恋活応援アプリ『With me』は広告目的の中身がない詐欺アプリ

恋活・友活に人気らしい出会い系アプリ【With me】だが実際に使ってみるとかなり胡散臭い。

出会い系アプリとして法律上必要な届出をしている様子はなく、運営会社の情報も掲載されていないなど出会い系アプリとしての信用度はかなり低い

With meはAppstore(iTunes)で配信されている出会い系アプリで、配信者名は「Chengbin Deng」と外国人かのように表記されているが、こういった手法は詐欺アプリでよく使われているためWith meにはかなりの注意が必要だろう。

そんなWith meの使い方や料金について、また感想と評判をまとめて紹介していきます。

女性人気急騰!
出会えるアプリランキング

With meの実態

対応OS iOS
インターネット異性紹介事業届出 無し
チャット料金 無料?
サクラ サクラしかいない
運営会社と実態 偽名での登録のため実態がつかめず
審議会コメント よくある詐欺アプリの一種

With meはこれまでにレビューしたことがあるアプリに似通った点が多く、出会い系アプリを装った詐欺アプリである可能性が非常に高い。

配信者の名前についてもそうだし、特定商取引法の観点から見てもかなり危険だ。

料金システムについても不明な点が多く、有料コンテンツがあるにも関わらず広告バナーだらけという状況もあまり印象としてはよろしくない。

運営会社について

Appstoreに掲載されている情報を鵜呑みにするのであれば、配信者は「Chengbin Deng」という個人になるのだが、少なくともこれまでに私が見てきた出会い系アプリの中にWith meと全く同じようなデザインのものがいくつかあった。

それらのアプリとはアプリ配信者名が異なっており、偽名である可能性が非常に高い。

またWith meは有料コンテンツを含むインターネットサービスであるため、特定商取引法上は運営会社もしくは運営者の情報をしっかりと掲載しなくてはならないのだが、With meのアプリ内にはそういった記載は一切見当たらない

運営会社情報をしっかりと掲載している出会い系アプリの中にもサクラを使った悪質な出会い系アプリはいくつもあるが、逆に運営会社情報を掲載していない出会い系アプリでまともなアプリだった試しは一度としてない。

運営会社情報未掲載という時点で、With meは利用しないほうが良い出会い系アプリと断言して良いだろう。

異性紹介事業届出

With meは「恋活・友活に人気の出会い系アプリ」とPRしており、With meが出会い系アプリとして配信されている事は明らかなのだが、出会い系サイト規制法では出会い系アプリとして配信する場合、公安委員会にインターネット異性紹介事業届出を提出しなくてはならないと定義している。

しかしWith meはこの届出をしている様子は無く、無許可でサービス提供を行っているという事になる。

運営会社も不明だし、異性紹介事業の届出も無し。法律を完全に無視した配信を行っている状況であり、利用者目線で考えれば危険極まりない出会い系アプリだ。

得てしてこういった出会い系アプリはサクラを使ったり、他の高額な出会い系アプリへと誘導してくるので、アプリをダウンロードせずスルーするのが一番だろう。

With meの使い方

With meに登録するにはFacebookアカウントとの連携などは必要なく、アプリをインストールすればそのまま簡単に登録が出来るようになっている。

With meのシステムは、誰に対しても自由に無料でチャットを送れるようになっているが、チャットを送るには通知機能をONにしなくてはならないという謎の条件がある。

課金要素として「エール」という課金アイテムがあるのだが、これが何に使用するアイテムなのか全くの謎だ。そういった課金アイテムの使い方に関する説明もなく、ただそこに課金要素があるだけといったイメージ。

とりあえず用意しているのか、しっかりそういった機能が用意されているのか。少なくとも私が使ってみた範囲ではエールの使いみちは謎だ。

収入源は広告か

検索画面では画面の上下に広告バナーが表示されているのだが、こういったタイプの出会い系アプリはかなり危険だ。上部には大手出会い系アプリの広告がメインで表示され、下部にはビデオチャットアプリの広告がメインで表示されている。

しかしWith meは既述しているように有料コンテンツを含む出会い系アプリであり、自社の有料サービスに加え広告収入も狙っているという事になる。やれることは何でもやるという姿勢だ。

これまで500近い出会い系アプリを利用してきた経験から言えば、こういった手法を取る出会い系アプリでまともだったことは一度としてない。

また検索画面で数人のプロフィールを開いていると、5人も閲覧していないタイミングでこのようなポップアップが表示される。

プロフィールの閲覧制限を超えたらしく、これ以上閲覧するのであれば広告動画を見ろという事だ。チャット無料にしている理由は、この広告動画の制裁数稼ぎが主な目的なのだろう。

一応、課金要素はあるものの、一番の目的はこの動画再生による広告収入なのだろう。

サクラはいない?

With meに登録してしばらく放置してみたが、サクラらしき相手からのコンタクトはなかった。

広告バナーや動画による収入は大したものではないので、サクラを使うほどの予算がないという事なのかもしれない。

動画を見ながら数人にチャットを送ってはみたが、当然女性からのリアクションは無くサクラだけではなく一般利用者すらもいないという状況のようだ。

そもそも検索画面に表示される女性たちは綺麗な女性やセクシーな女性ばかりで、サクラくささがぷんぷん漂っている。

サクラというよりは運営が用意したダミーのアカウントという事なのだろうが、男性の目を引く女性の写真を使って動画の再生数を稼ぐのが目的なのだろう。

口コミと評判

AppstoreでWith meの口コミを見ると、1,400件以上の評価が付けられているのだが、それだけ評価が付けられるほど利用者がいるとは到底思えなかった。実際に使ってみてアクティブなユーザーがいるようなアプリには見えなかったからだ。

そんな出会い系アプリの評価のほとんどが★5評価というのも変な話だ。もし本当に★5評価を付けている人がこれだけいるのであれば、もっとアクティブなユーザーがいてしかるべきだからだ。

掲示板も全くと言って良いほど更新されていなかったし、これらの口コミはほとんどが自演と考えるのが自然かもしれない。

With meの感想まとめ

With meは間違いなく中身のない詐欺アプリだろう。

運営会社も不明だし、法律を無視して配信されている。

問題点が多々ある反面、おすすめ出来るようなポイントが全くないというのも珍しい。

これまでにWith meと似たような出会い系アプリをいくつも見てきたと書いたが、いずれの類似出会い系アプリも広告動画を中心とした造りになっており、ユーザーが楽しめるような要素はほとんど見当たらなかった。

しっかり出会える出会い系アプリは、利用者が使っていて楽しいと思えるようなコンテンツが充実しているし、登録している女性も堅実な女性ばかりだ。

With meのような出会い系アプリで利用者が得するような事はないので、すぐにでもアンインストールしてまともな出会い系アプリを探した方が身のためだろう。

女性人気急騰!
出会えるアプリランキング

コメント