロフを見て回っていると、気づいたら500円分のポイントがなくなっているという事はザラです。

無駄なポイント消費を防ぐためにも、まずは自分の目的を再認識して、的を絞って使う必要があります。そうすれば、無駄なポイント消費はなくなり、低コスパで女性と出会えるはずです。

ここまでは恋活・婚活者向けの利用方法とアドバイスですが、もしブラウザ版のアダルトが目的という事であれば、恐らくほとんどポイントは消費しないと思います。

こちらがしっかり条件を明記した上で掲示板に投稿すれば、条件に合う異性からしかアプローチはありませんし、逆にこちらかが投稿を見てメッセージを送る場合でも、簡単な条件のすり合わせだけで話は済むと思います。

ここまで話が進めば、あとはIDを交換して他のメッセージアプリでやり取りをすれば良いので、ポイントを消費することはなくなります。

アダルトが目的という事であれば、やはりPCMAXのような従量課金制で安い料金設定のサービスを利用するのが一番です!

累計会員数は出会い系の中でもNo,1!

次におすすめしたいのが、PCMAXと同様に2001年から運営が開始された老舗出会い系の【ハッピーメール】!

出会い系サイトとしては最速で累計会員1,000万人を突破するなど、出会い系の中でも最も巨大なサイトで、2017年末時点で累計会員数1,600万人に達しています。

ただし、あまりにも会員数が増え巨大になりすぎたがゆえに、運営の管理が行き届かなくなってしまい、一時売春などの問題が多発して役員が捕まってしまうという事件にまで発展してしまいました。

これはハッピーメールそのものに問題があったというわけではなく、実際には利用者側のモラルに問題があるわけなのですが、結局それを管理しきれなかった運営側に矛先が向けられた形となってしまったんです。

この事件は2015年のお話で、現在は運営の管理体制も強化され、通常通りの運営しています。

この件でアプリのリジェクトなど様々な弊害が起こりましたが、これを機にPCMAX同様アプリ版の一部サービス内容が刷新されるなど、ハッピーメールも大きく変わることになりました。

ブラウザ版では未だ昔の名残が残っていますが、アプリ版は非常に使いやすくなっています。知名度が高い出会い系という点でも、30代以上の方々が利用するのであればやはりハッピーメールは外せない出会い系でしょう

ハッピーメール
運営会社:株式会社アイベック
運営開始:2001年
累計会員:1,600万人以上
公安届出:認定番号 90080003000

刷新されたサービスの中身

ハッピーメールもPCMAX同様に、ブラウザ版は昔と変わらない内容になっているものの、アプリ版ではブラウザ版のサービスを一部変更して配信しています。

The出会い系といった感じで、検索と掲示板しかありませんが、掲示板の中には様々なカテゴリーが用意されており、20代から50代以上のシニア世代まで幅広い年齢層の利用者が楽しめる出会い系アプリになっています。

ブラウザ版では「ピュア掲示板」と「大人の掲示板」に分かれていますが、アプリ版で利用できるのはピュア掲示板のみとなっており、ピュア掲示板では以下のようなカテゴリー分けがされています。

  • 全国メル友
  • メル友募集
  • 今からあそぼ
  • 恋人募集
  • 友達募集
  • ミドルエイジ/シニア
  • ピュア画像
  • ヲタ友/ヲタ恋

昔と比べ大きく変わったというわけでもなく、出会い系掲示板を今風にデザインしなおしたという感じですね。

私が30代以上におすすめする出会い系アプリとして真っ先にPCMAXの名前を挙げたのは、PCMAXがハッピーメール以上に大きく進化したという点につきます。

料金体系もPCMAXとほとんど同じですし、累計会員数に関してはハッピーメールのほうが断然多いのですが、時代のニーズに合わせているという点においてはやはりPCMAXに軍配が上がるでしょうね。

ちなみにブラウザ版の大人の掲示板にはこのようなカテゴリーがあります。

  • 今スグ会いたい
  • 大人の出会い
  • 大人の恋人関係
  • 刺激的な出会い
  • 大人のメール/TEL
  • ミドルエイジ/シニア
  • 画像掲示板

要は〇〇〇フレンドの募集が多いという事です。

最近芸能ニュースなどでこういった事にやたらと敏感になっている方が多いように思いますが、双方がOKという事であれば私は問題ないと思いますけどね。

運営実績No,1

PCMAXやハッピーメールと同様に、早くから出会い系サイトとして運営され、今なお続く老舗出会い系【Jメール】。

Jメールは2000年から運営が開始されており、運営実績だけで言えば出会い系の中でもナンバーワンです。

ミントC!Jメール
運営会社:有限会社エムアイシー総合企画
運営開始:2000年
累計会員:600万人以上
公安届出:認定番号 5443257

運営実績が最長であるにも関わらず、会員数が600万人とPCMAXやハッピーメールと比較すると見劣りする数字になっていますが、だからといってJメールのサービス内容が一概に劣っているというわけではありません。

アダルトに特化した掲示板

PCMAXやハッピーメールなど巨大な出会い系があったにも関わらず、Jメールが独自に生き残ってきた背景には、とあるカテゴリーに特化された出会い系だからという理由が挙げられます。

アプリ版では少々大人しい感じの掲示板カテゴリーしかありませんが、ブラウザ版ではこういったカテゴリーが用意されています。

掲示板
  • ピュア掲示板
    • メル友・ピュア恋
    • 今から遊ぼ
    • ミドルエイジ
    • 全国メル友・趣味友
  • アダルト掲示板
    • 今すぐあそぼっ
    • Hな出会い
    • 人妻の誘惑
    • アブノーマル
    • ミドルエイジアダルト
    • 全国アダルト掲示板
  • 誘い飯掲示板

かなり幅広い掲示板内容になっており、他の出会い系アプリにはない「人妻の誘惑」や「誘い飯掲示板」などもあります。

これがJメールが群雄割拠の出会い系サービスの中で生き残ってきた最大の要因であり、他にはない魅力だと言えるかもしれません。

互いの合意の下の話なので、この掲示板を利用することに警鐘を鳴らすつもりは毛頭ありませんが、やはり人によってはかなり魅力的な掲示板でしょう。

ちなみに、アプリ版では以下の3つの掲示板カテゴリーしかありません。

  • メル友・ピュア恋
  • 今から遊ぼ
  • ミドルエイジ

差がありすぎるw

ブラウザ版のみ即会いが可能

個人的にはアダルト掲示板にはさほど興味は沸きませんが、誘い飯掲示板はかなり魅力的だと思っています。

これが実際の誘い飯掲示板で、毎日何らかの誘い飯募集が投稿されています。誘い飯とは「無駄なやり取りをせずに、とりあえず会って一緒にご飯を食べましょう!」というものです。

私の性格上、メッセージのやり取りを何十往復もした上で会うより、ぱぱっと会って判断したいという考えがあるので、こういった即会い的な掲示板があるのは非常に助かります。

そもそも相手の顔が見えないメール、ラインのやり取りだけで相手の本性が分かるとは思えないですしね。面と向かって話すのが一番です!

この誘い飯掲示板を使って実際に2度ほど食事に行ったことがありますが、どちらかというと私は口下手なほうではないので、会話も途切れること無くかなり楽しい食事ができました。まぁどちらもその後は続きませんでしたけどね(笑)

アプリのダウンロードについて

Jメールはアプリに対応した出会い系サービスですが、AppstoreではiOS版が普通に配信されているものの、Googleplayでは未だAndroid版の配信が出来ていない状況です。

ただし!実は公式HPからAndroid版をDLすることが可能なので、Androidユーザーの方でもまずはブラウザ版に登録してアプリをダウンロードするという流れのほうが良いでしょう。

これはあくまで私の意見ですが、前項でもご紹介しているようにJメールの魅力はブラウザ版に集約されていますので、アプリ版よりはブラウザ版の利用がおすすめです。

危険な出会い系の共通点

ここまでおすすめの出会い系アプリを厳選してご紹介してきましたが、他にも出会い系サービス・アプリはいくつも存在しています。

ただし、出会い系アプリ全体を見たときに、今回ご紹介したような公安から認可されている正式なものはごく一部しかなく、99%は無認可で違法に配信・運営されている出会い系アプリです。

むやみやたらに出会い系アプリに手を出していくと、かなりの高確率でぼったくり料金の詐欺アプリに捉まってしまう事でしょう。

そこでここからは、出会い系アプリを利用する上で最低限必要な知識を出来る限り簡潔にまとめてご紹介していますので、出会い系初心者という方、また真剣にパートナーを探したいと思っている方は参考にしていただけると幸いです。

完全無料の出会い系は避けるべし!

世に出回っている出会い系アプリの多くは”女性無料”を掲げており、一般的に女性は無料で出会い系の全サービスを利用する事が出来ます。

中には女性を有料に設定している出会い系も存在しますが、男性の利用者が圧倒的に多い出会い系においては、女性会員を獲得する事こそが成功への近道となります。

その為、ほとんどの出会い系アプリが女性会員を獲得するために女性無料を掲げているわけなのですが、中には男女共に完全無料を掲げている出会い系アプリも存在しています。

こういった出会い系アプリには様々なデメリットが存在しますが、その中でも特に大きなデメリットがこの2つです。

  1. 完全無料であるが故にコンテンツが低質
  2. 男性会員のたまり場になっている

最新の出会い系アプリと言えば、女性に好まれるようなポップなデザインと、トレンドを取り入れたSNS感覚のサービスが人気となっています。

いかに女性ユーザーに気に入って貰えるかが、出会い系アプリにおいては何よりも大事だからです。

しかし完全無料の出会い系アプリは、完全無料であるが故に収益性が低くコンテンツが低質であり、10年前の出会い系の仕組みを使っているような古臭いものばかりです。

そのような出会い系に女性ユーザーが集まるわけはなく、完全に男性ユーザーのたまり場になってしまっている状況です。

そもそも女性目線で考えれば、わざわざダサくて使い勝手の悪いアプリを使わなくとも、SNS感覚で写真投稿が出来るポップでおしゃれな出会い系アプリを完全無料で使えます。

言い方は厳しいですが、無料にこだわっている男性ユーザーばかりが集まる出会い系よりも、月額有料登録している経済力のある男性の方が良いに決まっています。

男性にとっては酷な話ですが、これが現実です。

違法な出会い系

前項に挙げたような完全無料の出会い系アプリも実は違法なアプリであることがほとんどです。(逆に完全無料で法を犯していない出会い系アプリに出会ったことがありません)

では何が違法なのか?

一番多いのが出会い系サイト規制法に抵触しているパターンで、次に特定商取引法に抵触しているというパターンです。

実際にどういった内容が法律違反となる可能性が高いのか、具体例と合わせてご紹介していきたいと思います。

出会い系サイト規制法

通称・出会い系サイト規制法、正式には「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」という法律で、悪質な出会い系業者を取り締まるための法律になっています。

この法律が出来た背景には、出会い系サイトで犯罪に巻き込まれる青少年が増えたり、出会い系を悪用して詐欺行為を行う業者が急増したためであり、出会い系サイトを運営するにはこの法律に準ずる必要があるのです。

(ちなみに、これはあくまで出会い系サイトを対象とした法律であり、アプリは適応外などとほざく輩もいますが、厳密にいえばアプリもサイトと同じようにURLを持つサイトであり、形式が少々異なるだけなので、当然ながら出会い系アプリもこの法律の対象となります。)

この法律の第2条 第2号ではインターネット異性紹介事業、つまり出会い系サイトおよび出会い系アプリを以下のように定義しています。

掲示板
異性交際(面識のない異性との交際をいう。以下同じ。)を希望する者(以下「異性交際希望者」という。)の求めに応じ、その異性交際に関する情報をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いてこれに伝達し、かつ、当該情報の伝達を受けた異性交際希望者が電子メールその他の電気通信を利用して当該情報に係る異性交際希望者と相互に連絡することができるようにする役務を提供する事業

要約すると、「異性との出会いを希望するユーザーのためのコンテンツが用意されており、投稿された異性募集の投稿が不特定多数のユーザーが閲覧できる状態であり、ユーザー同士でメッセージのやり取りができるサービス」という事です。そして別項でこれについては有償・無償を問わないとも記されています。

最近では「SNSチャット」「チャットアプリ」「友達作りアプリ」などと自分勝手にカテゴリーを作り上げアプリを配信している業者が目立ちますが、運営がどう言っているかではなく、客観的にどのようにとらえられるか、そしてそのサービスの利用者がどのような使い方をしているかが重要になってきます。

そしてこの定義に当てはまる出会い系サービスは、この法律の中で以下のことが義務付けられています。

  1. 児童(18歳未満)は利用してはならないという旨を明記する
  2. 利用者の年齢確認
  3. 本社所在地を管轄する公安委員会へ届出を行う

これを怠った運営業者には、当然ながら罰則が設けられており、違反業者には「100万円以下の罰金」が課される可能があります。

これは結構重い罪です。

こういった違反行為を行っている出会い系サービスを、完全無料だからといって利用することは危険ですし、いつ自分が巻き込まれるかも分かりません。(やり取りをしていた相手が18歳未満で犯罪に巻き込まれたとなると、警察から連絡が来ることもあります)

当サイト「出会い系アプリ審議会」のようなサイトを運営していると、稀に警察から連絡が来ることがあります。

私に問題があるのではなく、私がレビューしている出会い系アプリで犯罪に巻き込まれた人がいて、掲載しているアプリがすでに配信停止になっていたので、運営会社の情報を教えてほしいという連絡でした。

具体的には教えてくれませんでしたが、どうやらその時期にニュースなどでも流れていた殺人事件に関連したものだったようです。

最悪の場合、容疑者として扱われることもあるでしょうし、もし相手が18歳未満だとわかっていた上でやり取りをしていたとなると、それこそ最悪です。

特に女性の方は、こういった違法な出会い系アプリを利用しなくとも、完全無料で利用できる安心安全な出会い系アプリはちゃんとありますので、しっかり届出をしている安全な出会い系アプリを利用するようにしましょう。

特定商取引法

出会い系アプリでは公安委員会に届出をせず、出会い系サイト規制法に抵触している業者がかなりの数存在していますが、それと同等に特定商取引法に抵触している悪質な業者も多数存在しています。

この法律の内容は多岐にわたっているのですが、悪質な出会い系業者が抵触している可能性が高い内容は以下の通り。

  • 氏名等の明示の義務違反
  • 広告規制の違反(誇大広告など)

つまり、運営会社が社名を伏せてサービスの提供を行っていたり、「即会い」などの誇大広告を行っている場合、特定商取引法違反となります。

悪質な出会い系アプリの多くは、ぼったくり料金設定にしてサクラを使いユーザーからお金を巻き上げていますが、こういった業者の大半は会社名を明記していません。

とある出会い系アプリを例に挙げると、こんな感じです。

運営会社は「Tropicalrider」と記載されていますが、これは法人名でも何でもありませんし、適当に付けられた団体名です。他にも「〇〇運営局」「〇〇運営事務局」といった表記が多く使われていますが、これも同様です。

特商法では氏名等の明示を義務付けているので、これらは明らかな違反行為となります。

そして悪質な出会い系で最も多いのが、GoogleplayやAppstoreなどでは「出会い系」「マッチング」といった出会い系を連想させるワードを使っているのに、利用規約では異性との出会いを禁止しているパターンです。

これは明らかに誇大広告であり虚偽記載です。

違法な出会い系を見分ける方法

こういった出会い系アプリに騙されないためにも、まずはその出会い系アプリが「インターネット異性紹介事業 届出」をしているかどうかを確認するのが一番簡単で確実な確認方法です。

しっかりと届出をして公安から認可されている出会い系は配信サイト、もしくは公式HPに必ずこういった記載があります。

これはPCMAXがGoogleplayに記載している内容です。この3つが揃っていれば尚安心ですが、一番重要なのは一番目の認定番号が記載されているかどうかという点です。

これさえあれば安心して利用できますし、公安から監視されているのでサクラを使っているということもありません。(中にはサクラっぽい会員もいますが、無料利用できる事を悪用して登録し、他の詐欺サイトへ誘導しようとしている詐欺業者の仕業であることがほとんどです

出会い系アプリやサイトを利用するときは、まず最初にその出会い系の運営会社が届出をしているかという事から確認するようにしましょう。

出会い系の疑問

出会い系アプリの配信元であるGoogleplayやAppstoreではユーザーが口コミを投稿できるようになっているので、それらの口コミを参考に出会い系アプリを選んでいるという方も多いでしょう。

私も他の人たちがその出会い系に対してどのような感想を持つのか興味があるので、口コミを見る事がしばしばあります。

幅広い意見があって然るべきだと思いますし、参考になる口コミも多いですが、中には知識不足からくる的外れな口コミも結構目立つので、そういった口コミに対して勝手にQ&Aを作っていきたいと思いますw

年齢確認

免許証撮って送らないとメッセージみれないとかアホなんか

違法な出会い系アプリでない限り、免許証やパスポートなどでの年齢確認が義務付けられています。

これは出会い系サイト規制法の中にある、18歳未満の登録を防止するためであり、また複数のアカウントを作成する悪質な業者の介入防止策でもあります。

そもそも年齢確認の機能を実装しないと、公安委員会から認可を得られないので、こればかりは仕方が無い事ですし、相手も年齢確認をしているとなれば安心して利用できるはずです。

中には「相手がサクラなら運営が年齢確認済みかのように表記するだろ?」と言う方もいるかもしれませんが、そこは運営会社を信用するしかないでしょうね。だからこそ、利用前に運営会社がどういった会社なのか調べる事は重要ですし、公安から認可を受けているか確認する事は必要不可欠なんです。

Facebookで会員登録

FBでしかログイン出来ない上に友人10人以上いないとダメとか、友達がいないから紹介しれもらえず出会い系に頼ってるんだが

数年前からFacebookアカウントでしか会員登録が出来ない出会い系が増え、また友達が一定数いないと承認されないという出会い系もあります。

この口コミを書いた方の気持ちは十分わかります。

私もFacebookアカウントを十年以上前から保有していますが、本当に仲の良い相手からではないと友達申請がきても無視するなど、友達の数は最小限にとどめています。というか、そもそもFacebookを使っていないので、自ら投稿した事は一度しかありません。私と同じような方は多いでしょうし、そもそもFacebookアカウントを持っていないという方もいるでしょう。

そうなると、中には友達30人以上のFacebookアカウントでしか登録できないという条件を付けている出会い系もあるので、登録したくても登録できないという事になります。

条件に合致していない人間からすると理不尽にも感じますが、Facebookアカウントでしか登録できないようになっている出会い系ではサクラと思えるような胡散臭い会員がほとんどいません。女性無料を利用して詐欺目的で登録してくる業者が少ないからです。

またFacebookでつながっている異性友達が万が一登録していた場合、その異性の検索に自分が表示される事はありませんし、逆も同様なので近しい友達に使っていることがバレないというメリットもあります。

私も最初の内は「Facebookで登録って何か嫌だな」と思っていましたが、これは業者対策でもありますし、規約違反を行い強制退会させられた会員の再登録防止でもあるので、会員にとってはプラスになる事の方が多いという事を覚えておきましょう。

援交目的

援交目的の女多すぎ

特に10年以上続く老舗出会い系にはこういった女性の掲示板投稿が多いですし、それに応じている男性もかなりいるようです。

私も以前「苺でどうですか?」というメッセージを受け取ったことがあります。苺というのは「苺=イチ・ゴ=15=15,000円」という意味で、苺でホテルに行きましょうという、援交というか売春ですよねw

怖いもの見たさで一度接触したことがありますが、可もなく不可もない容姿で、意外にもごくごく普通の女性でした。

話を聞いてみると、以前はデリヘルで働いていたけど今は普通に会社員として働いているので、小遣い稼ぎでのつもりで時間がある時にやっているという事でした。アマチュアデリヘル的な感じですね。

またその女性の話によると、客からの電話が少ない日などにお店が主導して投稿し、デリヘル嬢を派遣させるデリヘル業者もいるらしいんですよね。完全に斡旋じゃんw

ちなみにこういった投稿に応じる男性はおっさんが多いのかと思ったら、実は20代前半の男性がかなり多いようで、筆おろしをお願いしてくる男性もいるとか。

こういった需要と供給が成り立っているので、援交の投稿が多いのでしょう。

老舗出会い系ではアダルト系の掲示板が多いのでどうしても援交目的の利用者が減りませんが、掲示板機能の無いwithやタップルであればこういった利用者は全くいません。

もし援交目的のユーザーがうざいという事であれば、月額定額の出会い系に登録してみてはいかがでしょうか?

キャッシュバッカー

会えない。CB,援交多過ぎ。

CBというのはキャッシュバッカーの略称で、出会い系の中には女性無料+一定ポイントを集めると現金化してくれる出会い系もあります。

女性会員を集めるための工夫なのでしょうが、中にはこのキャッシュバックがメインの目的になってしまし、男性からすれば「ポイントを使わせるだけ使わせて何なの?」という状況がかなりあるようです。

簡単に言えば、キャッシュバッカーは男性にポイントを使ってもらって初めて自分にメリットが生まれるので、無駄な会話のやり取りで終わってしまいます。多くの人がサクラサクラといっている正体がこのキャッシュバッカーであることがほとんどです。

そもそも公安委員会が監査をしているので、運営自らがサクラを用意する事は不可能に近く、キャッシュバック制度を利用する事で女性を活性化させようというのが狙いだったのでしょうが、その行為があまりにも顕著な女性がいて、それが問題になる事も多々あります。

妙にこなれた感じでメッセージを送ってくる女性、また県外の女性は無視するのが一番でしょうね。

サクラ

サクラばっか!アンインストール!

逆にどうやったらサクラばかりに遭遇するんだw

今回ご紹介した出会い系アプリは全て実際に私が登録して利用してきたものばかりですが、確かにサクラらしき女性は多数いましたが、そんなに頻繁に遭遇する事は無かったですけどね。

出会い系においてこの問題は必ず付きまとうものですし、未だに口コミでもサクラに関する投稿が多いですよね。

今回ご紹介した出会い系の中でも、サクラやCBらしき相手からアプローチをされた体験をしましたが、私が唯一そういった体験を一切しなかった出会い系があります。それが【メンタリストDaiGo監修 with】でした。

サクラやCBがいるという気配は一切ありませんし、プロフを適当に設定して何もせずに放置していると見事に誰からのアプローチもありません。私が利用してきた出会い系アプリの中ではもっとも健全な出会い系だったと思います。

withにはCB制度もないし、業者もしっかり排除されていますので、本当に出会いだけに集中する事が出来ました。

これまでにサクラやCB、悪質業者で嫌な思いをしてきたという方は、月額定額ではありますがwithを利用してみてはいかがでしょうか?

  • メンタリストDiaGo監修 with(ウィズ)公式HP ⇒ https://with.is/
もっと詳しい内容が知りたいという方 ⇒ withの評価レビューにGO!
管理人がwithを利用した感想と体験談 ⇒ withの体験レビューにGO!