シゴトモ

新型マッチングアプリというPRで配信されている出会い系アプリ【シゴトモ】の審議会評価と口コミでの評判、サクラの検証結果や料金体系などを掲載。

シゴトモはサブタイトルが「BUSINESS FRIENDS」と書かれ、仕事をテーマとした友達作りのチャットアプリのようにも見えますが、”マッチング”という言葉の通り中身は単なる出会い系アプリ。表面上は上手く取り繕っているようにも見えるが、インターネット異性紹介事業としての届出をしていないので、こうのように表面上と中身が異なるアプリになっていると思われる。

そもそも友達作りのアプリでメッセージ送信料が250円というのはあまりにも可笑しな話だろう。すべての面において違和感だらけなので、同じ業種の仲間を探したり、異業種交流のようなチャットアプリだと誤認しないように気を付けよう。

対応OS iOS
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 250円/通
サクラ サクラだらけ
運営会社と実態 偽名での登録のため実態がつかめず
審議会コメント インストールするだけ無駄
実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

シゴトモの実態

シゴトモはiOS専用の出会い系アプリで、配信されているAppstoreではあたかも仕事友達を作るためのアプリのように紹介されているが、アプリの説明欄には「新型マッチングアプリ」と書かされているなど、完全に異性紹介事業に該当する出会い系アプリとなっている。

アプリを起動させると、特にこれといったビジネスに関連するカテゴリーはなく、出会い系一色となっている。

取り扱いコンテンツ

上のスクショを見れば分かるように、シゴトモにはトークの他に「相手を探す」という検索機能と、「タイムライン」という掲示板機能、「訪問者リスト」という足あと機能がある。

また、GPS機能を使い近場で相手を探すことも出来るのだが、これが全く機能していないありさまだ。

検索でリスト表示にするとこのように自分までの距離が表示される。同じ地域の女性が表示されているはずなのに、距離は1万キロ以上も離れてしまっている。あまりにもお粗末なGPS機能。

タイムラインにおいても全く盛り上がっておらず、どうせサクラを使うのであればもっと盛り上げてほしいものだ。

サクラ

検索画面に表示される女性の写真を見れば、明らかにSNSからパクってきた写真というのが丸分かりなので、誰が見てもサクラがいると認識する事だろう。

実際に、50代の男性として登録したにも関わらず、それなりにメッセージが届いている。ただし、思ったよりは数が少ないので、サクラの数はほどほどに抑えているのかもしれない。

利用規約

シゴトモはインターネット異性紹介事業として届出を行っていない、公安委員会無認可の出会い系なので、利用規約にはお決まりの文言が書かれている。

禁止行為に出会い・異性交際を目的とした行為が含まれているにもかかわらず、運営は何の目的でマッチングしようとしているのやら。どうせ名目上は友達作りのためのマッチングと言うのだろうが、250円相当のポイントを消費してまで友達作りをしようと考える人間がどこにいるというのだろうか。

運営は間違いなく出会い系としてこのシゴトモを運営しており、本来であれば公安委員会に届出をする必要があるのだ。

料金

シゴトモでは男女ともにチャット等の一部機能の使用で以下のようなポイントを要し、ポイントは1pt10円で事前購入するタイプの従量課金制になっている。

コンテンツ利用 消費ポイント
プロフ画像閲覧 1pt
プロフ動画閲覧 5pt
メッセージの閲覧 0pt
メッセージ送信 25pt

シゴトモのようなチャットアプリではメインの機能となるメッセージ送信が250円で、画像を閲覧するのにも50円分のポイントが必要になる。大手の出会い系アプリと比べても明らかに高い料金設定だ。

運営

役務の提供者が「Mirai Crew」で、その責任者が「Yuko Sakuragi」となっている。ちなみにAppstoreではこの責任者名義でデベロッパ登録がされている。

他の記事でも書いているが、デベロッパが個人名のアルファベット表記であれば、ほぼほぼサクラがいる詐欺系の出会い系アプリだ。その中でも名前が女性であれば、経験上100%詐欺系だ。

念のためにMirai Crewの登記情報を調べたがそのような法人は存在しておらず、シゴトモの配信のために適当に作った架空の法人だと思われる。

口コミでの評判

現時点において、Appstoreのユーザーレビューには口コミが全く書き込まれていない。

感想とまとめ

シゴトモは口コミを見る限りでも、最近配信開始になったばかりのアプリだという事が分かるし、ダウンロードもほとんどされていないだろうと容易に予想出来るのだが、登録されている会員数だけはかなりの数に上っている。

運営が用意しなければこのような事にはならないと思うので、くれぐれも騙されないように注意してほしい。そして何より、利用規約では「男女比率を保つためにスタッフが会員の相手をすることがある」と書かれているので、これらの事前に用意されている会員はほぼほぼ運営スタッフだと思った方が良いだろう。

こういった詐欺出会い系は、公安委員会に届出をしていないし、検閲もされていないので、とにかくやりたい放題だ。出会い系アプリを選ぶのであれば、公安認可を得ている出会い系アプリに絞って選ぶようにしよう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント