【タブー】ロシア産出会い系アプリをレビュー

海外産の出会い系アプリ【タブー】を利用した感想とその評価をご紹介。

タブーの公式HPを見てみると、どうやらロシアの企業が配信している出会い系アプリのようで、ロシア語での表示がデフォルトとなっている。

Appstoreでもアプリケーションで翻訳をしたせいか、日本語がとにかく滅茶苦茶。

実際に有能な出会い系なのかもしれないが、運営会社がどういった会社なのかという事もわからないし、利用するには課金登録が必要なので、興味があったとしても使わないほうが良いだろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

タブーの実態

対応OS iOS
インターネット異性紹介事業届出 必要なし
チャット料金 月額定額登録でチャットは使い放題
サクラ 不明
運営会社と実態 Arseniy Lavrentev
審議会コメント これといったメリットも見当たらない

タブーはAppstoreでこのようなPRを掲載している。

Tabooって女性のためにアプリです。このアプリのおかげで女性は自分で好きになった男性を選ぶことができます。。

日本語が変なのでわかりにくいが、とにかく女性のための出会い系アプリという事なのだろう。女性主導で男性を選び、男性は女性に向けたアピールを行うというものらしい。

レディーファーストな出会い系アプリという事のようだ。

他にも…

男性のためにTabooというアプリは次意味があります。男性は自分でパーフェクトデートを構成して、後は選ぶ前にちょっと待っています:)

男性はデートプランを立てて、それを女性に向けてアピールするという事だろう。

日本では男性もしくは女性が一方的に主導権を持つ出会い系アプリはないので、確かにこういった出会い系アプリがあれば面白い。

日本における出会い系業界は、女性無料にしておけば万事OK的な傾向にあるので、日本の気風に合うかという疑問は別にして、もう少し女性ファーストな出会い系があったら女性人気は非常に高くなる可能性は高いだろう。

登録方法

タブーの登録方法は意外にもシンプルで、名前と年齢を入力して顔写真を登録するだけ。逆に大丈夫か?と不安になるほどだった。

女性はどのようになっているかわからないが、男性の場合は登録が完了するとデートの説明を入力する画面が表示され、女性にアピールするためのデートプランを入力していくことになる。

ただし、3択の回答がすべて英語になっており、英語が出来ないユーザーにとったらこの時点でアンインストールしたくなることだろう。

私も英語が得意ではないが、恐らく理想のデートは?という問いに対し、「レストラン」「ホテル」「男性もしくは女性の自宅」という事なのだろう。

こういった質問が5問用意されており、全てに回答すると次はこのような画面に移行する。

一応無料のお試し期間が7日間あるらしいが、兎にも角にも有料登録しないと利用できないことになっているようだ。

料金プラン

女性は無料なのか、これは男性だけなのかは不明だが、料金プランは3つ用意されている。

  • 7日間:550円
  • 1ヶ月:1,000円
  • 6ヶ月:2,800円

日本の出会い系アプリと比べればかなり安い料金設定だが、運営会社がまともなところなのかもわからないし、ロシア系企業という事もあって不用意に登録しないほうが良いだろう。

当然ながら、私はビビりなので登録せずここで終了。

ここで気になったのが、Appstoreではあれだけちぐはぐな翻訳内容だったのに、なぜか料金プランの説明だけはしっかりとした日本語訳になっていたという点。

お金が絡む内容だけ日本人に翻訳を依頼したのだろうか。

何ともお金に素直な企業さんだw

運営会社

タブーの運営会社はロシア籍の『Arseniy Lavrentev』という名称の団体で、これが法人なのか何なのかは分かりません。

それだけにやはり課金をするのは少々リスキーかもしれませんね。

感想とまとめ

出会い系としてのスタイルは面白いと思うし、これが身元が確かな法人が運営する出会い系であれば課金してでも利用してみたいと思うのだが、さすがに実在しているかもわからない運営だと試す気にもなれない。

こういったロシア産の出会い系アプリを最近頻繁に見かけるようになったが、実際に利用している日本人、もしくは日本在住のロシア圏の人がどれだけいるかという事も気になる。

月額登録はしたものの、会員がいなければ全く意味がないからだ。

普通に考えれば、日本人がたくさん登録しているであれば日本の出会い系アプリを利用するのが一番だろう。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

コメント