【veve(ベベ)】ハイスペック向けマッチングアプリの感想

ハイスペック層向け恋活婚活マッチングアプリ【veve(ベベ)】の評価・感想レビューです。

ハイスペック層向けというのが非常に気になるマッチングアプリveve(ベベ)ですが、想像していたほど利用料金が高いわけでもなく、またハイスペック層が得するような機能もあまり見当たらず、現状ではハイスペック向けにしているメリットがイマイチ見いだせない状況です。

ただ新規登録の際は顔写真審査があり、ハイスペック層を目的とした若くて綺麗な女性が多い印象なので、女性には容姿の高さを求める男性、また男性にはスペックを求める女性にはおすすめのマッチングアプリかもしれませんね。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

veve(ベベ)の実態

対応OS Android / iOS
インターネット異性紹介事業届出 受理番号:62180005000
チャット料金 月額定額で使い放題
サクラ 不明
運営会社と実態 株式会社W-ENDLESS
審議会コメント 現時点では何とも言えない

【veve(ベベ)】はハイスペック層向けのマッチングアプリという事ですが、恐らくハイスペックというのは容姿も含まれているようで、単に収入が高いだけではNGのようです。

まずはアプリをインストールすると顔写真審査があり、既存会員によって入会の可否が決められます。

入会審査

【veve(ベベ)】の登録方法は、基本的にはFacebookアカウントとの連携登録となっており、Facebookアカウントがあれば簡単に登録する事が可能です。

登録が完了するとすぐに入会審査に入ります。

入会審査は基本的に顔写真のみでのジャッジとなり、気休め程度に表示されるスペックは「年齢/職業/年収」の3項目となっています。審査通過には過半数以上の異性会員からの承認が必要なので、審査通過のために盛りに盛った1枚を用意する必要がありそうですね(笑)

実際に自分のスマホから見るとこのような感じになっていますが、既存会員から見ると下のように表示されます。

簡単なプロフィールが表示されているものの、見てのように基本的には写真の雰囲気で承認の有無が決まると思っていていいでしょう。

どうしてもveve(ベベ)に登録したいけど顔写真には自信が無いという方は、既存会員から招待してもらえれば入会が可能のようです。その際は、知り合いから教わった招待コードを審査画面で入力するだけのOKのようですね。

ハイスペックと問題点

一般的に人物に対するスペックとは「容姿・学歴・収入」を指し、容姿端麗・高学歴・高収入者をハイスペックと呼ばれていますよね。ただしこれは男性に限った話であり、女性においては容姿(顔とスタイル)のみが求められているように思います。

“ハイスペック層が集まるマッチングアプリ”を売りにするのであれば、veve(ベベ)にはこのような男女が集まれば理想的という事なのでしょうが、先ほどご紹介したveve(ベベ)の入会審査だと少々厳しいように思います。

年齢・職業・年収の3項目は表示されているものの、基本的には顔写真による入会審査になっているため、どうしても容姿重視の審査となってしまいます。

またveve(ベベ)には「最低年収」が設けられていません。つまりどこからがハイスペックであるかという条件提示がされていないため、非常にぼんやりとしたハイスペックマッチングアプリとなっているんです。月額の利用料金も高すぎるというわけではないですしね。

ちなみにveve(ベベ)のプロフィールには学歴を入力する項目が無いので、veve(ベベ)におけるハイスペックとは「容姿端麗・高収入」の2つを指すと思っておいていいかもしれません。

料金システム

veve(ベベ)はマッチングアプリなので、男性は月額定額制になっています。(女性は全て無料)

プラン 料金
1ヶ月 4,900円
3ヶ月 13,600円(約4,500円/月)
6ヶ月 23,800円(約4,000円/月)
VIP会員 1,500円/月

これまでにveve(ベベ)と同様に高所得者向けのマッチングアプリをいくつか見てきたので、それなりの高額料金を覚悟していたのですが相場よりも1,000円高い程度で、ハイスペック層向けという割にはちょっと拍子抜けの料金でした。まぁ安いに越したことはないんですがw

月額有料プランとは別に、他のマッチングアプリでもよく見る「VIP会員」オプションがあるようなのですが、これが他のマッチングアプリと比べるとかなり安い!

このVIPオプションは有料プランに加えて加入する形となるので、VIPを含めると月額6,400円となり、その他のマッチングアプリよりと同じ、もしくは安い料金となります。

普段からマッチングアプリを利用する際はVIP会員などプレミアムオプションを利用しているという方にとっては意外にもお徳な料金になっていると言えそうです。

ちなみにVIP会員のメリットは以下の通りです。

VIP会員
  1. 毎日のログインボーナスが300ptに増えます
  2. 確認できる足あと件数が100件にUP
  3. 検索画面で優先的に上位表示
  4. ログイン状態を隠す事が可能
  5. 検索表示のソート項目が増えます

マッチング

veve(ベベ)のマッチングシステムは、登録前に想像していたよりもかなりシンプルで、ちょっとがっかりだったかも。

まずは検索画面。一言コメントと年齢・居住地が表示されているのみとなっており、ここにスペックの表示は無し。結局容姿を優先しているという事なのかな?

この検索以外については、「つぶやき」があるのみでSNSのようなタイムライン投稿機能となっています。

このタイムラインにおいては、同性も表示されるようで同性の人気投稿者の内容もチェックできるようになっています。ただこういったハイスペック層向けのマッチングアプリだと見栄の張り合いになりそうで自分では利用したくないですけどw

これ以外では、マッチングアプリならではの機能というのは見られず、検索で気になる相手を探していいね!を送りマッチングするのを待つだけというごくごくシンプルなマッチングアプリになっています。

一応veve(ベベ)は「恋活婚活マッチングアプリ」となっていますが、ハイスペック男性と知り合えればなぁと思っている若い女性が多くなるだろうし、婚活には向かないでしょうね。

実質的には恋活というよりも遊び相手を探すため、そして眺めるだけのマッチングアプリになりそう。

運営会社

veve(ベベ)は有料コンテンツを有するインターネットサービスであり、また異性と出会える出会い系アプリなので、運営会社の情報と異性紹介事業届出の掲載が必要不可欠となります。

確認したところ、これらの情報は法律に則ってしっかり掲載されているので、運営会社の信用度は高いと言って良いでしょう。

事業者:株式会社W-ENDLRSS
所在地:大阪市中央区南船場3丁目6番10号 エミネント心斎橋ビル5階
責任者:水谷貴博
連絡先:06-6210-4946(veve@w-endless.com)
インターネット異性紹介事業届出済み 受理番号:62180005000

出会い系業界では、こういった掲載必須情報を適当に、また曖昧に掲載する運営会社があまりにも多いのですが、veve(ベベ)においては全てしっかり掲載されていました。当然、運営会社の登記情報も確認できたので実在しています。

サクラは?

まだまだサービス提供開始したばかりなので何とも言えませんが、現時点においてはサクラはゼロといって良いでしょう。

詳しい事は言えまないものの、それなりに餌を巻きまくったつもりなのですが、その撒き餌につられて足あとを付けたり、いいねを押してくる女性は登録から2日でゼロでした。

胡散臭いマッチングアプリであれば、2日も待てば5人くらいからアクションがあるので、veve(ベベ)は真っ白と断言できそう。

ただ、会員が増えず思ったように収益が上がらなくなるとサクラを使い始めるマッチングアプリ(しかもかなり大手w)を知っているので、また会員が増えたら検証してみたいと思います。

veve(ベベ)感想とまとめ

veve(ベベ)はまだまだ運営開始されたばかりでサービス内容もこれから拡充していくと思われるので、現時点で判定を下すのは酷かとも思いますが、ハイスペック層・アッパー層向けと謳っている割には審査(登録)基準が甘すぎるのかなと思います。

過去に見てきた同様のマッチングアプリでは、東証一部上場企業社員、社員100名以上の役員もしくは経営者などといった厳しい条件が設けられていたので、それらと比較するとやはり緩い印象を受けます。

男性に限っては顔写真審査と並行して年収の審査、女性に関しては顔写真審査と並行して学歴審査があっても良かったかもしれませんね。

ただあまりに条件を厳しくし過ぎると登録者が増えないというデメリットもありますが、元よりハイスペック層向けという限定的条件を付しているので、徹底的にやっても良かったのかなと。

あと気になったのは、ハイスペック向けと言っている割には、実際に登録している女性の中に若いだけが取り柄で頭の悪そうな写真を掲載している女性がチラホラいるという点。こういった女性が増えると大人の男性は間違いなく敬遠し始めると思うので、もう少し審査を厳格化した方が良いのかも。

何はともあれ、まだまだ新規サービスなので今後に期待ですね。

実際に使って出会えたおすすめの優良アプリ
出会い系アプリランキング

 

コメント